タリーズコーヒースクールに参加してきた

16th,Oct Coffee School

twitterで募集していたタリーズのコーヒースクールにまたまた参加してきました。

今回のテーマは中南米のコーヒーをプレスで味わおうというもの。

コロンビア、コスタリカ、そしてブラジルのコーヒーについて順番に説明を受けながら味わってきました。

ブラジルというとBRICsと称され、経済発展が目まぐるしい地域としてかなり期待されているのですが、今回は広大な農場で徹底的に管理されて栽培されたコーヒーの話。

生産者のフクダトミオさんは日系二世の方だそうなのですが、毎日広大な農園中を視察して回ってコーヒーの木の状況を管理しているそうです。

16th,Oct Coffee School

 

コスタリカはフルーティな香りが魅力的な感じでした。

コロンビアはすっきりとした味わい。

ブラジルはほどよい苦みがいい感じのコーヒーでした。

いずれも酸味が少なく、飲みやすいコーヒーです。

フードペアリングとして、今日はかりんとう、バウムクーヘン、スィートポテトをいただきました。

16th,Oct Coffee School

とても楽しいイベントでした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中