Identity Manager 2.4 を構築してみた(Tipsつき)

本業が忙しくて、ブログがなかなか書けていないのですが、珍しくSilver Weekとやらのおかげで久しぶりにコミュニティでの質問に対して検証ベースで回答することができたのでその内容を補足込みで書かせていただきます。

Identity Managerが何者か?という話についてはオフィシャルのブログ(書いてくれると思います。)もしくは、IT系のメディアの記事を参考にされると良いと思います。

Horizon Workspace改めIdentity Managerはオンプレミス環境では仮想アプライアンスのデプロイで構築します。

手順は特に難しい内容は無いのですが、何も考えずに実行するとはまることが予想されるので簡単に手順をまとめてみました。

1.事前準備
Identity Managerのホスト名、IPアドレスをDNS登録しておく。

2.仮想アプライアンスのデプロイ
vCenter Server にログインし、vCenter Server のアクションから「OVFテンプレートのデプロイ」をクリックします。
デプロイの際に下記項目を指定します。

タイムゾーン
ネットワーク設定
 ホスト名(FQDN) ← 画面キャプチャと異なりますが、DNSサフィックス含めない形で書いた方がいいです。
 デフォルトゲートウェイ
 DNS
 IPアドレス
 ネットマスク

Horizon_6_on_One_Cloud
※vSphere Client/ Web Client いずれでも可能です。

3.初期設定
https://ホスト名.dnssuffix でブラウザからアクセスします。(IPアドレスやホスト名のみだと失敗しますので要注意!)
Horizon_6_on_One_Cloud 2

Horizon_6_on_One_Cloud 3

Horizon_6_on_One_Cloud 4
ここで、内部DBを使用する際に、コンソールへのアクセスURLがIPアドレス指定やホスト名のみで実施した場合は下記エラーが表示されます。
”組織名が無効です。選択された名前(null)には無効な文字が含まれます。”
Horizon_6_on_One_Cloud 5

Horizon_6_on_One_Cloud 6
この画面が表示されたら設定されている証拠です。
完了しましたという画面が表示されると初期設定完了となります。(キャプチャ忘れですが)

その後、下記のような画面が表示されます。
Horizon_6_on_One_Cloud 7

ログインはadmin/初期設定したパスワードで実施して、ここから先の設定を行います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中