Citrix&MicrosoftVDIカンファレンスに行ってきた

プリンス赤坂

場所はこちらの昭和5年に建築された旧館ではなく、この奥の新館ですw

Citrix&MicrosoftVDIカンファレンスに参加してきました。

資料はオフィシャルサイトからダウンロードしていただくとして。

無償のセミナーなのですが、ランチセッションもあり、ランチは会場となったプリンスホテルのサンドウィッチ弁当でした。

今回の目玉セッションはいくつかあって、私が資料を読んだり参加したのは下記のセッション。

10,000台規模へ向けたスーパースケーラブルVDIの設計とTips

信頼性の高いVDI環境の実現

新潮流VDIが実証する投資対効果(ROI)

VDI機能徹底比較「シトリックス & マイクロソフト」 vs. 「VMware」

ただ、あまりにも開催者たるCitrixとMicrosoftに有利な内容だったので手前味噌的な印象を受けました。

ま、参加各社もCitrixのアプリとMicrosoftのOSやSystemCenterシリーズハード抱き合わせで売りたいんだろうからそういう内容なんでしょうけれどね。

全体的にセッションの事前予約はするのですが、特にノーチェックなのでどのセッションも受講できるような感じでした。

デモコーナーは小さかったですが、WP6環境からica経由でVDIを体感したり、iPadやiPhoneでのVDI環境にアクセスする等のシンクライアントを実体験できるのでかなり面白かったです。

シンクライアントは5年くらいお仕事で使っていますけど、結局ボトルネックになるのはネットワークなので、VDIの先駆者たるCitrixのicaプロトコルは比較的軽くておすすめですけどね。

ただ、実現するとなると、適用範囲を絞り込んだりする必要も出てきますし、全部導入すると物理マシンを配布するのよりコストがあがったりしかねないので、そのあたりの既存のリソースを有効化させて共存させていくかといったところが課題になってきます。

それを情報漏えいのリスクや、いつでもどこでも仕事をするため(ワークスタイルの多様化)に妥協できるのかどうかといったところも鍵になってきそうです。

残念だったのはWiFi環境も机も電源もなかったので、(無償だから?)早々に退散させていただいたことでしょうか。

広告

Citrix&MicrosoftVDIカンファレンスに行ってきた」への2件のフィードバック

  1. 弊社は日本のベンチャーで、実PCのデータ、設定(ワークスペース)をファイルサーバに置くことによって、PCにデータがないという意味でシンクライアント化するソリューションを提供しています。サーバでホストするVDI側にも弊社のソフトウエアを入れておくと、ユーザのワークスペースを実PCと、VDI側とで共用できます。つまり、PVでもシンクライアントでも同一のユーザ環境でログオンできます。PC側ではスキャナなどのPCデバイスは全て利用可能ですから、PCの利便をシンクライアント環境でも混在利用できます。
    また、このユーザのワークスペースはWindows XP,Vista,7で共用できますので、WinのVupに際してデータや設定の以降は全く不要です。

    ご参考までに、日本のベンチャーも頑張ってますよ。

    • 情報ありがとうございます!
      ホームページで仕組みを拝見させていただきましたが、面白そうですね。
      ただ、ネットワークがボトルネックになるのは同じような気がします。
      転送アクセスのプロトコルと、どのレベルの情報までをユーザーデータ、ユーザー設定(移動プロファイル的な動きでしょうか?)としているのかが気になっています。
      情報がありましたらまたご連絡をお願いします!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中