Windows 7(64-bit)のsysprepに失敗する3つの要因

Windows 7を使ってVDI環境を構築したりする場合にsysprepを使用することは非常によくあることだと思います。

KB等で公式解決法になっていれば、まだ情報も収集しやすいですし対処法の実施もしやすいのですが、コミュニティによる民間療法しか無い場合も多くあり特にVDIがらみだとVDIの製品(VMwareやCitrix)では大人の事情もあってナレッジベースになっていないことも多くあり、結果として個人のブログや各社のナレッジベースを総当たりということも少なくない状況です。

お客さんの環境で実際にあった話で調査した内容を備忘録がてらに簡単にまとめておきたいと思います。

1.回数制限に引っかかってsysprepがうまくいかない

すみません、既に常識レベルの話かもしれませんね。公式なKBも数多くでています。

http://support.microsoft.com/kb/929828/ja

この制約は、応答ファイル (Unattend.xml) で SkipRearm を 1 に設定することで回避できます。

残数を確認するためには下記コマンドをコマンドプロンプトから実行します

 slmgr -dlv
2.IE10が入っているためsysprepがうまくいかない

MicrosoftのオフィシャルなKBは今日現在のところは、見つけられませんでした。ただ、64-bitの場合に多く発生するようです。

コミュニティの情報によると、

http://social.technet.microsoft.com/Forums/en-US/w7itproinstall/thread/1ca35612-bb75-4e71-be43-83934ef23291

VMwareのKBによると特定のレジストリキーを削除する必要がありそうです。(リスクはご自身でって感じですね。)

http://kb.vmware.com/kb/2051620

IE10をアンインストールする

3.元のイメージにインストールされているアプリケーションのレジストリキーが8KBを超えるためsysprepがうまくいかない。

CitrixのKBによるとNotesやHP Leaser Jet Driver等が該当するようです。

http://support.citrix.com/article/CTX131057

http://www.christowles.com/2010/11/sysprep-0x8007139f-error-on-windows-7.html

この問題にはHotfixが出ており、メールアドレス登録する形でダウンロードできます。

http://support.microsoft.com/kb/981542

これで、ひとつでもうまくクリアできますように。

広告

Windows 7(64-bit)のsysprepに失敗する3つの要因」への1件のフィードバック

  1. Excellent post. I was checking constantly this blog and I am impressed!

    Very helpful info particularly the remaining section :) I maintain such information much.
    I was looking for this particular info for a long time.
    Thanks and best of luck.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中