PCを買ってきた話

気が付けば、5月が終わりかけています。気候だけ考えればもう梅雨というか夏というかジメジメ蒸し暑くて体調管理がなかなかうまくいかない、そんな時期だなという体感でした。

今月、そこそこ急に決まった出張でアメリカに行っていたのだけど、その時は下調べが甘くて、先日発表された Surface Laptop でもほしいなと思っていたのですが、6月発売だったのでその夢もかなわず。実機に少し触れてみる程度で、Microsoft Store に足を運んだのでした。

その時点では、愛用中のXPS13(日本未発売スペックの16GB RAM/ i7/1TB SSD/US Keyboard/Touch Display)に特別な不満はなく、強いてコメントするとType-Cのドングル(DA200)が使えないことが多いことぐらいで、ドライバのリリースタイミングが私の利用状況と合わないだけなのかなぐらいにとらえていて、そのほかはディスプレイが「ミー」って鳴くことぐらいでしょうか。

そのほかに買ったものの最近ほとんど持ち歩いてすらいないYOGA Bookという子もいたのですが、手放そうかなぐらいに思っていたので持っているうちにはらない状況でした。

 

毎回思うのですが、同一スペックでもアメリカの方がPCが安いのはどうしてなのだろうか。

 

特に Microsoft Store で販売されている Signature Edition っていうシリーズは余計なソフトが一切入っていないうえにタイミングが良ければセールに巡り合える。今回衝動買いしちゃった子も同じ状況でした。

XPS13 はなんだかんだいって税込み$2200ぐらいかかったのですが、それでも日本で買うのよりははるかに安くはあがっていたし、日本で販売している限界スペックよりも高スペックだったのですが今回見つけた子がやばいくらい安くて、Portege のX20Wというモデルで内側のカメラがHello対応かつ、トラックパッドに指紋センサーがついており、タッチパネルのゴリラガラスでWacom製のペンつき。キーピッチはXPS13よりも小さいけど、慣れれば大丈夫なレベルでお値段も$1499 のところを15%割引してもらい、税込みで$1400ドルぐらいというお値段。忘れてた。2 in 1 というカテゴリの商品なので、イナバウアーができます。

セットアップ時はかなりファンが鳴く子という印象でしたが、日常使いではそこまでまわらないなという印象です。

充電はType-Cになります。そのほかにUSB3.1が1ポートあるのでDellのマルチドングルであるDA100は使うことができました。(DA100が最強という説は健在。)

現時点での残念なところは充電器がでかく、ケーブルがごついため取り回しが悪くかさばる点です。本体がコンパクトなだけにかなり残念。XPS13でさえ、充電のユニット邪魔だなと思って持ち歩きは互換であるFinsix DARTを使っているというのに、DART C, DART C Cable Onlyは品薄なためすぐに入手することはできない状況です。互換性のあるコンパクトなものを探している最中で、見つかったらまた書こうと思います。

(念のため書いておくと、充電系はスペックが合わないと火災の危険性があるため、持ち歩きのものに限ってスペックをもとに探しているという次第です。)

また、今回、拡張スロットが大幅に少なくなったため、Type-Cで充電しつつ周辺機器とつなぐことができるデバイスを探しています。いくつか友達に教えてもらったのですが、なかなかコストとスペックの両方が合うものが見つからないなぁという印象です。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中