【書評】コンビニ人間

書評という名の読書感想文シリーズです。

第155回芥川賞受賞作ということで読んでみたのですが、いろいろ引き込まれる作品でした。以下ネタバレ注意です。

まず、主人公ですが価値観が人と違っていてそれがあまりにも違いすぎていて違っていることすら違和感じゃないというレベル。

「ふつう」って尺度で考えると恐ろしいレベルなのだけど、本人も「周囲から違うって言われるんだけど、その違うことの何がダメなのか」っていうのがわからないくらいずれてしまっている。

そんな主人公がアルバイト先のコンビニの「型にはめた働き方や店舗造作」にどんどんのめりこんでいきそれを失ったときの崩れっぷりがすごい。

主人公と同棲することになった男性もこれまたちょっと価値観がずれすぎてずれてることに気づけないというか意味がわからない世界。

文章力がすごいというか引き込まれて、だんだん気持ち悪くなってくるそんな世界でした。なんかそれを思い出して記述するにも、自分の文章力がつたなすぎて難しいって思った。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中