Fusion4 + Windows 8 Dev Preview

Fusion4が発売されたタイミングでちょうどよくWindows8のDeveloper’s Previewが公開されていたので、ノンサポート構成ではあるのですが試しに入れてみた。

仮想マシンを作成する場合のプロパティはWin7 x64として扱っています。

Windows 8 x64

Windows 8 x64

Windows 8 x64

Windows 8 x64

Windows 8 x64

Windows 8 x64

Windows 8 x64

Windows 8 x64

Windows 8 x64

Windows 8 x64

Windows 8 x64

Windows 8 x64

いかがでしたでしょうか。

この間、リソース面で不自由を感じることは特にありませんでした。

Fusion4のおかげだと思いますが。。。

あと、Fusion4のSnapshotの管理画面がSnapshot取得時のハードキャプチャになっているのでvSphereよりわかりやすくていいですね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中