【de:code2017】パスワードあてチャレンジにご協力ください

はじめに

このブログエントリーは、 5月23日、24日の2日間で開催される、de:code 2017 のセッション SC13 ログ管理で向上させるセキュリティで使用するデモ環境の構築方法についての備忘録がてら書き起こしたものになります。今回、Azure Active Directory のログを分析したいのですが、私ひとりだとあまりリアリティのあるログが取得できないので、ご協力いただけるかたを募集させていただきます。

パスワードあてを行うことで、ログインに失敗すればするほどログが残るのを狙っています。

 

パスワードあてチャレンジについて

参加手順は簡単。

1.サイトにアクセスします

In Private Browsing もしくはシークレットウィンドウ等を使うのを推奨します。

http://japarifriends.azurewebsites.net/

 

2.フレンズとしてログインを試みます。

ユーザー (前に誰かが試していると、ロックアウトされ15分待つ必要があるということだったので増やしてみました。)

lucky@japaripark.onmicrosoft.com

serval@japaripark.onmicrosoft.com

alpaca@japaripark.onmicrosoft.com

パスワード あててください。(セッションやイベントにまつわる言葉をもじったパスワードになっています。意外と簡単にあたるかも。)

2017-05-01_12h52_46

 

パスワードを当ててくださった方、先着で何か個人的にささやかなプレゼントを差し上げたいと思いますので、twitter 経由でご連絡をくださいませ。

その際に、ログイン後に表示される画面のスクリーンショットを忘れずに添付してください。

 

本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

広告

【書評】Windows コンテナー技術入門

書評と言う名の読書感想文シリーズです。

日本の IT 業界を牽引するトール界の重鎮である、真壁さんの著書です。

Kindle の白黒表紙で見ると、醤油のボトルに見えることから醤油本という異名もついている書籍です。

技術は日進月歩ですが、書籍はそのスナップショットダンプとしてかなり有益なものであると言えます。本書もそのスナップショットダンプとして、執筆時の Windows をとりまくコンテナー技術をわかりやすいスクリーンショットを交えて紹介している入門書です。

コンテナーという概念と、メリットデメリットは常に開発者、運用者、インフラエンジニア(この場合は環境を準備する側という位置づけ)議論され続けている内容です。更に一般に出ている書籍の大半は Linux のコンテナーに関する内容が主になっており、Windows コンテナーにスポットライトが当たっている本書はきわめて珍しい書籍とも言えます。

執筆時と書いているのは、当時の最新版である Visual Studio 2015 は現在では既にサブスクリプションを所持している方のみダウングレードで入手可能だったりするので、個人で検証環境をという方には違いをどこかで乗り越えてもらう必要があります。

この類の日進月歩でエンハンスが続いている技術書籍は出版された時点で鮮度がどんどん落ちていきます。

できるだけ早いうちに手にとってご一読されることをお薦めいたします。

 

ちなみに、、、購入される場合は下記リンクを使ってくれてもよいのよ?(と書いておく)

http://amzn.to/2piV3pT

 

参考リンク

旧バージョンの利用 過去のバージョンの Visual Studio を利用するには

https://www.microsoft.com/ja-jp/dev/2012/product/downgrade.aspx