【書評】服を着るならこんなふうに

書評という名の読書感想文シリーズです。この本は、知人で IT 系のハードウェアメーカーに勤めてる I さんが twitter  で参考になるよと言っていたので、男性向けの漫画だと知りながら Kindle で一気に購入しました。内容はタイトルの通り服を着るならこんなふうにといったコツを男性が理解しやすいロジックとしてまとめているもので、お金をかけなくてもおしゃれはできるというのをきちんと説明しています。

 

なぜ、この本を紹介したくなったかというと、こじらせ女性エンジニア外資系OL的にいうと、IT系技術職に従事されていらっしゃる殿方は一部の例外を除いて服装のセンスがあまりありません。たまに女性でもだらしない恰好(マキシスカートやダボダボなTシャツ、露出狂と見まがう肌見せラインやミニスカートなど)でうっかり会社来ちゃったりするケースもありますが、たいていの場合職場の年配のお姉さまがたから指摘を受けて、TPO (Time Place Occasion) という言葉を理解するにつれて酷い服装で来る確率はかなり減るものですが、男性はこの限りではありません。スーツ以外の服装は破壊的にセンスが無いケースも散見されます。代表的なアイテムがチェックのネルシャツ、冬場のボーダーセーター、長袖に半袖を重ね着するなど。そんな危機的状況ですが、この漫画で紹介されているポイントを抑えると誰でもお金をあまりかけずとも素敵になれるのです。結構、ユニクロ推しが多い内容ではありますが、女性が見てもアイテムの使いまわしに良いかもしれません。

 

ちなみに、私はかつて小娘時代にお気に入り+お気に入りボーダー+チェックという酷い着こなしを行って姉に縞チェックと揶揄されて以来、トラウマになっており服装を選ぶときはやや慎重になっています。毎朝、天気予報で気温を確認した後で、予定表を見ながら来客の有無や来客に合わせてキーアイテムを一つ決め、それに合う着こなしを画像検索や Oggi のコーディネートを元に自分の手持ちのアイテムから選ぶということをやっていたりします。( Oggi は20代向けの雑誌ですが、コンサバな OL らしい着こなしが多いのと、アイテムがどう考えても高価で20代で購入が難しいものも散見しているので参考にするのには適していますよ。)たまに季節やアイテムによってアイシャドウの色変えたり、バッグや靴を変えたりというのもね。実はスニーカー&リュックで通勤してはいますがパンプス持参の日も多数あったりします。ここ数年はあまり高いアイテムを購入しても2~3年でダメになるので適度にファストファッション+海外でうっかり買ったアイテムという感じが多いです。

 

気になる方は上の画像サムネイルが購入リンクになっていますので、どうぞ。

本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

広告

そういえば、vExpert の6年目いただいていましたよ

26463455195_6e4e782c65_z

こじらせ女性エンジニア外資系OL的に。3月3日は桃の節句です。

まだ私がいろいろ拗らせる遙か昔、幼少の頃、姉と共有で17段の立派なひな人形を飾ってもらっていました。3歳くらいの頃には父親のFM7で遊ばせてもらっていたので、既に拗らせる前兆はあったのですが、それはまた別の話。別の時にでもご紹介しましょう。

さておき、タイトルの件ですが、去年もう申し込まないって書いていたのですが、自分の予想が的中しているのかを知りたくて懲りずに申し込んだところ通ってしまいましたわーい!すごーい!せっかくだから有効活用したいので、それに併せて VMTNJ や myLearn のアカウント復活を依頼しています。まだ、メールアドレス変更できない状況でログインできない状態にされていますが、未だに一番のポイントゲッターというところにもう少しでいいからコミュニティが盛り上がっても良いのでは無いかと部外者ながら考える次第です。わーい!すごーい!

いくつかのスレッドに対しては、答えが即答できそうなのに回答もできなくて、ちょっと歯がゆかったです。

community__japan___vmware_communities

未だに元中の人でその後他社でご活躍されていらっしゃる方がランキング上位にいらっしゃるのも少し寂しい限りです。

gowatana さんは相変わらずご活躍されていらっしゃるので、人ごとながら少し安心しています。そろそろこちらではなく TechNet forum あたりでもご活躍いただいてもよいのですよ?とわがままを思っていたりいなかったりして。

そうそう、現職の職場で大々的に報告しないのは、このようなこともありますが VMware から来た人呼ばわりされるのも、仮想化に強い人呼ばわりされるのも本質的に居心地が悪いことからだったりします。まだおまえはよその人だよぐらいな聞こえ方しますよね。

 

 

わたし、そろそろ現職での特徴出した方がいいのですかね。ゴリ押しニックネーム、まだ募集してますのでご安心くださいませ。

元々ひけらかす性格じゃ無いのは知り合いの皆さんならご存知だと思いますが、流石に今回のような自分はほとんど何もやっていないのに過去の自分の貢献の貯金で今年も受賞しちゃったことをひけらかすことはできないなと素直にとらえております。

いずれにしても、アワードプログラム内で AWS の資格とりましょうとかきているので、どこを目指しているのか老婆心ながら少し心配ではあります。

 

とにかく、去年ブログ数回程度でしか貢献できていないので、来年こそだめだろうなと決め台詞を書いておきます。

本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

IT Pro 向けの無償の素敵なプラン Cloud Essentials

もしかしたら、私が知らなかっただけなのかもしれない内容です。

これまで、開発者向けには Visual Studio Dev Essentials というプログラムがあってその特典として毎月25ドル分の Azure が無料で使えたり、Azure App Service が無料で使えたりいろいろな特典があって少しうらやましいなと思っていました。

2017-02-14_18h20_38

でも、これからご紹介する ITPro Cloud Essentials はもっと素敵な内容です。

2017-02-14_18h23_11

2017-02-14_18h23_22

 

2017-02-14_18h23_28

Azure Pass $100 (有効期間3か月)

言わずと知れた、Azure を無料で使える素敵なパスです。(ただし、新規登録に限る。)クレジットカード番号の登録が不要なため、ご利用をはじめるのに際してのハードルが低くなっているのが特徴です。

 

Enterprise Mobility + Security 3か月試用版

ID 管理とか、MDM とか、興味ある人はたくさんいる Intune を包含している製品、それが Enterprise Mobility + Security です。

 

Office 365 Enterprise E3 60日試用版

Office 365 のマルチプラットフォームを試してもらうのにちょうどいいプランのE3 の試用版もついてきます。

https://products.office.com/ja-jp/business/office-365-enterprise-e3-business-software

 

そのほか、MCP の25% OFF で受講できる権利だったり、オンライントレーニングを無償で受講できる権利だったりいろいろ特典は多数。

Dev Essentials と併せて登録しておくと便利だと思いますよ。

 

アクセスは下記リンクからどうぞ。
https://www.microsoft.com/itprocloudessentials/ja-JP

 

本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

冬の富山はいろいろ素敵です。

Toyama 2017 Jan

カメラの中に眠っていた画像をアップロードするのが遅れてしまい、順番が前後してしまいましたが。今度こそ女性エンジニア外資系OLらしい記事となります。
一筆書き乗車券で行ってきた富山について少し書きたいと思います。富山に行くのは初めてでは無かったのですが、ガチ観光めいたことは実はしたことが無くて。いつも羽咋から氷見を抜けて高岡から金沢にドライブとか、信州方面に行くときの通過点としての印象が強くお隣さんとして育ったにもかかわらずあまりよく知らないなと思いました。

Toyama 2017 Jan

富山という名前にふさわしく山に富んでます。

今回は半日強時間があったので、駅前から電車に乗って岩瀬という港町まで足を延ばしてみました。岩瀬は満寿泉で有名な増田酒造のある町で、少しレトロな街並みが続きます。

Toyama 2017 Jan

Toyama 2017 Jan

酒蔵で有名なこの町は街並み全体がすごくレトロで、金沢の東山や高山ともまた違う、強いて言うなら鶴来とかに近い感じの古き良き日本の街並みが続くそんなところでした。

最後はお約束の寒鰤と日本酒で堪能させていただきました。

Toyama 2017 Jan

旅って楽しいですね。車を使わない旅は国内ではほとんどしたことがなかったので電車旅もたまにはいいなと思いました。

Yoga Book のビリビリを消す方法

こんにちは。たまには、女性エンジニア外資系OLらしい記事をちょっと書こうかな。

私が、年末にうっかり買っちゃったモバイル用の端末にYoga Book があります。

何が楽しいってライティングされるキーボードとペンでの操作感が半端なく楽しい。子供の頃に落書きしてたあの感覚を付属のリアルペンで可能なのです。残念ながらペンタブとしての扱いには不慣れなので、上手に絵が描けずにフラストレーションも少し溜まりますけど、、、

さておきこの素敵な Yoga Book ですがお友達がFacebookでライティングされるキーボードのビリビリがちょっと、、、と書いていたので  Yoga Book の Halo キーボードの振動や操作音を消す方法を簡単にご紹介します。

C:\Windows\Program Files\Lonovo にある ControlApp.exe を起動します。

image

あのライティングされるキーボードは正式名称 Halo Keyboard というようで、タッチトーンと振動を設定変更可能です。

image-1

これで Yoga Book  生活もまたひとつ楽しくなりましたね。

ご購入はよろしければこちらのリンクからどうぞ。

よくよく思い出しましたが、Lenovoさんのアフィリエイトリンクって作れた気がするんですよね。大昔にブロガーイベントにいって1台貸してもらってた気がする…

本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

どこかにマイルで弾丸ツアー

いきさつ

ことのはじまりは、とある週末に本業(外資系 OL です。この後の文章と矛盾するかもしれませんが Office Lady ですわ。)で外部団体と一緒に技術に縛られない女性エンジニアの輪を形成するイベントを開催するそうで、気づけば私以外の同僚で同じロール(女性エンジニア)の人が全員参加予定だったわけです。中には、こういうのがロール上の本務じゃない方も含まれてたりもして…なんだか超ハブられてるようで感じ悪いわって感じた始末。

そもそも論になっちゃうのですが、私は女性エンジニアって属性で括られるのあんまし好きじゃなかったなとか、多分エンジニアって名乗るにはハブられる程度には技術力や知名度が足りないんだろうな(そもそもよくも悪くも炎上したりしないから知名度はないからご指名来ないですよね…)とか、そもそも女性の集団って苦手だったなとか、30分いたイベントを終日いたように盛って見せる技術もないなとか、コーディング得意じゃないなとかいろいろぐちぐちネガティブになりつつ。そんな大人げないやり場のない気持ちから腹いせ(やーい休日なのに仕事してるー!こっちは楽しんでやるぜー!)がてら、ネガティブな気分を吹っ飛ばすために最近行ってなかった弾丸ツアーに出ようということにしました。

しかし予定していなかった旅行なため、軍資金はほとんどなく。更にマイレージを確認すると、去年台湾2回も行ってるから ANA はどこにも行けないレベル。でも、JAL はありました!(生活費をJAL カードに寄せておいてよかった。)でも、本当は7月くらいに eJAL 変換して軍資金にしてから、どこかちゃんと海外(ヨーロッパかな。それも経路とホテル考えなきゃな。)に行きたかったりもするので節約しなきゃと思い、どこかにマイルを使うことにしました。

 

どこかにマイルとは

往復6000マイルで国内のどこかに行けるというプログラム。詳細はこちら。わかりやすく書くと、日程と時間帯だけ入力するとランダムで4つ行先の候補出してくれてその中から行先が決まるというもの。行先がガチャだと思うと結構ワクワクしてくる。

私の場合、4つの候補がそこそこ気に入るものになるまで4回ほどリトライしました。寒いのが苦手なのと小さな機体が苦手だったので自分のつたない知識で飛んでる機体や気候を思い浮かべながらいろいろ候補地を見ていくとガチャを連続で回してアイテムもらう気分と同じ高揚感があります。

結局妥協できた候補地は、山口宇部 松山 広島 大分 で、それぞれに対する私の意識はこんな感じでした。山口はちょっと自信ないけど、それ以外はブラタモリで予習可能なエリア。

  • 山口宇部 行ったことが無い。友人が住んでるので名所は聞いてみたい。
  • 松山 道後温泉と城は行ったな、、、ま、2回目でもいいか。
  • 広島 まともに行ったことない。宮島とかトライしたい。
  • 大分 湯布院しか観光したことがない。別府行ったことないし、地獄とか絶景パワースポット探すか。

 

行先きまりました

私の場合は、予約してから1営業日で行先が大分に決まりました。弾丸だから日帰り扱いなので、効率的にまわるためにはやはりレンタカー必須かなと思っています。となると、燃費のいい車を早めに予約して…とブッキング結構楽しいです。ホテルが無い分、超簡単だし。

ちなみに今回はトヨタレンタカーでしたが、下のクラスだとハーツゴールドやそのほかのクレジットカードなどの割引が効かないところが、 JAL さんのサイト経由だと割引が効いて少しだけお得になりました。

最初にぐちぐちしてた、おまえ女性エンジニアじゃないからこの週末このイベントで仕事しなくてもいいよっていうことに対するネガティブな感情が結構吹っ飛びました。旅行ってやっぱりすごい!

「落ち込んだりもしたけれど私は元気です」そんな感じ。(何かが違う)

デジカメの整備をちゃんとして気分も身軽に動けるようにまずは宿題の原稿仕事早く仕上げないと…と考えていました。ご迷惑をおかけしているので、いろいろごめんなさい。

というわけで、直近まで何が起こるかわからないので、ここでは予告だけ。

 

本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

Teams の通知をメールで行う方法

いきさつ

Teams 使ってますか?Office 365 の使えるライセンスがあるのであれば、是非使ってみてください。

さて、本題。会社で、組織またがる特別編成チーム的なのでお仕事したりするときがあるのですが、その時に、チームの人がひとこと「Teams 便利なんだけど、常に起動してないから更新あるときだけメールで受け取れないかな」といったのです。そりゃそうだなぁ。業務によってはSkypeやTeamsのような常駐するタイプで随時情報が提供されるツールを使うのがちょっと難しい人もいる。

簡単だけど備忘録がてらまとめてみました。(手抜き)

 

手順

左下の設定→通知を開きます。

通知設定(デフォルトだとバナー)をバナー&電子メールに変更します。

2017-02-20_17h36_32

本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。