【書評】女子をこじらせて

書評という名の読書感想文シリーズです。

あれだけ、いろんなものを拗らせてる私だったのに、実は大元になっているこの書籍読んだことなかったんですよ。それは本書の装丁による偏見からくるもので、通勤の途中に持ち歩けるようなデザインではないと思っていたからなのだけど、電子書籍とはとても便利なアイテムで表紙なんかお構いなしに携帯やPCで好きな本を好きなだけ読むことができるのですって何を今更な内容を書いておきます。

著者の雨宮まみさんはもう他界されていて、どんなに頑張っても直接お目にかかって著書に書かれていることの真相や裏側のことを聞くことはもうできないのだが言わせてほしい。幼少期から思春期、大人になってからもあれだけ狂気ともいえる文章で表現するほどに拗らせてる割に画像検索で見る近影は美しい方で正直驚きました。特定の記述の箇所は本気で目をそむけたくなる読み飛ばしたくなるぐらいの狂気に近い叫びが含まれていて、回顧録的な状況でそれを搾りだして書き連ねた著者もかなりいろんなものを削ってるんじゃないかと推測しました。

正直なところ、あたしの拗らせているものなんて著者ほど思い詰めているものではないし、自分で乗り越えられないほどの深刻な何かというわけでもない。

それを悟るきっかけになったのが本書だと思う。

 

これを読むきっかけになったのは、最近知人の叫びで仕事に性別なんて関係ないじゃないという内容があって、自分でも思うことがあったからです。

仕事に性別からなんで女子をこじらせてになるのかというのは私の頭の中のリンクポインタの挙動が想像つかないレベルなのが起因だったりします。

自分の回顧録になるけど、女性を全面的に出した媚が嫌いになったきっかけは、小学3年生ぐらいの頃に終わりの会の当番だったMちゃんの間違いを指摘したら泣かれてしまったことだったりします。間違ったMちゃんが泣き出したことにより、間違いを指摘したあたしが悪者になるという構図でその後の人生に於いて数回経験している自己正当性を涙で訴える女というものの片鱗をはじめて経験した出来事でした。

本書では著者がこのような媚を活用できる性格ではないことで苦しみもがいている姿があり共感できましたが、理解できない内容もいくつかあり面白かったです。

性差なく比較的平等に扱われるのはいいとこ中高生までじゃないかと私は思っています。

大学では私は女性が少ない学部にいたので、女であるだけで目立つ存在であることに慣れてしまっていました。女性の多い学校の出身者にわかるように説明すると、学科の授業のほぼすべてにおいて女性の学生は個として認識されており、代返はおろか下手すると家庭事情(出身地や自宅生かどうか、部活やバイト、私の場合は実家から徒歩で通える学校だったので母親との買い物時にインスタントコーヒー銘柄で会話したこと)までいろんな人に知られているのですよ。

逆に便宜をはかってもらい先生の知り合いの家庭教師を直接依頼されることもありました。(当時、家庭教師は協会経由だと搾取されるバイトの典型だったので。)

今でも笑い話として語り継がれているのだが、卒論の提出時に私は帯状疱疹(水疱瘡。相当当時は繊細で弱っていたんだと思う。)を患ってしまっており、提出順とレビュー順序が逆転してしまったことを女性だから優遇されたと同級生が思っていたということもありました。

なので女性であることとそこに紐づくアンフェアな処遇(優遇だけではないので、処遇とあえて書く)に関しては、小娘ながらに体感的に悟り始めたのだと思う。

どの本に出てきたフレーズだったか思い出せないんだけど、新井素子の星へ行く船シリーズで麻子さんというキャラクターが主人公に言うセリフがあって「あたし、お茶くみのプロなの」っていうサイドストーリーが表現していた女性ならではとか女性だからこそできることを極めたいっていう話が結構好きで、どうせなくすことなどできない性差なんだから自分にしかできないことをやろうという考えになってきたのでした。

とはいえ、女性カテゴリでひとくくりにされるのはやはり好きではないです。色々矛盾してる?というわけではなくて、ここは許容できるけどここは出来ないというものです。

本書にもあるのだけど、美人とか女性とかっていうタグ付けによってまじめにやっている人が積み重ねてきたものが無駄になる効果というものはやはりあると思います。

仕事に性別なんて関係ないと理性では思っていても、世の中に性差をうまく利用して媚て甘えることで便宜を享受する存在が蔓延る限りは、まじめにやって積み重ねてきている方が正当に評価されづらいというサイクルは消えてなくならないでしょう。

本書は拗らせてた私にとって、読み返したいとは思わないが一度は読んでおきたかった本という感じでした。

 

一応、リンクはってっておきます。

女子をこじらせて

http://amzn.to/2pGS8b4

【書評】Windows コンテナー技術入門

書評と言う名の読書感想文シリーズです。

日本の IT 業界を牽引するトール界の重鎮である、真壁さんの著書です。

Kindle の白黒表紙で見ると、醤油のボトルに見えることから醤油本という異名もついている書籍です。

技術は日進月歩ですが、書籍はそのスナップショットダンプとしてかなり有益なものであると言えます。本書もそのスナップショットダンプとして、執筆時の Windows をとりまくコンテナー技術をわかりやすいスクリーンショットを交えて紹介している入門書です。

コンテナーという概念と、メリットデメリットは常に開発者、運用者、インフラエンジニア(この場合は環境を準備する側という位置づけ)議論され続けている内容です。更に一般に出ている書籍の大半は Linux のコンテナーに関する内容が主になっており、Windows コンテナーにスポットライトが当たっている本書はきわめて珍しい書籍とも言えます。

執筆時と書いているのは、当時の最新版である Visual Studio 2015 は現在では既にサブスクリプションを所持している方のみダウングレードで入手可能だったりするので、個人で検証環境をという方には違いをどこかで乗り越えてもらう必要があります。

この類の日進月歩でエンハンスが続いている技術書籍は出版された時点で鮮度がどんどん落ちていきます。

できるだけ早いうちに手にとってご一読されることをお薦めいたします。

 

ちなみに、、、購入される場合は下記リンクを使ってくれてもよいのよ?(と書いておく)

http://amzn.to/2piV3pT

 

参考リンク

旧バージョンの利用 過去のバージョンの Visual Studio を利用するには

https://www.microsoft.com/ja-jp/dev/2012/product/downgrade.aspx

【書評】実践CSIRT 現場で使えるセキュリティ事故対応

書評と言う名の読書感想文シリーズです。

こちらの本は、友人が共同執筆していた関係で、ずっと積んでた本。でも、最近、ふとした時にセキュリティ観点でのログ管理の話を仕事でするようになって、そのセキュリティってそもそもどういうのがユーザー企業の情報管理部門として必要なんだっけという議論をしたときに知らないこと多すぎだと思い積んでたリストから今すぐ読むリストに移行したという本です。

この本で解説しているいろいろなこと、すべての企業でできているとは言いがたい内容ですが、理想からいうとできたほうがよい内容なので、目を通しておくといいと思います。

そして、こういう技術が得意な友人がいてよかった。と改めて思いました。

【書評】認められたい

書評という名の読書感想文シリーズです。この書籍、お目にかかったことはないので一方的に存じ上げている外資系OLのぐだぐだ(現在、トイアンナのぐだぐだ)で有名なトイアンナ女史がツイッターでご紹介されていたのが通勤途中の書店で気になって手に取り立ち読みしたら著者の熊代さんも石川県出身ってことで即お買い上げしてしまった本です。

はっきりいってタイトルと表紙が内容の良さをダメにしている本の代表格かと

承認要求について、専門家がきちんと書いている内容なのですが、この表紙とタイトルだとまるで私が承認要求の権化で認められたくてたまらないから本で勉強しているように見えて持ち歩いて読むにあたってちょっと恥ずかしかったです。うまいイラストではあるのですが、少し寂し気で不満げな表情の男女の真ん中に大きなフォントで認められたいって書かれると…なぁ。できればもう少しタイトルと装丁を専門書らしく考慮してほしかったです。

 

例えばこんな経験ありませんか?

私の裏側での貢献で何をしても評価しようとしなかった人が、同僚の人が大したことというか、プロジェクトに名前が載っていたという程度のことしかしていないのに(ほかの人の助けで)目立つことをやって「すごーい!応援してます」ってのをやっていて、嫉妬とかより先に気持ち悪さしか覚えなかったこととか。

当時のことを俯瞰すると、私を評価しなかった人達から唐突に「あなたは、ほめてほしいのよね」っていう気持ち悪い言い方をされたことがあって、違う、それは「ほめてほしい」っていうよりはどちらかというと、「やってることを平等に認めてほしい」ってことだったので、今思えば私は承認要求を拗らせていたのかもしれません。

 

そもそもなんでこの本読もうと思ったかというと、現職のロールのせいなのか社風なのかわからないのですが、前職時代どう逆立ちしても聞かなかった言葉としてアスペルガー症候群(自閉症スペクトラム)という言葉以上に承認要求ということばをよく耳にしまして、更に周囲にいるいろいろな人が日常的に SNS でモるのを生暖かく俯瞰していてなんだかなって思っていたのを心理的にもきちんと理解して自分にもゼロじゃない承認要求とうまくつきあいたいなと思ったからです。

 

確かに SNS って便利で、たとえば4日間のイベントに5分しか顔を出さなくても、かわいらしい自撮り画像や集合写真と共に「最後にみんなで記念撮影!」とか書くとずっとその対応していたかのように盛ることができてしまうわけです。そういう虚飾をいろいろな人が繰り返すのを何度も見てきて、正直なんでこの人たちはこんなに常に自分を盛ることで「どや!すごいだろ!」ばかりやるのかな?実際会えば、よっぽど見る目が無い人以外にはどの部分を盛っているのかぐらいすぐにわかるのに…って思ってきました。そして、その中には会社の中での出来事やインターナルな情報をどうして「所属する団体とは関係のない個人の発言」でいろいろと公にしちゃうのかな、とか会社の中で写真撮るときほかにだれか映ってないかとか確認してから SNS にあげないのかなとか「炎上したら個人の発言でも会社に泣きつくのなんでかな」とかいろいろと生暖かい気持ちになったことがあります。

キャバ嬢さしすせそもしくはけものフレンズ並みの語彙力で、自分に対しての高評価だけをエゴサーチして何度も周囲に目の届くように持っていく形でいつの間にか、自己承認要求を常に満たすことも可能です。この本には炎上を繰り返す人についても記載があり、心当たりのある出来事ばかりだなと思いました。その反面、そういう人たちとうまくやるには常に「すごーい!すごいねー!」と一定の語彙力で承認行為を繰り返していればいいのかなということも本の内容からつかむことができました。嘘は苦手なので、これから偽りの承認行為をうまくできるように修行したいと思います。

 

この本のとてもいいことは、誰にでも程度の違いはあれ存在する自己承認要求とどのようにつきあっていったらよいのかということについて、実際の患者の症例を元にわかりやすい文章で説明されているところです。できることならば、現在、承認要求を拗らせているすべての人たちに読んでもらいたいそんな書籍でした。

 

恐らくこのブログ記事をご覧になった、心当たりのあると思われる方からフィードバックを受けましたが、正直具体性がなく誰のこととも書いていない、批判もリークもしていない内容で一喜一憂しないでいてほしいです。心当たりがあるのであれば、是正していけばいいだけではないでしょうか。読書感想文にめくじら立てられたら言論の自由もなくなりますよね。

それとも、私の粗探ししてレポーティングするのが趣味の暇な方でもいらっしゃるのかしら。

【書評】アジャイルでやってみた

書評という名の読書感想文シリーズです。

こちら、お誕生日に友人から贈られた書籍なのですが、著者の方も直接存じ上げている方や1ホップでつながる方ばかりという読むのに緊張してしまう本でした。

そんな先入観はさておき、内容は前半がストーリー形式でアジャイルにはじめて取り組む開発グループのメンバーのやり取りを通してアジャイル開発とは何か、どういうところに気を付けるか、どういうところに陥りがちかということを楽しく学んでいけるものです。

この本何が素敵かというと、私が現職で触るようになって、その機能の多さからかすべてマスターしきれていなくて、いつも必要に応じて周りの人から教えてもらっている VSTS = Visual Studio Team Services の機能(知ってるものも知らないものも)の具体的な利用法も組み込まれててすごく役に立ちました。

恥ずかしげもなく書くと、入社当時はVSTS って昔の Visual Studio Source Safe の SaaS ?ぐらいにしか認識なかったんですが、何度かハッカソンやHackfest で利用するうちにこんなに便利なツールなら使わない手は無いなと思うようになりました。(当時、いろいろ勘違い酷くて、ツールチームの同僚の方には呆れられてたことだと思います。少しこそばゆい恥ずかしさありますね。)

この本にも明記されてるんですが、マイクロソフトのイメージが昔である人にこそ、このツール使ってほしいと思っています。

もちろん、OSS やフリーウェアにはそれぞれの良さがあるのですが、開発の現場で開発のリポジトリ管理やステージング管理、テスト管理のインフラ構築といったいわゆる余計なところに手を出す必要は無いのではないかと。

そんなしょうもないことで「くそっ!インフラエンジニアめ!」とは、開発者の人に絶対言われたくないですからねぇ。

さて本題にもどると、この本の後半は完全にリファレンスになっています。VSTS は SaaS なので UI とか少しは変わってるかもしれませんが、日本語で読める解説としては武田さんの公開してるドキュメントに匹敵するクオリティで、書籍だから職場の図書費として清算しやすいのもメリットのひとつかもしれません。

開発の現場に1冊は置いておいたらいいんじゃないかなと思いました。(その前に VSTS 使ってねってのが先ですが…)

【書評】旅猫リポート

書評という名の読書感想文シリーズです。通勤の途中で通りかかった書店で面置されていたので有川浩さんの新作かな?と思い立ち文庫版を購入しました。

アウトプットを継続するためにはインプットも倍以上必要だと考えるので、そのきっかけになるかなと思い立ち、積んでた本を押しのけて読みふけってみました。

文章は相変わらずの読みやすい感じ。話題はノラの主人公(の猫)とその飼い主(というか拾った人)の不思議な旅を通じて、飼い主の過去を見ていく回顧録のような流れです。川村元気さんの「世界から猫が消えたなら」重松清さんの「流星ワゴン」に少し通じる終焉を感じるお話です。

ネタバレしないように感想が書けるかなと思いましたが、ほぼ無理なんでちょっとだけ内容に触れると、ネコと犬の違いにも触れてる内容で、会ったこと無いけどこの主人公がどんな人物でどういう育ち方をしたのだなというのが想像しやすかったです。

絵本や児童向けとしても出ているのですが、恋愛やそのほかの細部のニュアンスは大人にならないと理解が辛いのじゃ無いかなと思いました。私にとって子供の頃に親戚のお姉さんが読んでたのがきっかけで出会った新井素子さんの本同様に、繰り返し読むのもいいと思います。

【書評】服を着るならこんなふうに

書評という名の読書感想文シリーズです。この本は、知人で IT 系のハードウェアメーカーに勤めてる I さんが twitter  で参考になるよと言っていたので、男性向けの漫画だと知りながら Kindle で一気に購入しました。内容はタイトルの通り服を着るならこんなふうにといったコツを男性が理解しやすいロジックとしてまとめているもので、お金をかけなくてもおしゃれはできるというのをきちんと説明しています。

 

なぜ、この本を紹介したくなったかというと、こじらせ女性エンジニア外資系OL的にいうと、IT系技術職に従事されていらっしゃる殿方は一部の例外を除いて服装のセンスがあまりありません。たまに女性でもだらしない恰好(マキシスカートやダボダボなTシャツ、露出狂と見まがう肌見せラインやミニスカートなど)でうっかり会社来ちゃったりするケースもありますが、たいていの場合職場の年配のお姉さまがたから指摘を受けて、TPO (Time Place Occasion) という言葉を理解するにつれて酷い服装で来る確率はかなり減るものですが、男性はこの限りではありません。スーツ以外の服装は破壊的にセンスが無いケースも散見されます。代表的なアイテムがチェックのネルシャツ、冬場のボーダーセーター、長袖に半袖を重ね着するなど。そんな危機的状況ですが、この漫画で紹介されているポイントを抑えると誰でもお金をあまりかけずとも素敵になれるのです。結構、ユニクロ推しが多い内容ではありますが、女性が見てもアイテムの使いまわしに良いかもしれません。

 

ちなみに、私はかつて小娘時代にお気に入り+お気に入りボーダー+チェックという酷い着こなしを行って姉に縞チェックと揶揄されて以来、トラウマになっており服装を選ぶときはやや慎重になっています。毎朝、天気予報で気温を確認した後で、予定表を見ながら来客の有無や来客に合わせてキーアイテムを一つ決め、それに合う着こなしを画像検索や Oggi のコーディネートを元に自分の手持ちのアイテムから選ぶということをやっていたりします。( Oggi は20代向けの雑誌ですが、コンサバな OL らしい着こなしが多いのと、アイテムがどう考えても高価で20代で購入が難しいものも散見しているので参考にするのには適していますよ。)たまに季節やアイテムによってアイシャドウの色変えたり、バッグや靴を変えたりというのもね。実はスニーカー&リュックで通勤してはいますがパンプス持参の日も多数あったりします。ここ数年はあまり高いアイテムを購入しても2~3年でダメになるので適度にファストファッション+海外でうっかり買ったアイテムという感じが多いです。

 

気になる方は上の画像サムネイルが購入リンクになっていますので、どうぞ。

本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。