PowerCLI5.1を使う準備について

あけましておめでとうございます。っていい加減、聞き飽きたと思いますが。正直今年入ってからの初エントリだったと思うので書きます。

年末から年明けにかけていろいろとドタバタしていてすっかりブログ更新してませんでした。

今回もなにを今更そんなこと解説してるんだい!っていう内容ですが。だってだって最近聞かれて説明してまわるのしんどかったしきっとみんな今更聞けないとか思ってるのでまとめようかなって思ったわけでして。

全然間違ってないと思うんです。

 

PowerCLIとは、PowerShellに追加するコマンドレットでvSphere環境の運用管理につかうものです。でも、基本的に”自力でガンバレ”感の大きなものです。洋書はあるのですが和書でこのあたりを詳しく書いてある書籍は正直なところ見たことが無かったりします。

さっそく、準備についててとりあしとり。

 

1.バイナリをダウンロードします

https://my.vmware.com/web/vmware/details?productId=285&downloadGroup=VSP510-PCLI-510

myVMwareにログインが必要です。アカウントが無い人はいい機会なのでつくりましょう。

 

2.インストーラーを起動します

Win7x64でやっているのですが、右クリックメニュー「管理者として実行」します。UACの警告画面が出ますので”はい”で乗り切ってください。

あとは画面キャプチャどおり。

000001

0000002

0000003

0000004

 

0000005

0000007

vCDも扱いたいのであれば、ここでvCDのコマンドレットも追加しましょう。

0000008

0000009

 

3.そのまま起動すると下記のようなエラー画面が表示されるので、インストール途中に表示されたメッセージに従い、PowerCLIのポリシー変更をおこないます。

 

 

0000010

 

0000011

 

これで準備ができました。コマンドうちたいほうだい♪

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中