Workstation の歴史(1999年〜2015年)

Advent Calendar の記事ネタに困ったので、クリスマスにぴったりのみんなが大好きな歴史の話をvExpert なかまのFlorianさんがブログ書いていたので、翻訳公開の許可をいただきました。

16年ほどまえの、ESXiやvSphere より遙か昔に、VMware は最初の製品であるVMware 1.0をリリースしました。VMwareは複数OSを単一のx86マシンで起動することができる最初の製品です。
VMware の仮想基盤のテクノロジは複数のゲストOSが同時に1台のふつうのPCで実行できる薄いソフトウェアレイヤとなりました。

vmware1

最初の製品”VMware”は現在でもVMware Workstationとして利用することができます。

1999-05-15 – VMware 1.0 – 2GB までのメモリをサポート
2000-03-03 – VMware 2.0
2001-11-05 – VMware Workstation 3.0
2003-04-07 – VMware Workstation 4.0
2005-04-07 – VMware Workstation 5.0
2007-05-09 – VMware Workstation 6.0
2009-10-27 – VMware Workstation 7.0
2011-09-14 – VMware Workstation 8.0
2012-08-23 – VMware Workstation 9.0
2013-09-03 – VMware Workstation 10.0
2014-12-01 – VMware Workstation 11.0
2015-08-24 – VMware Workstation 12.0

VMware 1.0
動作環境の要件:Pentium II 266MHz、64MBメモリ以上
仮想マシンは2GBまでのメモリをサポート。VMware 1.0 はMS-DOS 6、Windows 95/98, Windows NT, Red Hat 5.0, SuSE Linux 5.3 and FreeBSD 2.2.8, 3.0, and 3.1をゲストOSとしてサポート。

VMware 2.0
”サスペンドとインスタントリストア”、つまり仮想マシンをディスクに保存してリブートすること無くリストアする機能をサポート。仮想ディスクの圧縮機能及びブリッジ、ホストオンリーネットワークで仮想マシンをネットワーク接続する機能をサポート。

VMware Workstation 3.0
“Repeatable Resume Feature (繰り返し可能なリジューム機能)” サスペンドした特定のポイントで仮想マシンをリジュームすることができるようになりました。ホストマシンにRemote Desktopで接続してゲストマシンを管理することも可能となりました。ゲストOSのサポートはWindows XP/2000, Netware 6.0と最近のLinuxバージョンに拡張されました。

VMware Workstation 4.0
ホスト毎のPAE、USB2.0、DirectDraw(これ、何か正直わからないです。)及びスナップショットをサポート。スナップショットはいつでも、ゲストがパワーオンでもオフでもサスペンド状態でもつくることができ、いつでもスナップショットにリバーとすることができます。Version 4.0はドラッグアンドドロップやホストマシンとの共有フォルダでファイル転送することができるようになりました。

VMware Workstation 5.0
スナップショットの機能拡張により、動作中のVMのスナップショットを無限数の時間毎のポイントでディスクに保存することができるようになりました。(スナップショットの個数って本当に制限なかったっけ?っていう突っ込みあります。)フルクローンとリンククローンをサポートしました。

VMware Workstation 6.0
マルチモニタのサポートと仮想マシンをバックグラウンドで動作させる機能によってデスクトップとサーバーの性能を向上させました。このリリースでは物理マシンから仮想マシンに変換するVMware Converter のConverter Import wizardが含まれました。Virtual Machine Communication Interface (VMCI) でゲストマシンとホストマシンと通信することができるようになりました。

VMware Workstation 7.0
Windows AeroやOpenGL1.4、Shader Model 3.0を表示することができる、新しいWindowsディスプレイドライバモデル(WDDM)をサポートしました。vSphere 4.0 及びESXでのサポートと同じくNestedでのESXホストの稼働をサポートしています。4vCPU 32GBのRAMを最大構成とする仮想マシンまでサポートしました。

VMware Workstation 8.0
64ビットCPUが動作要件となった最初のリリースです。ゲストの仮想マシンで仮想Intel VT-X/EPTもしくはAMD-V/RVIを有効にすることで64-bitのvSphere を含むゲストマシンをWorkstation上で稼働させることができるようになりました。USB3.0やバックグラウンドで自動的にゲストマシンを稼働させる機能もサポートしています。新しいリモート接続の機能によって他のマシンで稼働中のWorkstationやESX4と接続することができるようになりました。

VMware Workstation 9.0
Webブラウザー経由で仮想マシンコンソールが使えるWSXの機能サポート。 64ビットOSやネステッドESXをより少ないシステムリソースで稼働させる機能をサポートしました。Hyper-VのExperimental Support(試験的なサポート)が追加されました。
WSXを有効にする方法についてはこちらのKB(http://kb.vmware.com/kb/2097842)に詳細があります。

VMware Workstation 10.0
仮想アクセラレータ、 ジャイロスコープ、コンパス、光センサーモジュールなどタブレットのセンサー対応。16vCPU 8TBのディスクをもつ仮想マシンのサポート。SSDパススルー機能によりゲストOSの仮想ディスクファイルをSSDに保存でき、物理マシンでSSDを直接使用しているときと同様に最適化された状態で使用することができるようになりました。

VMware Workstation 11.0
ラップトップやx86 タブレットで使用されている QHD+ (3200×1800)の高解像度サポート。vCloud Air に直接ゲストマシンをクラウドに持って行く機能をサポート。EFIで仮想マシンの起動をサポート

VMware Workstation 12.0
Windows 10のサポートに加えてDirectX 10 とOpenGL 3.3のグラフィックサポート。IPv6 NAT ネットワークと4Kモニタのサポート。

一見するとリリースノートを並べただけかもしれない内容ですが、この製品が私にとっても”はじめてのかそうか”だったりしますし、この技術があったからこそいろいろなことを修得することができ、いろいろな人と知り合って切磋琢磨することができました。そう考えるとかなり感慨深い内容だと思います。抄訳していて途中で何この機能?とか歴史を感じることができてとても楽しかったです。余談ですが、仮想HWバージョンはWorkstationの各バージョンとイコールのようですよ。途中から表記が仮想HWバージョンxx と書かなくなってしまい少し残念です…(´・ω・`)
明日はVMwareの髙田さんのNSXに関するブログエントリとなります。お楽しみに!
http://www.adventar.org/calendars/980

Special Thanks
出典:http://www.virten.net/2015/12/vmware-workstation-from-1999-to-2015/ Written by Florian

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中