Fusion 5.xを使っている人は用途にもよるけど、Appleのパッチ当てない方がいいですよ的な話

すみません。ネタ切れ真っ最中です。

一昨日と昨日の分と今日の分をまとめて。…既にアドベントカレンダーの体をなしていないwww

Macユーザのみなさんは、Fusionを使っていることが多いと勝手に思います。(ほら、便利ですし。。。Snapshotとかもう。便利ですよね。)

ですが、このKBを知っている人はどれくらいいらっしゃるでしょうか?

http://kb.vmware.com/kb/2040249

 

要点は、3Dグラフィックス(DirectXとかOpenGLのことです)アプリケーションを使用している仮想マシンが落ちることがあるという内容。

現状は調査中というステータスですので、回避方法は発生するような環境をつくらないことだったりします。

確認方法は右上のリンゴマーククリック→About This Mac で表示されたウィンドウで10.8.2になっていたらUpdate2があたっているということになります。

もし、10.8.2があたってしまっていたら…

Fusionのゲストマシンの設定を変更します。

ゲストマシンをシャットダウンしてから実施してくださいね。

Virtual Machine→Settings… で設定画面を表示します。

Displayの設定で”Accelarate 3D Graphics”をOFFにします。

 

私の場合。作業効率上、英語環境のほうを上に持ってきています。(Applicationをタップしたあと、アルファベット順にアプリが配置されるので起動までが速くなるけど、日本語メニューだとその探し方ができなくなるので。)ですので、日本語メニューでも同じ項目があると思いますのでさがしてみてくださいね。

9日の分、done

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中