古いWorkstationやFusionから引き継いだゲストマシンのトラブルシューティング

KB紹介になっちゃうんですが。

古いWorkstationやFusionから引き継いだゲストマシンのセキュリティポリシーが低くてエラーが出ることがあります。

具体的にどこからどこっていうのは正直私は知らないのですが、仮想ハードウェアのバージョンが低い(古いWorkstationとの互換性を保った状態)とかだと発生しやすいみたいです。

解決策を要点だけ。

1.ゲストマシンが停止していることを確認してゲストマシンのvmxファイルを編集します。

2.こんな感じの記述があるので、削除します。

 policy.vm.mvmtid = “52 d6 6f f9 f3 36 0f 9f-31 da 9f f5 90 7b ce 76”

 policy.vm.managedVMTemplate = “TRUE”

 policy.vm.managedVM = “FALSE”

3.ゲストマシンを起動します。

これだけだったりするのですが、Fusionの場合通常は仮想マシン名よりも下のファイル(構成を含めて)は見えません。

仮想マシンライブラリで仮想マシンを選択して右クリック→Show in Finderでまずありかをつきとめます。

実際のFinderの画面で右クリックメニュー→Show Package Contentsで仮想マシンパック内の.vmxファイルをテキストエディタで開いて編集します。

 

http://kb.vmware.com/kb/2034362

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中