ZuneHDを仮想化しないでMacと同期させる方法

日本での発売が未定なものの音がいい、液晶がきれい(有機EL)という私の中では神ガジェットなZuneHDですが、発売元がMicrosoftなせいか、ZuneアプリはWindows環境でしか動作しません。

これまでは、VMware Fusionを使ったゲスト環境にZuneアプリをインストールして、iTunesフォルダを参照させていたのですが、いい方法を見つけました。

実装方法は簡単。

1.Windows Phone 7 Connector (for Mac) Betaをダウンロードします。

Screen shot 2011-04-02 at 6.00.27 PM

2.セットアップします。

Screen shot 2011-04-02 at 6.01.08 PM

Screen shot 2011-04-02 at 6.01.23 PM

Screen shot 2011-04-02 at 6.01.35 PM

Screen shot 2011-04-02 at 6.01.48 PM

Screen shot 2011-04-02 at 6.02.01 PM

Screen shot 2011-04-02 at 6.02.09 PM

Screen shot 2011-04-02 at 6.02.30 PM

ブラウザ等が起動していたら、ここで終了させるように促すダイアログが表示されます。

Screen shot 2011-04-02 at 6.08.13 PM

Screen shot 2011-04-02 at 6.08.27 PM

3.初回起動したものを何もせずに落とします。

Screen shot 2011-04-02 at 6.09.15 PM

4.Terminalで下記コマンドを実行します。

defaults write com.microsoft.Windows-Phone-7-Connector ZuneEnabled -bool YES

5.Windows Phone Connectorを起動して手持ちのZuneHDを接続します。

Screen shot 2011-04-02 at 6.12.41 PM

認識されました。

iTunesに曲を転送するのと同様なやりかたで転送します。

ただ、このUIってZuneアプリよりシンプルなんですが、ベータ版のせいか機能がほとんどない(たとえば、Add date順での曲表示とか。)Drag & Dropも思うように使えなかったりしますし。

Windows Phone 7のためにも改善されることを祈っています。

ZuneHDを仮想化しないでMacと同期させる方法」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中