そういえば、vExpert の6年目いただいていましたよ

26463455195_6e4e782c65_z

こじらせ女性エンジニア外資系OL的に。3月3日は桃の節句です。

まだ私がいろいろ拗らせる遙か昔、幼少の頃、姉と共有で17段の立派なひな人形を飾ってもらっていました。3歳くらいの頃には父親のFM7で遊ばせてもらっていたので、既に拗らせる前兆はあったのですが、それはまた別の話。別の時にでもご紹介しましょう。

さておき、タイトルの件ですが、去年もう申し込まないって書いていたのですが、自分の予想が的中しているのかを知りたくて懲りずに申し込んだところ通ってしまいましたわーい!すごーい!せっかくだから有効活用したいので、それに併せて VMTNJ や myLearn のアカウント復活を依頼しています。まだ、メールアドレス変更できない状況でログインできない状態にされていますが、未だに一番のポイントゲッターというところにもう少しでいいからコミュニティが盛り上がっても良いのでは無いかと部外者ながら考える次第です。わーい!すごーい!

いくつかのスレッドに対しては、答えが即答できそうなのに回答もできなくて、ちょっと歯がゆかったです。

community__japan___vmware_communities

未だに元中の人でその後他社でご活躍されていらっしゃる方がランキング上位にいらっしゃるのも少し寂しい限りです。

gowatana さんは相変わらずご活躍されていらっしゃるので、人ごとながら少し安心しています。そろそろこちらではなく TechNet forum あたりでもご活躍いただいてもよいのですよ?とわがままを思っていたりいなかったりして。

そうそう、現職の職場で大々的に報告しないのは、このようなこともありますが VMware から来た人呼ばわりされるのも、仮想化に強い人呼ばわりされるのも本質的に居心地が悪いことからだったりします。まだおまえはよその人だよぐらいな聞こえ方しますよね。

 

 

わたし、そろそろ現職での特徴出した方がいいのですかね。ゴリ押しニックネーム、まだ募集してますのでご安心くださいませ。

元々ひけらかす性格じゃ無いのは知り合いの皆さんならご存知だと思いますが、流石に今回のような自分はほとんど何もやっていないのに過去の自分の貢献の貯金で今年も受賞しちゃったことをひけらかすことはできないなと素直にとらえております。

いずれにしても、アワードプログラム内で AWS の資格とりましょうとかきているので、どこを目指しているのか老婆心ながら少し心配ではあります。

 

とにかく、去年ブログ数回程度でしか貢献できていないので、来年こそだめだろうなと決め台詞を書いておきます。

本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

どこかにマイルで弾丸ツアー

いきさつ

ことのはじまりは、とある週末に本業(外資系 OL です。この後の文章と矛盾するかもしれませんが Office Lady ですわ。)で外部団体と一緒に技術に縛られない女性エンジニアの輪を形成するイベントを開催するそうで、気づけば私以外の同僚で同じロール(女性エンジニア)の人が全員参加予定だったわけです。中には、こういうのがロール上の本務じゃない方も含まれてたりもして…なんだか超ハブられてるようで感じ悪いわって感じた始末。

そもそも論になっちゃうのですが、私は女性エンジニアって属性で括られるのあんまし好きじゃなかったなとか、多分エンジニアって名乗るにはハブられる程度には技術力や知名度が足りないんだろうな(そもそもよくも悪くも炎上したりしないから知名度はないからご指名来ないですよね…)とか、そもそも女性の集団って苦手だったなとか、30分いたイベントを終日いたように盛って見せる技術もないなとか、コーディング得意じゃないなとかいろいろぐちぐちネガティブになりつつ。そんな大人げないやり場のない気持ちから腹いせ(やーい休日なのに仕事してるー!こっちは楽しんでやるぜー!)がてら、ネガティブな気分を吹っ飛ばすために最近行ってなかった弾丸ツアーに出ようということにしました。

しかし予定していなかった旅行なため、軍資金はほとんどなく。更にマイレージを確認すると、去年台湾2回も行ってるから ANA はどこにも行けないレベル。でも、JAL はありました!(生活費をJAL カードに寄せておいてよかった。)でも、本当は7月くらいに eJAL 変換して軍資金にしてから、どこかちゃんと海外(ヨーロッパかな。それも経路とホテル考えなきゃな。)に行きたかったりもするので節約しなきゃと思い、どこかにマイルを使うことにしました。

 

どこかにマイルとは

往復6000マイルで国内のどこかに行けるというプログラム。詳細はこちら。わかりやすく書くと、日程と時間帯だけ入力するとランダムで4つ行先の候補出してくれてその中から行先が決まるというもの。行先がガチャだと思うと結構ワクワクしてくる。

私の場合、4つの候補がそこそこ気に入るものになるまで4回ほどリトライしました。寒いのが苦手なのと小さな機体が苦手だったので自分のつたない知識で飛んでる機体や気候を思い浮かべながらいろいろ候補地を見ていくとガチャを連続で回してアイテムもらう気分と同じ高揚感があります。

結局妥協できた候補地は、山口宇部 松山 広島 大分 で、それぞれに対する私の意識はこんな感じでした。山口はちょっと自信ないけど、それ以外はブラタモリで予習可能なエリア。

  • 山口宇部 行ったことが無い。友人が住んでるので名所は聞いてみたい。
  • 松山 道後温泉と城は行ったな、、、ま、2回目でもいいか。
  • 広島 まともに行ったことない。宮島とかトライしたい。
  • 大分 湯布院しか観光したことがない。別府行ったことないし、地獄とか絶景パワースポット探すか。

 

行先きまりました

私の場合は、予約してから1営業日で行先が大分に決まりました。弾丸だから日帰り扱いなので、効率的にまわるためにはやはりレンタカー必須かなと思っています。となると、燃費のいい車を早めに予約して…とブッキング結構楽しいです。ホテルが無い分、超簡単だし。

ちなみに今回はトヨタレンタカーでしたが、下のクラスだとハーツゴールドやそのほかのクレジットカードなどの割引が効かないところが、 JAL さんのサイト経由だと割引が効いて少しだけお得になりました。

最初にぐちぐちしてた、おまえ女性エンジニアじゃないからこの週末このイベントで仕事しなくてもいいよっていうことに対するネガティブな感情が結構吹っ飛びました。旅行ってやっぱりすごい!

「落ち込んだりもしたけれど私は元気です」そんな感じ。(何かが違う)

デジカメの整備をちゃんとして気分も身軽に動けるようにまずは宿題の原稿仕事早く仕上げないと…と考えていました。ご迷惑をおかけしているので、いろいろごめんなさい。

というわけで、直近まで何が起こるかわからないので、ここでは予告だけ。

 

本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

Windows 10 のマシンで Apple 純正の DVD ドライブを使う方法

はじめに

ちょうど1年近く前に、こんなブログエントリを書いていたので、見返すと少し近況が異なってるなぁと。

あれから数か月後に使っていた Surface Book は借り物だったので、持ち主の依頼で急遽3営業日で返却することになり、メイン機で迷っていたら XPS 13 の日本国内では販売されていないとびっきりハイスペックモデルである CPU/i7, RAM:16GB, SSD:1TB で英字配列キーボードモデルを比較的安値で入手することができたので、そちらをメインにしています。

それでも、Mac Book Air はまだかろうじて macOS Sierra の動作対象モデルなので周辺機器併せて捨てずに持っています。

先日お仕事で、DVD のリッピングできないかしらとご相談を受けたので DVD ドライブを使ったときのことを手順がてら書いておきます。

設定前は、設定→デバイス→接続中のデバイスでは MacBook Air SuperDrive と表示されていますがドライブとして操作できてませんでした(´・ω・`)

2017-02-14_09h09_19

ドライバの入手

ドライバは Apple のサイト(https://support.apple.com/ja_JP/downloads/boot%2520camp)から入手可能です。

2017-02-14_08h49_54

執筆時現在での最新の 5.1.5769 をダウンロードします。

ダウンロードしたドライバの中の bootcamp5.1.5769\BootCamp\Drivers\Apple にあるAppleODDInstaller64.exe をインストールします。

2017-02-14_09h07_44

2017-02-14_09h11_342017-02-14_09h11_402017-02-14_09h11_51

インストール後に見てみるとドライバとして認識しているようです。よかった。

2017-02-14_09h12_34

これで、Apple 純正の周辺機器がまたひとつ Windows マシンでも流用できるようになりました。

本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

一筆書き乗車券でラウンドトリップ

私が鉄道よりも航空機が好きなのは知り合いならほぼみなさんご存知の事実なのですが、最近知り合った方に多い会話が「出身どこ?」「北陸の金沢。」「新幹線ができて便利になったでしょう?」という一連の流れ。

飛行機でしか帰省したことが無いし、むしろ飛行機の需要が減ってしまい中型機しか飛ばなくなってしまって残念に思っているという話をすると大抵北陸新幹線に乗ったことの無いかわいそうで変わっている子を見るまなざしが返ってくる(被害妄想)ので、一度は乗っておきたいなと思っていました。

偶然先日、出張にプライベートを追加する形で帰省+αで富山に行ってきましたので、鉄分に関する情報を共有しておきます。

電車に関する知識が間違っていたら遠慮無くご指摘くださいませ。

ポイントは下記になります。

1.乗車券は限りなく長距離をひとふでがきになるように購入する

2.特急券は必要な区間を必要なだけ

3.金沢ー富山の在来線はJRではない(新幹線はJR)

では、ひとつひとつ解説しましょう。

 

1.乗車券は限りなく長距離をひとふでがきになるように購入する

いろいろな人が書いているのですが、乗車券と特急券は分けて購入が可能です。

今回出張先は大阪。大阪に2泊した後に金沢に移動。1泊して富山に行ってから帰京するという予定でした。

往路は通常であれば、東京(都区内)ー大阪(近郊区内)の切符を東京ー新大阪の特急券と一緒に購入します。エキスプレスで一括購入していました。(下図グリーンの区間)

今回は乗車券を品川駅のみどりの窓口で購入しました。特急券はエキスプレスで購入可能です。

乗車券が特殊なので、同時に改札に通すとおかしくなる可能性があると言われたので機械改札は一切通っていません。

往路の乗車券は、東京(都区内)から山科(京都の手前)を回って湖西線経由で北陸本線を通って新幹線経路で東京(都区内)になるきっぷを購入します。(下図の青い区間)

山科から大阪までを別に準備します。(下図の黄色い区間)

blank

乗車券というのはひとふでがきで長距離購入すると途中下車の有効期間が長くなります。

%e4%b9%97%e8%bb%8a%e5%88%b8%e3%81%ae%e6%9c%89%e5%8a%b9%e6%9c%9f%e9%96%93%e2%94%82%e3%81%8d%e3%81%a3%e3%81%b5%e3%82%9a%e3%81%ae%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%ab%ef%bc%9ajr%e3%81%8a%e3%81%a6%e3%82%99%e3%81%8b

https://www.jr-odekake.net/railroad/ticket/guide/02a.html

今回は7日間有効な切符となりました。

残念ながら、JR東海のみどりの窓口ではこの乗車券が山科ではなく京都ー大阪だけ購入すればいい解釈になっていることがありました。確かに、新幹線は途中下車できないためこの理屈通じそうなのですが、、、大阪駅の改札で説明され、切符途中で買い足すという複雑なことになったのでせめてみどりの窓口はちゃんとしてほしいなと思いました。

 

2.特急券は必要な区間を必要なだけ

今回の特急券は新幹線に乗る東京ー新大阪(上記グリーン区間)及び、大阪ー金沢(上記オレンジ区間)、富山ー東京(上記赤区間)となります。

3.金沢ー富山の在来線はJRではない(新幹線はJR)

今回最大の誤算は金沢ー富山の在来線はJRではないため、在来線でこの区間を移動することは途中下車の乗車券ではできないというものでした。

この短い区間に新幹線特急券を購入すると結構高価なので、車で移動することにしました。(ありがとう。お母さん。そして朝から車運転することになるとは予想してなかったよ。)

 

弊社の旅費精算のガイドラインとして、私用区間は差額を自己負担ということだったのもあってこのような出張を起点としたラウンドトリップが数千円の自己負担可能でした。

それでもルール(ラウンドトリップ、オープンジョー、トランジット、サイドトリップなど)のわかりやすい飛行機のほうが好きだなとしみじみ思う結果となりました。

 

本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

【書評】職場の心理学

書評という名の読書感想文シリーズです。

通勤途中に東京駅の中の本屋さんで面置されてて、気になって速攻購入しました。更に今読んでたどの本よりもプライオリティをあげて読書してみました。職場では誰でも人間関係でストレス抱えると思うのです。私も例外じゃ無く、いろいろな悩みを日々抱えています。この本は、”日経ビジネスAssocie”の記事抜粋ムックなのですが、内容やレベル感もとても読みやすく編集されていました。

気になる記事については著者のプロフィールから書籍を探して購入とかできるので更に読む本が増えたのは嬉しい悲鳴というか何というか相乗効果という奴ですね。

アンガーマネジメントやアドラー心理学に近い要素もふんだんに入っており、読み進めるとすぐに実践しようと思う内容でいっぱいで、間隔を置いてからきちんと自分で見返すというワークを含めて何度かつかえそうな内容でした。

自分自身が知らず知らずのうちに、周りにストレスを与えてる「かまってちゃん」や「攻撃型」になっていないか真摯に受け止めるよいきっかけになりました。

結局、合う・合わないもあるし、相手に期待もするから悲しい気持ちになるし。

運とか努力とかいろいろあるけど、どうしようも無いものはあるし。

価値観というものもあるし。。。ってグダグダとストレス溜まりそうになったら振り返るようにします。

こちらが一喜一憂しているほど、相手は思ってないでしょうしね。

 

P100 の相づちサンプルにあるような、わーい!すごーい!たのしー!(言い方のTPOは大人なのでわきまえておりますのでご安心なさってくださいませ)を連呼できるように、心がけようと思います。

ということで健全な働き方ができるように改善したい職場の人間関係というものについて少しだけ、チャレンジ可能な具体例があるいいムックでした。

気になる方は下記のリンクからご購入くださいませ。(次に私が読書するための糧となります。)

そうそう、そろそろ私も「ゴリ押し可能なニックネーム」やキャッチフレーズでも募集しときますね。

最近同僚の人とかで、「○○って呼ばれてます(からその名前でググってね。からそう呼んでね。)」のようなゴリ押しのコミュニケーションを何度かビジネスシーンでみかけていて、私もそろそろ何かをゴリ押ししてもいいくらいの人生における修行を積んだかなと思いたっての行動となります。

いいニックネーム思いつかれたら教えてください。なお、採用する、しないは私の独断と偏見によります。

ちなみに、会社でのエイリアスはニックネームですら無いので、採用の予定はございません。

台湾で数年前につけてもらったRebecca はベッキーという愛称に少し難があるため、採用の予定はございません。

【ドラマ評】drop dead diva

職場の人に教えてもらって一気に見始めたら止まらない海外ドラマ。
邦題が「わたしはラブリーガル」というイマイチな感じだったのでこれまで見なかったのですが、見たら面白い。
LAを舞台の法廷コメディっていうジャンルかな。
法廷コメディというと古くはAlly Mcbeal(邦題、アリー my Love とか)同じDavid E Kelly のBoston Legal とかありますが、Bostonが舞台なものが多いのですよね。

LAが舞台っていうのもあってPaula Abdulとか豪華なゲストがたまに出てきます。
最近のOn Demand 配信のドラマは英語字幕もできるので語学勉強にもなるかと思います。

 

【ドラマ評】わたしを離さないで

書評という名の読書感想文シリーズに続いてドラマ評という名の感想文。
ドラマは海外派の私ですが、前のクールの時だったかな。正直覚えていないのですが連続ドラマで1話も見ずに録画していた作品。
1部目だけを見ようと見始めたら、つい終わりまで一気に見てしまいました。なんて現実逃避なんだろうとか考えたのは別の話。

この作品、臓器提供のためだけに存在するクローン人間の生い立ちから青春、そして終焉までを描いている。

連続ドラマだから伏線を見逃しがちだけど、1度に見るとふりかえっていろいろなシーンの交錯、どれが誰なのかがよくわかると思う。(1話目は少し伏線としては矛盾していた気がしますが)

臓器提供クローンと言えば、映画アイランドが有名だけどそこにあった希望や勧善懲悪的なスッキリするような気分は全く無い。もうひとつ、臓器提供のための子供を飼育(決して保育とか養育と言えない)している話と言えばウロボロスもそうだけど、ウロボロスにあったコメディ部分や恋愛的なものも無い。全体的に暗い感じでそして「希望の無い終わり」でした。

主人公をとりまく女性特有の友情に見せかけたマウンティングだとか、見栄だけのために好きでも無い男に媚びる女だの(同一人物)いろいろなニュアンスが入っている。

原作にあったのかわからないが、すべてに達観している友人やマウンティングに耐えるタイプの友人とかいろいろ女性社会をよく描いていらっしゃる。

ドラマ全体の演出だろうが、幼少期育った環境には色が少ない。衣類はグレーやベージュ・茶色であるところが、学校の教育として芸術に力を入れている割に無性に気持ちが悪い。

ストーリー展開はとても引き込まれる内容で、胸が締め付けられる苦しさがあった。

現実逃避にはもってこいのSFでした。

 

原作や映画とは異なるように日本風味に味付けされているらしいということを後で知った。
原作の小説も読んでみたいが、きっとこれも原文がいいだろう。