Geek Toolsの設定備忘録

今さらながら、Geek Toolsを少しだけ真面目に導入してみました。

Geek Toolsとは壁紙の上に任意の画像やコマンド結果を表示させるユーティリティ。あたかも壁紙に書きこまれたかのように表示できます。

最初にツールの入手。私の環境はOSX Lionなので、App Storeからダウンロードできるものを使用します。

壁紙はダークな色合いのものをチョイス。お気に入りのエアラインのホームページからゲットしました。


http://www.ana.co.jp/travel/topics/desktopimg/gallery/original.html

フォントはすべて背景なしのWhite80%の透過率

天気アイコン以外はすべてコマンドで表示します。

◆日付 24pt,60s
date “+%Y.%m.%d(%a)”
◆時間 24pt,1s
date “+%H:%M:%S”
◆カレンダ 24pt 0s
cal
◆天気アイコン 600s
アイコン表示用のバックグラウンドコマンド
curl –silent “http://weather.yahoo.com/japan/tokyo-prefecture/tokyo-26235638/?unit=c” | grep “forecast-icon” | sed “s/.*background\:url(\’\(.*\)\’)\;\ _background.*/\1/” | xargs curl –silent -o /tmp/weather.png
◆天気表記 14pt 600s
curl –silent “http://xml.weather.yahoo.com/forecastrss?p=JAXX0036&u=c&#8221; | grep -E ‘(Current Conditions:|C<BR)’ | sed -e ‘s/Current Conditions://’ -e ‘s/<br \/>//’ -e ‘s/<b>//’ -e ‘s/<\/b>//’ -e ‘s/<BR \/>//’ -e ‘s/<description>//’ -e ‘s/<\/description>//’
◆About this mac 14pt 0s
sw_vers
◆HDD 14pt 7200s
df -hl | grep ‘disk0s2’ | awk ‘{print “HDD Free: ” $4″ ( ” $5 ” used ) “}’
◆RAM 14pt 60s
top -l 1 | awk ‘/PhysMem/ {print “RAM Free: ” $10}’;
◆CPU 12pt 60s
ps -acrx -o %cpu=CPU,comm | head -n 16

出来上がったものがこちら。
Skitch.jpg 我ながらちょっと美しい。自宅PCの設定ですが…会社のPCではフォントをもっと緩くしています。カレンダは画像を書き込むやり方と私のようにコマンドで実行するヒトと実装方式が結構様々でしたが、コマンド実行のほうが、意識することなく運用できそうです。アイドル状態の時に、psコマンドやawkコマンドがCPU使用率の上位にいたりするので、結構プロセス見るのも面白いなーと思っています。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中