【書評】服を着るならこんなふうに

書評という名の読書感想文シリーズです。この本は、知人で IT 系のハードウェアメーカーに勤めてる I さんが twitter  で参考になるよと言っていたので、男性向けの漫画だと知りながら Kindle で一気に購入しました。内容はタイトルの通り服を着るならこんなふうにといったコツを男性が理解しやすいロジックとしてまとめているもので、お金をかけなくてもおしゃれはできるというのをきちんと説明しています。

 

なぜ、この本を紹介したくなったかというと、こじらせ女性エンジニア外資系OL的にいうと、IT系技術職に従事されていらっしゃる殿方は一部の例外を除いて服装のセンスがあまりありません。たまに女性でもだらしない恰好(マキシスカートやダボダボなTシャツ、露出狂と見まがう肌見せラインやミニスカートなど)でうっかり会社来ちゃったりするケースもありますが、たいていの場合職場の年配のお姉さまがたから指摘を受けて、TPO (Time Place Occasion) という言葉を理解するにつれて酷い服装で来る確率はかなり減るものですが、男性はこの限りではありません。スーツ以外の服装は破壊的にセンスが無いケースも散見されます。代表的なアイテムがチェックのネルシャツ、冬場のボーダーセーター、長袖に半袖を重ね着するなど。そんな危機的状況ですが、この漫画で紹介されているポイントを抑えると誰でもお金をあまりかけずとも素敵になれるのです。結構、ユニクロ推しが多い内容ではありますが、女性が見てもアイテムの使いまわしに良いかもしれません。

 

ちなみに、私はかつて小娘時代にお気に入り+お気に入りボーダー+チェックという酷い着こなしを行って姉に縞チェックと揶揄されて以来、トラウマになっており服装を選ぶときはやや慎重になっています。毎朝、天気予報で気温を確認した後で、予定表を見ながら来客の有無や来客に合わせてキーアイテムを一つ決め、それに合う着こなしを画像検索や Oggi のコーディネートを元に自分の手持ちのアイテムから選ぶということをやっていたりします。( Oggi は20代向けの雑誌ですが、コンサバな OL らしい着こなしが多いのと、アイテムがどう考えても高価で20代で購入が難しいものも散見しているので参考にするのには適していますよ。)たまに季節やアイテムによってアイシャドウの色変えたり、バッグや靴を変えたりというのもね。実はスニーカー&リュックで通勤してはいますがパンプス持参の日も多数あったりします。ここ数年はあまり高いアイテムを購入しても2~3年でダメになるので適度にファストファッション+海外でうっかり買ったアイテムという感じが多いです。

 

気になる方は上の画像サムネイルが購入リンクになっていますので、どうぞ。

本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中