日本マイクロソフトに入社して半年が経っていました。

前回、この手のコラムを書いたのが入社して90日(3ヶ月)だったことを考えると、そこから今180日=半年 までの時間の流れのサイクルがやたらと早かった気がしてならないですが、そこは年だろうとか言われたら困るので少しだけ控えめにしておきます。

なので、気づいたら「半年が経っていました」っていう状況です。

全体について

会社自体もTransformしている最中なのでいろいろなものがめまぐるしく変わるし、さすがに急に長年いた前職時代からは変えられないような、お作法とかいろいろなものが違っている状況で叱咤激励いただいたりもしますが、なんとか必死について行っているという状況です。

その間に、de:code という大舞台で2セッション持たせてもらうことになったり、セミナーやハッカソンでもチャレンジするチャンスをいくつかいただきました。顕在化している自分のクセ(セッションがショートしやすいとかね。見たい人は不定期開催のセミナーとか見に来てもらえると、徐々に成長してるんですよってのを体感してもらえると思います。)はある程度把握できているのでそれからどうやって良いところを伸ばしていこうかというところです。

落ち込んだりもしたけれど、私は元気です。というところでしょうか。

技術的なことについて

技術的なチャレンジも、会社のブログでは2エントリ/月しかできていませんが、絶えず実施しているのですが終わりが無いため、モンハンに例えるなら競技場のモンスターがチート並にどんどん強くなっていくっていうような状況でしょうか。(たとえがわかりにくくてすみません。)

元々のバックグラウンドを活かしてやっている IT Pro の分野( Windows Server まわりの技術)ではフォーラムやコミュニティイベントを通しての同志ができたりしながらも、新しい製品が出る当たり年ならではの状況を必死に追いかけています。

DevOps に関しても、non dev side (決して開発やらない、経験が無いというわけではなく、開発外もやっている人間としての視点。)からの見え方がしているので、こちらも随時今後の発信につなげていきたいと思います。

加えて、Azure のインフラあたりのことや Infrastructure as a Code まわりの話をおもしろさに気づいて手を出しているところです。

マイクロソフトの最大の強みであるカバレッジの広さから、SQL Server の新機能も話もさせていただくことになって RDBMS とキャッキャウフウフするのもあります(が、ブランクがあるので追っかけるのに必死です。。。

とにかくやろうとすれば際限なくやることもあり、やりたいこともわき出てくるそんな職場です。

努力の方向性を間違えないように、周囲の人と相談しつつ踏み出してるといったところでしょうか。

職場環境について

更に、新卒の新人の方が6月から同じチームに入ってきたりといろいろと感銘を受けるきっかけになっています。彼は、自分がどっかで置き忘れてきた情熱とか、チャレンジとか発想とかいろんなものをまだ持っているうえにピュアさがあるので、話をすると何かいろいろなものを思い出します。

やはり、自分の新卒新人時代と比較していろいろなところで優秀だと思います。

さらに話は飛躍しますが、ハッカソンや社内外の活動で知り合う人達から受けるいい刺激がとても素敵でした。情熱をもって何かをしている人達の暑苦しいけれど愛がある姿勢ってとても好きです。

いろいろな人がいろいろな役割でいろいろなスタイルで働いているのも事実ですが、振り回されるのも疲れてしまうので、自分のペースを崩さないようにしていたいと思います。マラソンもそうですよね。ペース配分をきちんとキープして走らないと、怪我もするし疲れてしまう。

そんな時は休みをとって旅に出かけたり自分のメンテナンスをすることで少し楽になろうと思っています。

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中