【書評】キスの先までサクサク書ける! 乙女系ノベル創作講座 (ジュエルブックス)


誤解されそうなんであらかじめ書いておくと、お恥ずかしながら私は乙女系ノベルというジャンルを知らなかった。先日、TechPub というイベントの折、最近寄稿させていただいているシェルマガことシェルスクリプトマガジンの編集さんが携わったということで興味津々でお借りして読んだだけなんだ。決してそういうジャンルの小説が書きたいと思ったわけじゃない。ということだけ断っておく。(言い訳がましいし、動揺がうかがい知れる)

小説のジャンルならSFでも日本文学でも好きだが、結構読んでいる本はいろいろなジャンルに富んでいる…と思っていたが、このジャンルは全くノーマークでした。更に言うと私はハーレクインも官能小説もなぜあれらがコンスタントに売れるのか理解できていなかった。

特にハーレクインは毎月新刊を予約している人までいたので、中に何が書かれているのかどうしてペーパーバックの普通の文庫や新書とは異なる装丁だったのか全く理解できなかった。

 

それにしても、私が書店員だった学生時代はかろうじてラノベやBLが新しいジャンルとして登場してきていたところだったのだけど、このジャンルはおそらく存在しなかったものでかなり新しいものにあたる。

本書は読み進みやすい分析モデルとなっており、いかに下記の要点で書けばよいのかというのを売れるものをつくるということを生業としている編集の目線で描かれている。

・ストーリーのプロットを組み立てるか

・盛り上がりをどこに持ってくるか

・前提条件をどうするか

・(言及しづらい)アダルトな部分をどう描写するか

 

これらをとってみても、本書が乙女系ノベルのみならず’売るための’商用書籍全般に言えることが描かれている。

要するに買う人が知りたいことを知りたい演出でということなのだが、それが一番難しいということは言うまでもない。

と、難しいこと書いてしまったが、本書はためになる内容が多数含まれているので、一読の価値があるといえる。

 

そして、後半は宣伝。

そんな私が寄稿しているシェルスクリプトマガジンの最新号が発売されました。今回はWSL ではなく SQL Server 2017 on Linux の話をゆるふわに書いています。

ご興味があればぜひ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中