Windows XPでURoad7000を使うときの注意点

先日、友人にURoadを貸した時にちょっとしたトラブルに遭遇したので、備忘録のため。

正直トラブルでもなんでもないのですが、PCはユーザによっては全くWindows Updateされていないのでこういうことが起きてしまいました。

URoadのデフォルトのWiFiセキュリティはWPA2ですが、WindowsXPはSP2ぐらいではWPA2は標準サポートされていません。

Windows XP 用の更新プログラム (KB893357) を適用する必要があります。

WiFiがつながらないんだからWindowsUpdateで適用するのは無理ですので、ほかのPCやネットワークからダウンロードしたものを適用するとよいと思います。

ちなみに、Mac OSX以上では標準対応していますので、「Macでつながるんだけど、Windowsで接続制限ってエラーが出てつながらない」みたいな人は確認するとよいと思います。

URoad自体は同時接続は5台までですが、MacAddress等を記録しておくタイプのモバイルルータではないので、明らかに5台以下の接続なのに接続制限でWindows端末がつながらない場合はWindows側に問題がありますので上記パッチの適用で現象の回避ができます。

 

根本的な話になるのですが、Windows Updateはこういうエンハンス項目だけではなく、セキュリティパッチも多く含まれていますので可能な限り最新のサービスパックとパッチの適用をお勧めします。

個人ユーザレベルでは、Windows Updateが原因で何か困るということはめったにありません。

あ、でもあたし、昔…Sonic StageでWindows Updateを適用したら曲名とかめためたになったってことがあったし、起動しなくなるとかいうのもありましたけど…

慎重なユーザは水曜日に配布されることが多いので、金曜日ぐらいまでまって不具合の情報がなければ適用するというような運用がよいと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中