Windows7やWindows server 2008でsysprepを重ねるとエラーになる

仮想環境でソフトウェアインストール済みの仮想マシンイメージをテンプレートにしてsysprepを実行して展開するというのはとてもよくあること。

sysprepっていうのは、知らない人のために補足するとWindowsでOSを入れたイメージをコピーする際に競合しないように内部的なシリアル番号みたいなものを書き換えるツールです。

企業などのたくさん端末をセットアップしなきゃいけない場合に、OSのイメージをHDDにコピーしてこのsysprepっていうのを実行するという使われ方をします。

たまたま、Windows7の環境でなぜかsysprepうまくいかないなーっていうことがあって。

 

いろいろと調べていたらこんなKBをみつけた。

http://kb.vmware.com/kb/1026639

Sysprep does not starting the customization for Windows 7 or 2008 virtual machine with error: A fatal error occurred while trying to Sysprep the machine

 

もちろん、元ネタはMicrosoftさんの仕様バグだそうな。

http://support.microsoft.com/kb/929828

An error message occurs when you run “Sysprep /generalize” in Windows Vista or Windows 7: “A fatal error occurred while trying to Sysprep the machine”

対応策はいくつかあるのですが、仮想環境での展開をするならひとつのイメージに対してのSysprep回数を意識した運用をする必要があるのかなと漠然と思いました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中