Office 2011 for MacからSky Driveにアクセスする方法

クラウドストレージサービスを利用してファイル共有を行うサービスは、DropboxやEvernoteをはじめいろいろあるのですが。

MicrosoftのやっているSky Driveもそのひとつ。

アカウント登録もLiveIDをすでに持っていれば必要なし。

エージェントを特にインストールする必要もなく、Officeを使っているお仕事マシンならそのまま設定するだけでファイルを自分のストレージにアップロードすることができます。

設定方法は簡単で、Microsoft Document Connectionなるツールを起動します。

Office 2011 for Macが最新版であれば、ApplicationsフォルダのMicrosoft Office 2011のフォルダ内にアプリはいます。

起動すると、下記のようなウィンドウ。

Screen shot 2011-04-29 at 8.37.06 AM

Live IDを設定して…

Screen shot 2011-04-29 at 8.37.46 AM

終わり。

ちなみに、このツールSharepointのサイトにも手軽に接続できます。

私は、テキスト&画像はEvernote。Office系のファイルはこちらと使い分けています。

ILM(Information Lifecycle Management)って個人でも膨大なファイルを扱う時代なので、保存する段階からいろいろと考えていきたいですね。

Office 2011 for MacからSky Driveにアクセスする方法」への2件のフィードバック

  1. 新規に投稿したいのですが初めてなので判らない事が多いので宜しく。

    • こんにちは。
      何をどうしたいのか謎なのですが、こちらこそよろしくお願いします。
      ちなみに、新規に投稿って私のブログにということでは無いですよね?
      コメントは内容がSpamで無い限り承認&公開させていただいていますよ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中