仮想ディスクのSCSIの選択基準

vSphere4での内容です。

仮想ディスクのSCSIには4種類あります。

1.BusLogic Parallel
2.LSI Logic Parallel
3.LSI Logic SAS
デフォルト値です。
上記3つの違いはSCSIアダプタがバスロジックなのかLSIロジックなのか、SASのどれを仮想化したものになるのかといった違いだったりします。
選択基準って言っても、このあたりはゲストOSが対応しているもので選択します。
ホワイトペーパーでは、こちらがあります。http://www.vmware.com/pdf/Perf_Best_Practices_vSphere4.1.pdf (英語)
4,VMware Paravirtual
スループットが高く CPU 使用率が低い、高パフォーマンスのストレージ アダプタです。高いパフォーマンスが必要なストレージ環境に最適です。
VMware Paravirtualについての詳細は仮想マシン管理者ガイドのP22以降に詳しく書いてありました。
一番基本になるようなことなのに、改めて確認すると面白いですね。
環境に合わせて選定していきたいものです。
このエントリは”Virtualized girl’s falderal”の記事として公開していたものです。ブログクローズにあたり、移行させました。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中