Macに慣れ親しんだ私がUltrabook(R631)を購入してみた

201112291127.jpg

きっかけは、今年1年Macでお仕事していてものすごーく満足はしていたのですが、どうしてもできないことが2つ程度出てきた。

・WP7(Mango)の管理(カスタマイズ)

・Visual Studioでのコーディング

どちらも必須要件では無いのだけど、あったらいいなぁだったりする。

MacBookAirを社内外でよく見かけるのだけど、みんなFusionやらBoot CampやらMacの良さを殺して使っているのでどうせWindows使うならWindowsのNativeマシンがほしいなぁと。

で、いろいろ候補があったのだけど。

Let’s Note 

 昔使っていたこともあるので、軽くて高性能なのは評価できるのだけど、分厚い。

VAIO

 これまた昔505とかZとかXとか使っていたのだけど、デバドラが独特なこともあったりしてそこでトラブル起きた経験もあり、ヒトとかぶるのもいやだったので嫌煙。

何しろ、欲しいモデルが高いっていうのもある(Z以外欲しくないw)

ソニーストア

ASUS Ultrabook or Lenovo Ultrabook

 どちらも興味深いけど、ASUSは好きになれない(ブランド的に)。Lenovoはキーボードのポインタが気に入らない。(最近は両刀遣いモデルもあるのは、1年以上前にモニターさせていただいた際にわかりましたが…)

と、いろいろいろいろ屁理屈のような理由で。結局DynabookのR631(Ultrabook)のWeb限定モデル(i7搭載)になってしまいました。

このノート、13インチMac Book Airとほぼ同じサイズなのだけど、薄くて軽い。(1.2kgとペットボトル2本分!)

メモリが4GBまでなのでNetbookですが、SSD128GB(実質使えるのは100GB程度)なので、少し物足りなさを感じなくも無いけど、運用で充分にカバーできる程度。

しかも、Toshiba Directに会員登録すると1万円くらい値段が下がる。

これで、開発しこたまできるぞ…とお仕事に関係ないところで決意するのでした。

東芝ダイレクト

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中