海上自衛隊の護衛艦に乗って1日クルージングしてみた

職場の人からチケットをいただいて。観艦式の体験航海イベントに参加してきました。

ホームページ(http://www.mod.go.jp/msdf/formal/kankan/2012/index.html)によると…

観艦式とは

自衛隊の最高指揮官(内閣総理大臣)が艦隊を観閲することにより、部隊(隊員等)の士気を高め、国内外に自衛隊の精強さをアピールすることまた、国際親善や防衛交流を促進することや、国民の皆様に自衛隊に対する理解を深めていただくことを目的としています。


事前情報によると観艦式は3年に1度しか無いイベントで、そのうち体験航海は2回。

横浜、木更津、横須賀の3港から出る護衛艦に乗って演習の予行練習を見学できるというイベント。

私がチケットをいただいた横須賀は早朝7:05までに受付を完了しなければいけないというかなりハードなものですが、始発で横須賀に到着すると、観艦式に行く人たちで混雑しちゃうほどの賑わい。

そして、港に並ぶ護衛艦の壮絶な姿。

IMG_1405.JPG

船の中で、カレーパン(お約束?)も販売していたので、小腹が空いたのでおやつにいただきました。

IMG_1476.JPG

東京湾を出て相模湾のあたりでの演習。

IMG_1536.JPG

大砲や、ミサイルもちゃんと装備。

安全保障って少し考えさせられるものですね。

IMG_1547.JPG

正直、かっこいい。

言葉も出ないほど、かっこいい。

実際に船に乗ると…大迫力。

ごめんなさい。これまで、船舶とか自衛隊とか興味全く無かったけど、少し好きになりました。

これから乗艦される方へのアドバイスは、防寒具をしっかり持って行くことです。

洋上は本当に風が強く、体温を奪われます。休憩室に入ることもできますが、せっかくなので毛布を貸与してもらって洋上で楽しんだほうがいいと思います。

風を通さないパーカーを脱ぎ着できるようにしたらよいと思います。

毛布も、敷物的な扱いをするものと実際にくるまるものと借りると体温が逃げるのが防げます。

魔法瓶にお茶を入れて持って行ったのですが、これは結構良かったです。

三脚やアウトドア用の椅子を持ち込んでいる強者もいたのですが、無ければ毛布だけでも充分しのげます。

ミサイルや大砲の周辺は見学会の時にどかなければいけないので、適時移動するというのがコツかもしれません。

私は撮影しなかったけど、毛布を借りて見学者がくるまっている様は、海難救助された人さながらで少し変な感じでした。

会場の端々で見受けられる”先輩が後輩を暖かく育てる”環境、そんなほほえましい風景もなんとなく安心感と信頼感が抱けるものでした。

亡国のイージスで言うところの、真田広之が演じていた職場のリーダーっぽい人、あの人が素敵でした。

波しぶきを背中にもろに浴びても微動だにせず任務続行されていた自衛官さん、本当に信頼感が増す感じでした。

IMG_1589.JPG

今回初めての体験でしたが、次回からきちんと応募して行きたいなぁと思う、そんなイベントでした。

何より、海上自衛隊のみなさんの”国を守る”ための日々の訓練の成果を端々に感じることができて、とっても楽しかったです。

IMG_1594.JPG

あ、でも、「足下に留意ください」とか「さようならっ!」って言うのは日本語的に…w

あと、少しイベントの流れを事前にHPあたりに書いてくれるともっと回りやすくなるかなぁ…とか思いました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中