Windows Server 2012 に.NETFramework3.5 をインストールする方法

前述のTips同様、知ってる人にはあたりまえだけど知らない人には目からウロコだったのでまとめてみました。

Windows Server 2012は標準では.NET Framework 4.5 がインストールされています。

参考:

https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/bb822049(v=vs.110).aspx

 

ただ、ミドルウェアの前提環境としては.NET Framework 3.5 も根強く残っていたりします。事実、Mirage Server 5.3の前提は3.5だったりします。

この記事では簡単にインストール方法をまとめてご紹介します。

 

準備するもの:

OSのインストールメディア

 

1.サーバーマネージャを起動し、「役割と機能の追加」をクリックします。

Untitled

 

2.インストーラーで「次へ」をクリックします。

Untitled

3.「役割ベースまたは機能ベースのインストール」にチェックが入っていることを確認して「次へ」をクリックします。

Untitled

 

4.「サーバープールからサーバーを選択」にチェックをいれ、「サーバープール」でインストール先のサーバーが選択されていることを確認して「次へ」をクリックします。

Untitled

 

5.「役割」で何も選択されていないことを確認して「次へ」をクリックします。

Untitled

6.「機能」で「.NET Framework 3.5 Features」にチェックが入っていることを確認して「次へ」をクリックします。

Untitled

7.下記のように表示された場合は「代替ソース パスの設定」をクリックし、メディアを指定します。そのほかの場合は「インストール」をクリックします。

Untitled

 

8.下記画面でインストールが開始されます。

Untitled

 

知らないと延々とインストーラー叩いちゃう、そんなTipsでした。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中