Windows Server 2008 R2 で仮想デスクトップができるらしい。

VMware Horizon View 5.3がリリースされましたが、このバージョンからサーバーOSであるWindows Server 2008 R2(Datacenter Edition)をデスクトップOSとしてサポートしています。

つまり、クライアントOSだとVDAライセンスが必要ですが、サーバーOSでの仮想デスクトップの場合はDatacenter Editionのライセンス+RDS CAL(いらない?Microsoftさんに確認してね)だけで利用できることになります。

ターミナル利用では無いため、個々の環境のカスタマイズも自由にできる…と、これまでの仮想デスクトップで実現できなかった分野での利用も可能になっています。

リリースノートにも記載がありますが、制限事項と設定時に気をつけることについてKBがリリースされています。

http://kb.vmware.com/kb/2057605

抄訳(というか意訳)すると…

概要

VMware Horizon View 5.3ではvCenter Server で管理されているWindows Server 2008 R2 (Datacenter edition)の仮想マシンをViewのデスクトップとして利用することができます。

この機能はデフォルトでは無効になっています。この機能を有効にする場合、下記の手順を実施することができます。

1.View AdministratorがWindows Server 2008 R2をViewのデスクトップとして扱えるように、Viewで使用しているActive Directoryの属性を手動でセットします。

2.特に、Windows Server 2008 R2の仮想マシンにView Agentをデスクトップモードでインストールする際に、デスクトップリソースやテンプレートを利用して実施する必要があります。このステップを実施しない場合、Windows Server 2008 R2仮想マシンをターミナルサーバのリソースとしてView Agentは設定します。

In VMware Horizon View 5.3, you can use Windows Server 2008 R2 (Datacenter edition) virtual machines managed by vCenter Server as virtual machines for View desktop deployment. This feature is disabled by default. To enable this feature, you must perform the following steps:

1.Manually set an attribute in View LDAP to make View Administrator treat Windows Server 2008 R2 as a supported operating system for View desktops.

2.Explicitly install View Agent in desktop mode on the Windows Server 2008 R2 virtual machines that you plan to use as desktop sources or templates. If you do not perform this step, View Agent configures the Windows Server 2008 R2 virtual machines as terminal server sources.

全部訳すのも辛いので、ポイントだけ。

View管理者がWindows 2008 R2をViewのデスクトップとして管理する方法

View Agentをデスクトップモードでインストールする方法

→結構くせ者。細かい手順あるので、使う人は絶対読んだ方がいいです。

Windows Aeroを使用する方法

サポートされていない機能

・Windows Server 2008 R2のスマートカード認証

・ThinPrint

・MMR

・UCのAPI

・View Persona Management

・V4Vによる管理機能

・Local mode

To make View Administrator treat Windows 2008 R2 as a supported operating system for View desktops:

To create a Windows Server 2008 R2 virtual machine and install View Agent in desktop mode:

Enabling Windows Aero on Windows Server 2008 R2 Desktops

Unsupported Features in Windows Server 2008 R2 Desktops

  • Smart card SSO on Windows Server 2008 R2
  • Virtual printing (ThinPrint)
  • Multimedia redirection (MMR)
  • Unified Communications (UC) APIs
  • Microsoft Lync 2013 SDK
  • View Persona Management
  • vCenter Operations Manager functionality
  • Local-mode desktops
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中