Viewのマスタ用デスクトップの最適化について

 

マニュアルに記載のある内容なので、きっと知っているヒトは知っているとは思うのですが、あらためてまとめてみます。

仮想デスクトップ環境をつくって、プロトコルのチューニングを実施する前にデスクトップ自体をきちんと最適化しておくということは台数が増えるとじわじわと効いてくるのかもしれませんね。

業務要件にあわせて、可能な範囲でまず実施することが重要なのかと思います。

View5.0については下記マニュアルに記載があります。

http://pubs.vmware.com/view-50/topic/com.vmware.view.administration.doc/GUID-06DF65D1-7151-479A-B388-162535251F6F.html

http://pubs.vmware.com/view-50/topic/com.vmware.view.administration.doc/GUID-E712DAE6-88DF-4208-BEFA-09513A01A26E.html

http://pubs.vmware.com/view-50/topic/com.vmware.view.administration.doc/GUID-E938922D-7DFD-41E7-A774-0C81CAE6595C.html

このエントリは”Virtualized girl’s falderal”の記事として公開していたものです。ブログクローズにあたり、移行させました。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中