「秘密」を見た

テレ朝系列で、ドラマ放映されている東野圭吾原作の「秘密」ですが、先日CSで映画のほうが放映されていたので見てみました。

母親と娘が交通事故にあい、母親は死亡。娘は生き延びるのですが、娘に母親の意識が憑依してしまい父親と暮らす話です。

前半は確かに笑いの要素として、篠原ともえとか伊藤英明とか登場していますw

そんな、コメディかと思うような設定なのですが…話が進むにつけて、結構泣けます。

ネタバレになるのですが、後半の灯台でのシーンと結婚式のシーンでは号泣状態。

ドラマのほうは、佐々木蔵介と志田未来が演じるそうなので、若干この映画よりリアルに若返るのですね。

少し気になります。

いい機会なので、原作も読んでみようと思っています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中