GW in 石垣(FOP修行編)

Posted: 2015/05/08 カテゴリー: column, JAL, Travel

今回の旅では羽田⇔那覇では国内線ファーストを利用しました。

通常の運賃+8000円で機内食+飲み物サービスアップグレードがされるもので、とてもラグジュアリーな経験ができました。

森伊蔵が飲めたり、季節の日本酒が飲めたり、お酒が好きな人にとってはとても素敵な瞬間でした。

そして今回わかったのはファーストクラスを利用した同日乗り継ぎだと、その先のチケットが先得であってもラウンジ利用可能となるところです。

サクララウンジ、とても、すてきです。

あと4回国内線を先得以外の運賃で乗ればクリスタル確定です。

Date From To Flight Type Class Area Mile FOP Fixed FOP
2015/04/29 HND OKA JAL915 特便割引 ファースト 国内線 984 2,860 24,753
2015/04/29 OKA ISG JTA621 先得 クラスJ 国内線 247 420 25,173
2015/05/03 ISG OKA JTA608 先得 クラスJ 国内線 247 420 25,593
2015/05/04 OKA HND JAL914 特便割引 ファースト 国内線 984 2,860 28,453

GW in 石垣(airbnb編)

Posted: 2015/05/07 カテゴリー: diary, Travel
タグ:, ,

一般的な修行のメッカは沖縄らしいので、あまり素直になりたくはなかったのですが諸事情に基づき那覇に行く計画をたてました。

ただ一昨年までは通算10回くらい行っていた那覇は、一般的なガイドブックに掲載されているところはほとんど行き尽くしていたので、何も進歩が無いなと思い、離島へ行くプランを考えつきました。

先得でJTAのチケットを見るとかなり割安で那覇⇔石垣のチケットが出ており、はじめての石垣を堪能することにしました。

ただ、GW期間中の石垣島のリゾートホテルなんてかなりマーケットアウトした金額で販売されています。

「これまで体験したことが無い旅」を経験したいし、コスト目線(国内線ファーストに搭乗することを決めていたので宿泊は限りなく抑えたい。)でairbnbを使用することにしました。

 

airbnb はUberと並び、Liquid Serviceの例としてよくEMCやVMware などのプレゼンに登場するクラウドサービスで、個人が自宅の空きスペースでb&b (Bed and Breakfast) を提供するための仲介業者といったところです。

価格がホテルより安く、民宿やドミトリーより少し高く設定されており、ホストの方とサービス経由でコンタクトを取って商談成立した場合に決済代行も行ってくれるものです。

スマホアプリも提供されており、メッセージが届くとSMSで通知を行う等の”マイクロサービス”の塊のような実装になっていてエンジニア目線で見てみても非常に面白いです。

今回利用したのは石垣で4泊、那覇で1泊、それぞれ別のホストでいずれも個室での利用でした。

細かな違いと特徴は下記でした。

  • 個室に鍵がかかるかどうか
  • ドライヤーが個室についているかどうか(←同時に宿泊していた他のユーザーに占領されてしまい、プチ国際問題でした)
  • 駐車スペースがあるか
  • タオルが有償か、無償か
  • おやつやコーヒーのサービス(=Breakfast?)があるか
  • 共有のキッチンや冷蔵庫が利用可能。
  • 脱衣場があるかどうか

場所柄、安宿が多い地域ではあるのですが、通常の民宿に宿泊するよりは設備レベルは整っているように感じました。

遠慮がちな人はホテルのほうが落ち着くと思いますが、ある種の図々しさとか図太さ、細かいことを気にしないおおらかさがあれば親戚のおうちに居候しているようでとても過ごしやすいと思います。

民宿やドミトリーと違って交流があるのがホストだけとなりますが、どちらのホストの方もコミュニケーション能力に長けていていろいろな会話に花が咲くという状況でとても楽しかったです。

ホストの方の利用体験談として勉強になったのは、東京にある格安(1700円)の物件に宿泊したところアパートのロフトが個人スペースだったがクレーム等の悪いフィードバックは先方が承認しないとレビューとして掲載されないため、こういう物件には注意したほうがいいこと。

正直こういう話は怖いなぁと感じました。

 

那覇の場合3LDKの家賃が4万円もしないそうなので、airbnbでほぼ満室状態であれば家賃返済して収益が出るとも教えていただきました。

本業がもう少し暇だったら、ホストをやってもいいなぁとか思いました。

はるやすみの旅ではFOPは7854しか得ることができませんでした。合計21,893…年間目標の半分もいっていない。

目標は6月までに25000FOPですが、もう1旅出ないと難しそうです。

みなさんやってる方法ですが、JAL マイレージモールを使ってお買い物したり、Ponta溜めて変換したり、ファミマやAEON系でJMBWAON使ったり、Tripadvisorでレビュー書いたり地道に溜めてます。

Date From To Flight Type Class Area Mile FOP Planned FOP
2015/03/27 NRT HEL JL413 ダイナミックセイバー D-F 普通席 国際線 5,229 3,015 17,054
2015/03/27 HEL BRU JL6833 その他 普通席 国際線 912 912 17,966
2015/03/31 BRU HEL JL6832 その他 普通席 国際線 912 912 18,878
2015/03/31 HEL NRT JL414 ダイナミックセイバー D-F 普通席 国際線 5,229 3,015 21,893

海外旅行の時に少しいやだったのは、団体旅行で来ている日本人のマナーの悪さです。

ヘルシンキ空港のVAT還付の窓口で、日本人のツアー客っぽい団体の男性が大声で日本語で「なにやってんだよ。遅い」とか「成田で手続きやるぞ」とか言ってましたが、やれるもんならやってみろと思ったしみっともないなーと思いました。

成田に到着しても、自動化ゲートに登録が無いくせに何度も試してうまくいかない人(これも団体旅行の日本人でした)の自己中っぷりに悲しくなりました。

こういう人達は、自分にとって反面教師だなぁと。

はるやすみの出来事で、すこし感動した出来事を最後にすこし。

帰国便になったHEL-NRTのJL414ですが787の機体で私の隣に大きなロシア人がいました。

彼は、英語も日本語も話せない人だったのですが、スマホの翻訳で私に「成田から小松への移動」について確認してきていました。

聞くと空手をしにロシアのどこか→ヘルシンキ→成田→羽田→小松→福井へ行くところだそうで、成田から羽田への所要時間や移動手段、日本についてからの両替について確認したかったようです。

CAの外国人の方に確認しつつ教えてあげていたのですが、やはり不安が残るのでリムジンバスの乗り場まで連れて行こうかと思っていました。

結局、CAの方が成田から羽田に業務上移動するということがわかり、ロシア人が飛行機に乗れるように連れて行ってくださることになりました。

この出来事で一番感動したのはこのCAさんは業務外のところでもホスピタリティがあることや日本人じゃ無いのに「おもてなし」が自然にできるところがすごいと思いました。

また、JALにのろうっておもった。

今回、動けたのは正味3日だけだったので下記のような日程を組んでいました。

  • 初日(夜到着)
  • 1日目(Brussels観光)
  • 2日目(Brugge観光)
  • 3日目(Antwerpen観光)
  • 4日目(帰路移動)

滞在はすべてBrusselsにある、SPGのホテルです。

現地での移動はトラム、バス、徒歩、鉄道でした。

ガイドブックは「ことりっぷ」を持参したのですが、全くといっていいほどこのあたりの「お作法」に触れておらず、現地でググる→ググってる間にホームレスから寄付よこせと言い寄られる→スルーしながらググる。という苦労をしました。

現地の自販機はクレジットカード対応で、英語表示で買えるのでVISA&Masterあたりを持っていれば困らないですが、現金で買おうとすると苦労します。

JCBはお約束どおり「つかえない」確率が高いです。

IMG_3065

2日目と3日目は鉄道を使って日帰りで郊外に行ったのですが、ヨーロッパの鉄道はかなりお作法が日本とは違うので事前に調べておくとよいです。

窓口はやたらと並ぶのと、日本ほどきれいに順番が守れたり効率的にさばいてくれません。

私はうっかり間違ってチケット購入したので、チケット変更に時間がかかっていい経験ができました。

IMG_3067 IMG_3066

1日目に使ったのはMOBIBという磁気カードですが、バスとトラムどちらも乗れるので便利です。

車内でも買えるらしいですが、自販機で購入しました。(便利な券種は2ページ目にあることが多いので要注意です。)

1日券の概念が24Hr, 48Hr, 72Hr と時間なで日付が変わっても使えるというのもよかった。

私は1日目に24Hr券を購入し、その後5 voygers券を購入しましたが、ストライキのせいで結局余らせてしましました…

現地の交通機関になれてくると、また違った街の見え方がしてよかったです。

旅行の時のTips

Posted: 2015/04/25 カテゴリー: column, Travel

IMG_3041

3泊以上する場合に必ず持って行く持ち物に、この写真のお洗濯セットがあります。

3 coins で300円だった小さな物干しと無印で買った化粧品入れに普段使っている洗剤(すすぎ1回タイプ)を移し替えて持って行きます。

海外とか荷物あまり持って行けないし、よく旅行ブログを書かれる方がおすすめされる、ユニクロさんのカップつきブラとか妥協するような下着を着てると乳垂れるし。(個人的にはあれは、若くて貧乳な女の着るものだと思う。私の場合サイズがそもそも無いし。)

妥協せずに少しでも荷物をってなるとお洗濯するにかぎります。

普段から下着は手洗いなので、やり方は全く同じ。

  1. ホテルでお風呂に入るときに洗面台で洗剤を溶かした水を張って下着をつけ置く。
  2. 15〜30分後に洗面台で何度か押し洗い。(10回〜15回くらい沈めたりする。気になる汚れはここでもみ洗い)
  3. 水を張り替えて押し洗い。(5回くらい押す)x2回
  4. 軽く水を切って、タオルで挟み水分をとる。
  5. 干す

簡単でしょ?

私の場合、タイツや靴下は廃棄予定のものを持って行くことが多いです。

 

GWにどこかにご旅行に行かれる方のご参考になればと思います。

正直、今回1日半も掛けて苦労するまで甘い考えでした。

1.アメリカで買ったSIM FREEな携帯はprepaid SIMを刺せば世界中どこでも使える(だって、店員さんyou can use this anywhere on the worldって言ってた。)

2.Prepaid SIM がダメでもgigskySIMを刺せば使える

3.Docomo、Softbankどちらかの海外ローミングで窮地はしのげる

 

結論から言うと、3のSoftbank以外全滅でした。

DocomoはWorld Wingが動作するはずなのですが、なぜかデータ通信がEdge状態から改善しない状態だったので費用請求が怖いので止めたというのが本音です。

私の手持ちのアメリカで買ったSIM FREEな携帯は、BLUのWinJRというLTE対応のデュアルSIMタイプの多機能安価モデル。
http://www.bluproducts.com/index.php/win-jr

Win_JR

 

とあるので、その中に無い周波数帯ということになる。

 

SIMはブリュッセル空港の到着ロビーにあるBASEのストアで購入しました。

こちらのサイトを参考に10ユーロで1GBのプランをチョイス。

このSIM、micro/nano/通常サイズ兼用タイプで使うことができて便利です。

IMG_3064

店員にもそれを奨められたのでそのまま動作確認したはずでしたが、Eのマークに気づかずに移動してしまったのが失敗。

バンドが合ってない状態でEDGE状態での通信しかできない状態でした。

初めての土地で、ひとりで、地図すら持っていないし、日が沈んで真っ暗というかなり深刻な状況で、かろうじてブリュッセル中央駅からタクシーを拾ってホテルまで移動できました。(それも、口コミサイトでは違うホテルに連れて行かれるという話があったので、おそるおそるでした。)

翌日、ホテルのWiFiでいろいろ調査したところWinJRでは対応していない帯域ということで、中古の端末を町中で買うことに決めました。

そこでゲットしたのがGalaxy Core 2 Duosというインド限定端末(しかもLTEじゃない!)こいつはきちんと動作確認できました。

電話やのおっちゃん、強面でしたがディスカウントにも応じてくれて結構いい奴でした。

2G GSM, 3G WCDMA

2G GSM GSM850, GSM900, DCS1800, PCS1900

3G UMTS B1(2100), B2(1900), B8(900)

つまり、結果論から言うとB8(900)ってのにWinJRでは対応していなかったのでつながらなかったようです。

結果的に無駄遣いしてしまいましたが、SIMフリー携帯がすべてどこででも使えるわけじゃ無いといういい経験になりました。(ブログやWebを見てもどこにも書いてないような内容ですね。)

 

余談ですが。

USで買ったPrepaidのT-mobileのSIMがWinJRには刺さってたのですが、ベルギーに入ったとたんに「Free T-mobile Msg: Welcome to Belgium.CAUTION:Text $0.50 each ad Talk $1.49/min. For info call us for free +1-xxxxxxx」というメッセージを受けていたのですが、お隣のオランダだとChargeすれば使えたのかもです。

90日間の有効期限だったので残念ながらこのSIMは終わっちゃいそう。

JALゆる修行のTips 空港編

Posted: 2015/03/28 カテゴリー: JAL, Travel

こんにちは。

先日書いたように、今年はゆる修行をすることにしたのですが、第一弾としてベルギーに行くことにしました。

旅に出るのに理由なんて無いのですが、強いていうと行ったことのない土地で、楽しくFOPが溜まるところという理由で旅番組見てる最中にエアをブッキングして、ホテルが取れたら…って言ってるうちに決まりました。ブッキングのTipsについてはまた後日。

今回はじめて知ったのですが、JALカードのCLUB-Aというカードを持っているとビジネスクラスのチェックインカウンターを利用できるそうです!(JAL便に限るので、帰りは無理っぽそうですが)

空港では、修業中のあたしにはラウンジに入る権限はありません。

3月の末だったのもあり、上級会員の先輩方に「ラウンジクーポン」を譲ってもらいラウンジに入ることができました。

「ラウンジクーポン」はダイアモンド会員の方に贈られる特典ですが、譲渡可能だけど転売禁止なものです。(その割にヤフオクによく出てますが…)今回は、職場の先輩方のご厚意で2015/3/31で期限が切れるものをお譲りいただきました。

ラウンジと言えばホテルオークラ特注のカレーを食べるのがおすすめです。

成田空港ではサテライトターミナル側ではカレーのサービスが無いので(そのせいか空いてます)、南側のセキュリティを抜けたらすぐにあるサクララウンジで食べるとよいですよ。

 

空港では、パイロットさん限定のコックピットステッカーを貰うのもスタンプラリーのようで楽しいですよ。  

今回、成田空港で仕入れたステッカーです。