【書評】「原因」と「結果」の法則

img_5718-1

書評という名の読書感想文シリーズです。

行きつけの居酒屋に置いてあったジェームス・アレンの哲学書。

ちょっと説教くさいのかなとか思いながら読むとスルスルと内容が入ってくるシンプルな良書です。

華々しい成功を収める人は必ず原因と呼べる努力をしているというもの。

そして何もしていないのに成功する人などいないということ。

当たり前のことなのだろうけど、自己主張のすごい人達と一緒に過ごすとちょっとの成果を大袈裟に表現するのを見たり、そういう内容が評価されていたりするってことよくありますよね。

当然、私も過去に何度かそういう経験があるわけですよ。

一見成功に見えるように虚飾されているけれど中長期的に見ると成功ではないものも世の中にはたくさんあります。

なので、何度も見えない努力他人のサポートをすることに疑問をもったりもしましたが、少し本書の内容を実践してみようと思いました。

こういったことに一喜一憂するのもエネルギーの無駄遣いなので本書の言うように因果応報ということを頭の片隅に入れて行動しようと思います。

人生短いんだし、チャンスを得るのも限られている。

そうであれば、折角のチャンスを少しでも成功する確率をあげたいと思うわけです。

そんな前向きになれる本でした。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中