iPhoneをJailBreakする理由。

JailBreak自体が違法だとか合法だとかそういう議論が以前にあったと思うのですがそんな議論はおいておいて。

今回、iPhone 4 対応でJailBreak meというツールがリリースされており、あまりにもその出来が秀逸だったので再びJailBreakユーザになるのかどうかという感じで揺れている。

正直、日本通信がmicroSIMをリリースしようがしまいがそんなの関係なく、そもそも日本通信のSIMはドコモの通信網を帯域制限つきで利用可能にするものなので、首都圏にいると全然魅力的じゃなかったりする。

また、SIM unlockの魅力はmicroSIMをAppleが採用している時点で「SIMを切らなければ」使えないものなので半減してしまっている。

 

私がJailBreakを始めたのは、iPhoneが日本上陸する前。

偶然入手した初代iPhoneを使う際に「日本ではアクティベーションすらできない」状態だったからだ。

厳密にいうと個人輸入した無線通信機器を利用するのは違法になるのだけれど。

その時はiPod touch+αの機能のαを駆使したPDAくらいな気分で使いはじめていた。

 

ほどなく、iPhone 3Gが発売され、JailBreakは「とりあえず方式が確立したタイミングで試してみる」ぐらいの位置づけになっていた。

その後iPhone 3GSが発売され、ノーマル系ユーザでしばらくいたのだけれど、ベースバンドが上がってしまいJailBreakできなくなると途端にCydiaの秀逸なツール類が恋しくなってきた。

 

現在、iPhone4をJailBreak meでJailBreakして使っているのだけれど。

Cydiaで提供されているツールがかなり秀逸である。

たとえばSBsettings こちらは、機能のEnable,Disableを画面の上部を指でスライドさせると表示されるツールで一発切り替え可能なのである。

初代iPhoneの時代からあるツールだけど、すごく単純なようでかなり便利である。

バッテリの持ちを考えるとWiFiやBluetoothは使わないときには止めておきたいものである。

普通のiPhoneからの操作の場合、Settings→Wifi→On/Offだったり、Settings→General→Bluetooth→On/Offなのだ。

移動中に使うことの多いiPhoneだからこそ、この「ショートカット」のような機能が本来ならOS標準でサポートされているべきである。

 

結局のところ。

現状はJailBreakしてもしなくても何も変わらないのだけど、することによって得られるものも多からず少なからずあると思うので一度試してみるといいと思う。

そうすればどうしてレンガになる危険性を冒してまでIPhoneをJailBreakするユーザがいるのか少しはわかるのだと思う。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中