UltrabookのトラックパッドをMacっぽく設定する方法

MacBookPro/Airでこの一年間仕事をしてきて一番よかったのは、マウスがなくてもトラックパッドの機能が高機能だったので不自由を感じたことがなかったことでした。

WindowsのPCの場合、まったく同じことはできないのだけど近いことは少しは実現できるのかなと思って、さっそく設定してみました。

できるのは2本指スクロールの設定とタップ位置によるランチャー設定ぐらいでしたが、できないのよりははるかに効率的だったりします。

 

1.「コントロールパネル」の「ハードウェアとサウンド」から「マウス」を開きます。

image

 

2.デバイス設定タブを選択します。

image

 

3.デバイス設定の「設定」をクリックします。(外部マウスが接続されている場合は、デバイスが複数見えますので要注意。)っていうか、この時にR631にはBluetoothついていないのを気づきました。

image

 

7.デバイス設定でランチャーや2本指でのスクロールが設定できます。

image

 

ちょっとした工夫で生産性の向上につなげられる…かもですね。

このエントリはR631+Windows Live Writerで書いているのですが、キーストロークはやはりMacの方が慣れのせいか打ちやすく感じました。

R631は少しキーストロークが固く感じます。

画面キャプチャはMacのSkitchが最強ですね。(今回はSnipping toolとペイントを使用)

両刀使いとして生産性を落とさないように、がんばります。

東芝ダイレクト

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中