macOS Sierra のゲストマシン作成方法

Apple の macOS  は OSX の頃から、Apple 社製の H/W での VM 作成を EULA 上許可しています。

仕事で検証環境が必要になったのでご老体の Mac Book Air (新しい Mac Book Pro  あたり、そろそろ本気で購入考えなきゃいけないレベルまで来てるのですが、、、コストとの兼ね合いもあるが、欲しくなる端末が出てないという酷い状況です。)ともあれ、 mac OS Sierra のゲストマシン作成の手順を備忘録がてら残しておきます。今回は画面キャプチャ無しで細かい手順はなしです。

 

前提環境

macOS Sierra 10.12.5 (macOS Sierra にアップグレード対象の端末であれば何でも。)

VMware Fusion Professional Version 8.5.8 (5824040) (最新のほうがいいです。Professional である必要はありません。)

1. インストール媒体の準備

App Store で macOS Sierra  のダウンロードを行います。デフォルトではダウンロードパスは/Applications/Install\ macOS\ Sierra.app になります。例のごとく、.app パッケージ内にすべてのモジュールが入ってますので、インストールメディアを作成される場合はここから createinstallmedia を実施するのですが、VMware Fusion にはダウンロードメディアを指定することで直接インストールを促すということが可能な機能があります。

 

2.VMware Fusion での仮想マシンの作成

VMware Fusion の Virtual Machine Library で Add -> New -> Install from disk or image を選択し、前述のパス /Applications/Install\ macOS を指定します。

Create する時に”Unable to create the installation medium” と表示され継続出来ない場合があります。この場合は Utility -> Disk Utility で macOS Sierra のインストール媒体をアンマウントしておきます。

これで仮想マシンのイメージが作成されました。後は macOS Sierra のインストールを画面に従ってひたすら実施します。

 

Fusion は Open Source にでもなったんでしょうか? GitHub にリポができてたのですが、どうやらオフィシャルのものではなさそうです。いい製品で私もずっと愛用しているし、そもそも VMware の社内のフィードバックを元に開発された製品なので、なんとか続いて欲しいものです。

 

参考資料

https://support.apple.com/ja-jp/HT201372

https://github.com/VMwareFusion