旅行の時のTips

Posted: 2015/04/25 カテゴリー: column, Travel

IMG_3041

3泊以上する場合に必ず持って行く持ち物に、この写真のお洗濯セットがあります。

3 coins で300円だった小さな物干しと無印で買った化粧品入れに普段使っている洗剤(すすぎ1回タイプ)を移し替えて持って行きます。

海外とか荷物あまり持って行けないし、よく旅行ブログを書かれる方がおすすめされる、ユニクロさんのカップつきブラとか妥協するような下着を着てると乳垂れるし。(個人的にはあれは、若くて貧乳な女の着るものだと思う。私の場合サイズがそもそも無いし。)

妥協せずに少しでも荷物をってなるとお洗濯するにかぎります。

普段から下着は手洗いなので、やり方は全く同じ。

  1. ホテルでお風呂に入るときに洗面台で洗剤を溶かした水を張って下着をつけ置く。
  2. 15〜30分後に洗面台で何度か押し洗い。(10回〜15回くらい沈めたりする。気になる汚れはここでもみ洗い)
  3. 水を張り替えて押し洗い。(5回くらい押す)x2回
  4. 軽く水を切って、タオルで挟み水分をとる。
  5. 干す

簡単でしょ?

私の場合、タイツや靴下は廃棄予定のものを持って行くことが多いです。

 

GWにどこかにご旅行に行かれる方のご参考になればと思います。

正直、今回1日半も掛けて苦労するまで甘い考えでした。

1.アメリカで買ったSIM FREEな携帯はprepaid SIMを刺せば世界中どこでも使える(だって、店員さんyou can use this anywhere on the worldって言ってた。)

2.Prepaid SIM がダメでもgigskySIMを刺せば使える

3.Docomo、Softbankどちらかの海外ローミングで窮地はしのげる

 

結論から言うと、3のSoftbank以外全滅でした。

DocomoはWorld Wingが動作するはずなのですが、なぜかデータ通信がEdge状態から改善しない状態だったので費用請求が怖いので止めたというのが本音です。

私の手持ちのアメリカで買ったSIM FREEな携帯は、BLUのWinJRというLTE対応のデュアルSIMタイプの多機能安価モデル。
http://www.bluproducts.com/index.php/win-jr

Win_JR

 

とあるので、その中に無い周波数帯ということになる。

 

SIMはブリュッセル空港の到着ロビーにあるBASEのストアで購入しました。

こちらのサイトを参考に10ユーロで1GBのプランをチョイス。

このSIM、micro/nano/通常サイズ兼用タイプで使うことができて便利です。

IMG_3064

店員にもそれを奨められたのでそのまま動作確認したはずでしたが、Eのマークに気づかずに移動してしまったのが失敗。

バンドが合ってない状態でEDGE状態での通信しかできない状態でした。

初めての土地で、ひとりで、地図すら持っていないし、日が沈んで真っ暗というかなり深刻な状況で、かろうじてブリュッセル中央駅からタクシーを拾ってホテルまで移動できました。(それも、口コミサイトでは違うホテルに連れて行かれるという話があったので、おそるおそるでした。)

翌日、ホテルのWiFiでいろいろ調査したところWinJRでは対応していない帯域ということで、中古の端末を町中で買うことに決めました。

そこでゲットしたのがGalaxy Core 2 Duosというインド限定端末(しかもLTEじゃない!)こいつはきちんと動作確認できました。

電話やのおっちゃん、強面でしたがディスカウントにも応じてくれて結構いい奴でした。

2G GSM, 3G WCDMA

2G GSM GSM850, GSM900, DCS1800, PCS1900

3G UMTS B1(2100), B2(1900), B8(900)

つまり、結果論から言うとB8(900)ってのにWinJRでは対応していなかったのでつながらなかったようです。

結果的に無駄遣いしてしまいましたが、SIMフリー携帯がすべてどこででも使えるわけじゃ無いといういい経験になりました。(ブログやWebを見てもどこにも書いてないような内容ですね。)

 

余談ですが。

USで買ったPrepaidのT-mobileのSIMがWinJRには刺さってたのですが、ベルギーに入ったとたんに「Free T-mobile Msg: Welcome to Belgium.CAUTION:Text $0.50 each ad Talk $1.49/min. For info call us for free +1-xxxxxxx」というメッセージを受けていたのですが、お隣のオランダだとChargeすれば使えたのかもです。

90日間の有効期限だったので残念ながらこのSIMは終わっちゃいそう。

JALゆる修行のTips 空港編

Posted: 2015/03/28 カテゴリー: JAL, Travel

こんにちは。

先日書いたように、今年はゆる修行をすることにしたのですが、第一弾としてベルギーに行くことにしました。

旅に出るのに理由なんて無いのですが、強いていうと行ったことのない土地で、楽しくFOPが溜まるところという理由で旅番組見てる最中にエアをブッキングして、ホテルが取れたら…って言ってるうちに決まりました。ブッキングのTipsについてはまた後日。

今回はじめて知ったのですが、JALカードのCLUB-Aというカードを持っているとビジネスクラスのチェックインカウンターを利用できるそうです!(JAL便に限るので、帰りは無理っぽそうですが)

空港では、修業中のあたしにはラウンジに入る権限はありません。

3月の末だったのもあり、上級会員の先輩方に「ラウンジクーポン」を譲ってもらいラウンジに入ることができました。

「ラウンジクーポン」はダイアモンド会員の方に贈られる特典ですが、譲渡可能だけど転売禁止なものです。(その割にヤフオクによく出てますが…)今回は、職場の先輩方のご厚意で2015/3/31で期限が切れるものをお譲りいただきました。

ラウンジと言えばホテルオークラ特注のカレーを食べるのがおすすめです。

成田空港ではサテライトターミナル側ではカレーのサービスが無いので(そのせいか空いてます)、南側のセキュリティを抜けたらすぐにあるサクララウンジで食べるとよいですよ。

 

空港では、パイロットさん限定のコックピットステッカーを貰うのもスタンプラリーのようで楽しいですよ。  

今回、成田空港で仕入れたステッカーです。

ゆる修行はじめました。

Posted: 2015/03/24 カテゴリー: JAL, Travel

プライベートなことで恐縮ですが。

ここ数年出張がそれほど多くないので、エアラインのステータスもSuper Flyer’s Card(SFC)というスターアライアンスのゴールドメンバー相当の特典付きのクレジットカードのみでかろうじて生きておりました。

ですが、ここ数年のSFC特典の改悪(というか、優遇が減ってるだけですが)とか、国際線はJALさんのほうが快適だったとかいろいろなことがあって。

更にここ数年年に1〜2回、海外出張に行くこともできたので、今年はJAL Global Club(JGC)狙いでゆるーく修行してみることにしました。

私は飛行機に乗ってることが好きなわけじゃなく、行く前のワクワク感と着いた先でのワクワク(要するに出張とか旅行とか含めて出かけるのが好き)ただ修行しても決して楽しく無いため、いくつかルールと前提条件を課すことに決めました。

 

ルール:

1.渡航先では仕事や観光といった目的をもつこと。(日帰り飛行機乗ってるだけというのは禁止。)

2.無理をしないこと。(経済的にも、精神的にも、スケジュール的にも)

3.修行先で有名なOKA-SINとかOKA-SIN-MELとかはやらない。(必要に応じてですが…)

4.マイレージはなるべくJALに片寄せして丘ではマイルをためる。(詳細については追って書き記していきます。)

 

目標:

JGCになるためにはこちらのリンクに記載があるとおりなのです。

1~12月の12ヵ月間にJALグループ便ならびにワンワールド アライアンス加盟航空会社便にJMBのマイル積算対象運賃でご搭乗いただくと積算される「FLY ON ポイント」が50,000FLY ONポイント(うちJALグループ便25,000FLY ONポイント)以上、または50回(うちJALグループ便25回)以上かつ15,000FLY ONポイント以上のご搭乗実績があること。 JALグローバルクラブ JALカードのCLUB-Aカード、CLUB-Aゴールドカード、JALダイナースカード、プラチナのいずれかをお持ちいただけること。 JALグローバルクラブ規約を遵守いただけること。

(抜粋となります。)

私の場合、50回搭乗するの(月に2往復以上搭乗)は厳しそうなので50,000 FLY ON ポイント(FOP)でチャレンジしようと思います。

 

前提条件:

去年の年末にCLUB-Aカードに入会し、JALカードのツアープレミアムというマイルが多く加算されるサービスに加入しています。

Date From To Flight Price Type Class Area Mile FOP Total Cost
2014/01/03 KMQ HND JL1282 ¥22690 特便割引 クラスJ 国内線 211 758 ¥22690
2015/01/24 HND SFO JL002 ¥0 ダイナミックセイバー D-F 普通席 国際線 5130 2965 ¥22690
2015/01/27 SFO DFW AA23 ¥0 その他 普通席 その他 734 734 ¥22690
2015/01/27 DFW MSY AA2368 ¥0 その他 普通席 その他 224 224 ¥22690
2015/01/31 MSY ORD JL7397 ¥0 その他 普通席 その他 816 816 ¥22690
2015/02/01 ORD NRT JL009 ¥0 ダイナミックセイバー D-F 普通席 国際線 6283 3542 ¥22690
2015/01/31 カード特典 その他 その他 その他 0 5000 ¥22690

とりあえず、今日現在の14,039FOPです。運良くUS出張があったのでコストも初回の小松便で使った22,690円となっています。

目標の50,000FOP まで、あと35,961FOPです。

こんにちは。

なんか、「パトラッシュ、疲れたよ」とうっかり言いそうになる、そんな冬が過ぎ、涙とかゆみと鼻水で汁だくになる春がやってきそうな時期になってしまいました。

ひなまつりにこんな投稿かよと思いつつ、そろそろ捨てておくのもいやだなと思い備忘録がてら書き留めておきたいと思います。

PVやアフィリエイト狙いならタイトルを「私が4年以上ボランティアをしていて気づいた技術系コミュニティでのたった5つの最低限マナー」とかなんとか書くだろうなとふと思いましたが、どうやら私は長ったらしいの嫌いみたいで。プレゼン用のスライドでタイトルが改行されたり、サブタイトルがついてたりするのちょっと見苦しいじゃないですか。

 

1.「初心者です」は何の免罪符にもならない。

多いんですよね。何を勘違いしてるんだか。自分の聞く内容に自信の無い人に多い気がしますが、「初心者」だからすべて許されるわけではないですよ。誰でも最初は「初心者」です。

2.調査してから聞くこと。

検索エンジンがおしえてくれることが、かなりあります。ドキュメントの記載もほぼ必ずと言っていいほど検索エンジンで引っかけることができます。製品系だとナレッジベースがあることも多く、過去に類似のディスカッションがある場合も多数です。

3.頭ごなしに「バグです」と言わない。

これ、かなり多いんですけど。「思うように動かない」=「バグ」っていうのはあなたの設定が間違っていることもよくあります。試してみるのも一つの手段です。パッチが当たってないとか「お作法」なツールが入ってなかったりとかすることもあります。

4.フィードバックを返すこと

「ありがとう」と回答に返していたり、「解決」フラグや「役に立った」フラグを立てることは回答してくれた人に対する感謝の気持ちをあらわすのに有効です。

5.抽象的な書き方をしない。定量的、定性的に。

「画像表示がなんだか不明瞭です。」は、定量的にどうしたいのかわかりません。解像度を「あげたい」「さげたい」等の数値的な根拠もあります。また、前提条件が不明確な場合も回答する方が困ります。

また、回答に自信が無いのかもしれませんが、3点リード(。。。とか…とか)で文末が終わると、読む方も不安になります。回答する側はあってても間違ってても責任を取る必要はないので、文末はきちんと言い切ってもらうほうが気持ちがいいです。

 

たった5つですが、守ってもらえると質問する側もボランティアで回答をする側も気持ちよく過ごせそうなものですよ。

個人のブログの更新、再開しようかな

Posted: 2015/02/11 カテゴリー: diary

会社のブログがオフィシャルで書けるようになったのですが、検閲やらネタの順番やら他の方との調整やらいろいろいろいろ面倒なことが多くて。

ネタ出しから実際のブログエントリの作成、公開までのフェーズがかなりタイムラグがあって既にそこまで行くと伝えたかったことの鮮度が落ちてしまったりする傾向があり、萎えてしまってました。

 

うーん、これは、自身のためによくないってことで、なかなか更新が停滞していたこちらのブログの更新を再開しようと思います。

個人として検証したり知り得た内容を備忘録がてらつらつら書かせてもらう(元々のコンセプト。例外処理ですし)のがこちら。

会社の一員として会社として伝えてもよいことをつらつら書くのがあちら。

世の中には個人のtwitterアカウントやブログの発言を見て、被害妄想がてら自分の批判をされていると受け取り、企業の一員としてどうこういう人もいるんで、区別だけはしておいて欲しい。

こちらで書くのは企業の一員のあたしじゃなく、個人としていちエンジニアとしてのあたしの意見や見解なので一緒にしないでね。

 

ここまで書いてて混同するようなことがあるようでしたら、また考えます。

本業が立て込んでいて(というか、本来社蓄なのに、ブログ更新のネタや時間を割けないほどの余裕のなさ)だったので、更新が半年以上も停滞していましたが。

私の身の回りで、いろいろな人との出会いやしばしの別れがあり、元々他力本願なタイプじゃなかったんですけど、「誰かの力を自分で束ねて」やるひとつのバネになったような感じもあって、やっとふっきれました。

暖め続けた構想を、酔った勢いで実行フェーズに落とし込むことができました。

Re-Virtualize Night

http://connpass.com/event/8068/

以前からやりたかった、コミュニティ主催のオープンな勉強会です。(クローズドでは既に2年間、数ヶ月に1度ペースで実施していました)

私自身、3年間継続させていただいているvExpertって年々増えてるんですけど、クローズドのイベントや企業主催のイベントでどれだけ技術情報をシェアしてもらっててもあんまり意味ないなーって思ってたんですよね。

本当に知って欲しい人達は、そんな時間すらとれない現場の人達だからなんですよ。

かといって、企業のマーケティングの息がかかったイベントだと、必要でもないことを誇大表現して洗脳するっていう雰囲気だったり、「製品やサービスのダメなところを技術的な工夫で乗り切った俺すごいだろ」になるってのも見ていて思ったんですね。すごいだろ自慢も内容によっては有益なんだけど、なんだか本末転倒で。

なので、現場の人達が興味もってそうだけど、情報量少ないぜって内容をシェアできるほうが価値があるのかなーと。

そして先日、貴様いつまで女子でいるつもりだ問題を読み、微妙な年頃の女子とか女子会に感じる違和感を整理したうえで「明らかに男性の方が多いであろうイベント」にこじれた女子を持ち込む気にはなれず、ネーミングをいろいろと画策した結果「今更仮想化やろうぜ」的なアイデアを@interto さんからいただいたネーミングとなりました。

今は別のところでご活躍されているKさんリスペクトでVTC(Virtualization Technology Community)のニュアンスもちゃんと残しつつ。

と、いうことで、私の思いばかり先走りましたが、秋の夜長にすこしだけまじめな話を聞きに来ませんか?