JAL問題に思う

数年前に国内線のファーストクラスをclass Jとして、普通運賃+1000円で提供をはじめた。
この時は、画期的だと思ったが、実際のサービスはANAのスーパーシートに比べていくつか省かれていたので空席対策なのかとも思ったが。

私は出張や帰省の際に飛行機を利用するが、いつもその運賃の割高感に財布を痛めてる。
鉄道と同等金額なのは、東京ー大阪区間や東京ー広島といった新幹線と重複するエリアのみである。 その他の区間は、ともすると鉄道グリーン車料金の2倍にもなる。 だが、ドル箱路線以外は赤字路線が多数という。

こんなに高いのに、飛行機にはその価値があるのだろうか?

だが、皮肉なことに超割料金の設定があることから、運賃低減が可能であると言える。
昨今のJetStarに代表される不要なサービスを削減し、運賃にフィードバックさせる経営というのも可能なのでは無いだろうか?

例えば音楽やドリンクのサービスから。

また、独自に制作した旅番組を機内で放映しているが、制作費用まで運賃に響いているとなれば、気楽に乗れやしない。
ANAがやってるように、CATV会社に放映後の番組を売却するといった工夫もできるのでは無いだろうか?

JALは借金をチャラにしてもらっていると言えるので、今後の復活劇が見ものである。

Miho :p

広告

JAL問題に思う」への2件のフィードバック

  1. JALの再建は日本型経営の再建のモチーフとして非常に注目しています。戦略が無い、マーケティングが無いと言いますがそれが具体的にどういうことなのか、よく見ておく必要があります。
    ならば、航空産業に限らず飛躍的に成長し成功した企業でかつ、その経営に参画しわかりやすく比較可能な日本人が関係されている場合が貴重かつ参考どころか、即実行すべき事例があります。

    • JALの再建は本当に注目するだけの価値があると思います。
      正直、私がブログエントリで述べた内容は「マーケティングは工夫次第であるのでは?」という問題提起でもあるので、同じコトを経営層が気づいてくれるといいなとも思います。

      もっとも、想像がつかないほど斬新な内容だともっとおもしろそうですけどね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中