Air Playを使ってMacの画面でプレゼンテーションを行う

会社の人に教えてもらってとっても役だったので備忘録がてら。

Air Play機能をうまくつかって、MacやPCのディスプレイにiPadやiPhoneの画面を飛ばしすためのアプリケーションが出ている。

Air ServerというツールでMacやPCにツールを入れれば準備OK。

後はiPadやiPhoneと同じWiFiに接続してペアリング設定してあげれば使用できる。

アプリケーションに制限は特に無いところもよいですね。

期間限定で、フリートライアルできるのだが、実際買ってしまったほうが早い。

お値段も今時点ではPaypalで$14.99USD=1221JPY程度とかなりお安い。

AirServer
設定画面もシンプルで、デフォルトでそのまま使える。
AirServer
これで、iPad用のディスプレイコネクタを忘れた場合にも、プレゼンで困らないですね。
しかもリモート操作できるので、見た目もかっこいい。
今後試したいのは、WebEXで画面共有している場合に、Air PlayでiOSからもってきた画像がさらにWebEXで共有できるのかどうかとか。
少しの工夫で楽しくなりますね。
I先輩、ありがとうございました!!!
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中