【書評】マンガでわかるWebマーケティング

書評という名の読書感想文シリーズです。

最近知り合ったカリスママーケッターの村上佳代さんから献本いただいたので、勉強がてら読んでみました。

漫画と解説の文章の両方あって、著者のおすすめは漫画を通して読んでから解説を読むことと教えていただいていたので、そのやり方にそって読むと確かに理解がすんなりと進むようにできていてとても分かりやすかったです。

Webマーケティングって、マーケッターでなくても日常業務に役立つ内容が豊富で、これまで体系づけて学ぶという機会がなくなんとなく飛び交う用語を都度都度使うということをやってしまっていました。

この本を読むことができたおかげで、ビジネスの「Why」「How」についてちゃんと考えて日常業務に活かすことができそうな気がしました。

例えば、コミュニティで勉強会を開催するとしても何が目的でどうなることがゴールなのか。そのための集客をどうしたらいいのか、考えて実施するのと考えずにただ実施するのとでは効果が完全に異なります

このことがつまりのところマーケティングなのですが、そこに”Web”のキーワードがつくことによって見えないツールを駆使してどこまで何がやれるのかということが変わってきます。

マーケッターではないけれど、一般教養としてのWebマーケティングを知るための入門書としてはとてもいい本だと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中