8.8.8.8より早いというDNSをベンチしてみた

8.8.8.8は有名なGoogleさんのDNSサーバーです。

だけど、実は他のDNSサーバーのほうが早いんじゃ無いかという噂をいくつか聞いていて、今朝聞いたのはOpennicprojectのサーバー 106.186.17.181 (ns2.jp) 。

早速、Googleさんの公開されているnamebench というツールを使ってベンチマークをとってみました。

namebench は実行後の結果をHTMLで表示してくれるので、結果の一部を画像として貼っておきます。

namebench__2016-03-12_10_50_02_911985

確かに、Googleさんの8.8.8.8より早い。

でも、有識者の友人曰く、

「最も速い方法は、自前でDNSを立てることです。zoneの管理は行わずに、DNSのキャッシュ機能だけを利用する。こうすると、ローカルにDNSがあるので、高速に名前解決ができるだけではなく、第三者にポイズニングされる危険性も防ぐことができます」

だそうです。

確かに納得。Raspberry Pi 等のお手軽な機器でもDNSサーバーをたてることはできるので、自前でDNSをたてるのもいいかもですね。

時間があるときにトライしてみようとおもいました。

広告

8.8.8.8より早いというDNSをベンチしてみた」への2件のフィードバック

  1. 自前でキャッシュサーバを立てることに加え、 http://www.dns.icann.org/services/axfr/ に従って root-servers のレコード情報をゾーン転送で受け取るコンテンツサーバを立て、キャッシュサーバからのみアクセスを受け付けるようにするとroot-servers 内の情報自体を手元に持つことになり、より安全で高速な名前解決が可能になります。

  2. 確かにそうですね。このブログを書いていた時点では、自前のキャッシュサーバーぐらいしか思いつかなかったのですが、コンテンツサーバーも自前だとさらにセキュアですね。
    このあたりの話は自分の手持ちの環境やクラウドのインスタンスで何をどうしたら最適なのかもう少し研究する必要があると感じました。

    ありがとうございます!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中