Google ChromeをThinApp でパッケージング

ネタ切れ感半端なくてもう、行き詰まっていて1日遅れ更新ですが。。。最期までがんばりますよ。
今日は大阪のイベントでやっていたデモ環境のつくりかたについてです。だいすきなThinAppを使います。難易度的には軽いレベルですのでお試しあれ。
元ネタはこちらです。

1.WindowsXP SP3(32bit)もしくはWindows7(32bit)のクリーンな環境でThinApp(4.7.2以降)をインストールします。
2.最新版のGoogle chrome オフラインインストーラをダウンロードします。(やってみた時の最新版はこちらでした。
https://www.google.com/intl/ja/chrome/browser/thankyou.html?standalone=1&system=true

3.セットアップキャプチャを実行し、プレスキャンを行います。

4.Google chromeのオフラインインストールを実行し、お好み設定を実施します。

5.ポストスキャンをし、エントリポイントに“Google Chrome.exe” を設定します。

6.分離モードは”Merged‟(デフォルト)として、extension等を設定している場合はそのExtensionで使用しているフォルダ等にも同様な分離モード設定をします。

7.インベントリ名を適当につけます。デフォルトでも構いません。

8.Build画面で、”Package.ini”の”General Purpose Parameters‟以下に下記パラメータを追記します。
SetVirtualModuleFileNameInPeb=1

私の好みは、下記です。
[Compression]
CompressionType=Fast

[BuildOptions]
OptimizeFor=Disk

[Google Chrome.exe]
FileTypes=.htm.html.xml

9.パッケージがばかでかくなるので、他言語パッケージ系(_Locale以下のもの)をjaとen-US以外は削除するとか、インストールパッケージを削除するとかやると少し小さくなります。

10.build.batを実行してできあがり。

できあがりのあたたかいうちに、めしあがれ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中