ミホバルを開催しました

子供の頃のあたしは、夏が来るたびに浜茶屋をやっていたおじいちゃんちに行って、お手伝いをしていた。思い出を美化する気はないが、田舎の手作り感あふれる浜茶屋でのお手伝いは、飲食店事業に対するささやかなあこがれぐらいにはなっていたのだと思う。その時に、若干ぼったくりだなぁと思っていたのは内緒。利益率を相当あげていたとしても、僻地であれば対価が支払われるというを幼いながらに悟った。(かわいくない子供。)

大人になって、日々の生活に忙殺されてこういうの忘れかけていたのだけど、なんとなく老後は脱サラして小料理屋をという野望ぐらいは消えない程度にあって。それでも飛び込むほどの資金もノウハウもない。あるのは趣味の家庭料理のノウハウぐらい。実は思春期の頃、本気で辻調理師専門学校の願書取り寄せたら、調理師だった母親に、調理の仕事は人生においていつでもできるから、大学に行くことをやめてまですることじゃないと諭された過去がある。

さておき、タイミングもよく行きつけのお店だった店舗が、スペースマーケットで出ていたり、ゆうこりんさんがスナックゆうこを実施していたりというのもあったりして、試験的な実施に踏み切りました。

 

最初、Facebookで伺い立てた時には、驚くほどのレスポンスやいいね!がついたのだけど、さすがに試験実施にあたって大量の人数を捌くのは無理があると思い、初回は店舗に入る人数の半数ぐらいでホームパーティスタイル(完全非営利)で1日限定イベント、ポップアップストア実施することにしました。

結果としては、いろいろ反省点はあるものの、初回にしてはよかったと思います。

実際のプランはこんな感じ。

・会費制(会費には場所代+料理代金を含む)

・お酒、ソフトドリンクは参加者持ち込み。(好きなものを好きなだけ)

 

お料理

・パテ(ポークリエット、カポナータ)、ドライイチジク、ルヴァン、いぶりがっこ(お土産+自作)、クリームチーズ、燻製ナッツ、スモークチーズ

・野菜のグリル

・ポテトサラダ

・松前漬け

・きゅうりのサラダ

・トマト&モッツァレラチーズサラダ

・サーモンのグリル by ANOVA

・エビのグリル by ANOVA

・ローストビーフ by ANOVA

・アボカドディップ

・適当野菜炒め

・肉骨茶(大根いり)

 

反省点

・下ごしらえをもっと行っておいて料理をすぐに出せる体制にしておくべきだった。

・洗い物をしていると調理ができないっていうサイクルがあるので、もう1人くらい運営側にいたほうがいいと思った。

・料理に脈絡がなかった。もっと全体構成を考慮すべきだった。

・デザートにシャーベットぐらい準備しておけばよかった。

・材料費の勘定がうまくできてなかったので、会費をもう少しとってもよかったかも。

 

今回いらっしゃったすべての方、本当にありがとうございました。

なかでも最後の最後にお片付けまでお手伝いくださって助かりました。

今回の反省点を活かしてまた企画していって、将来的には刑事さんがたまに愚痴りにくる小料理屋 ”花の里” やなんでも ”あるよ” と一蹴できるようなユニークな店舗の出店を目指してまた練習したいと思います。

繰り返しになりますが、みなさまありがとうございました。

広告

【ぼくのなつやすみ2017】Eat, Pray, Work part.2

2017 Hawaii//embedr.flickr.com/assets/client-code.js

さて。Part.2 では航空券について触れてみましたが、なつやすみは比較的お金を使いたくなかったのでホテルはポイント利用を一番最初に検討しました。ということで、バケーション4日間のうち前半2日はハワイ島をポイント利用で、残り2日はワイキキのホテルを利用しました。

ハワイ島を訪れたのは人生で2度目。

一度目は友人の結婚式に便乗して1週間過ごした際に、日帰りでキラウェア火山やウミガメのいるビーチを観光しました。

今回はのんびりと過ごしたかったのですが、2日っていうスケジュールはやはり短すぎてあわただしいものとなってしまいました。しかも、こちらのバケーション期間お構いなしのお仕事が降ってきたのもあり、かなりストレスフルな日々だった気もします。

それでも、海でマンタを見たり、マウナケア山頂で夕陽や満天の星を見たりすることで非日常を楽しむことができたと思います。
2017 Hawaii//embedr.flickr.com/assets/client-code.js

でも、肝心のEatはハワイは物価だけがやたら高くておいしいものがない印象でした。パンケーキやエッグベネディクトってそもそもハワイの名物じゃないですから、後付けで有名になったものは観光客向けの高価なものばかりでいいものはないという印象。

それでも、Wholefoodsのバイキングを利用したりしてうまくご飯が安くおいしく食べられるそんな生活を送ってましたが、自炊が一番とか思う時点で最近の私の弱気具合が出てるなと思いました。

P7170032//embedr.flickr.com/assets/client-code.js

定番ではあるけれど、コーヒー好きの私としては農場に行って焙煎体験をしたのもいい思い出となりました。

生豆が焙煎とともに膨らむさまと色の変更といい、これからコーヒーを飲むのがとても楽しみになる体験でした。

 

【ぼくのなつやすみ2017】Eat, Pray, Work part.0

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

相変わらずいろんなものを拗らせてはいますが、外資系OLなあたしでも毎年なつやすみぐらいはとるもので。

ふと思い返すと去年のなつやすみは、運よく行けたオーランド出張の直前にお休みをもらって前乗りしてディズニーのテーマパークをはしごするとかいう、入社1年目にしてかなり浮かれた暴挙に出ていたなとか思いだした。

対して今年のなつやすみは、当初の予定では快適な条件で取得した航空券で、大好きな飛行機に乗ってOLからエンジニアへ、人間としての成長を高めるための旅に出るとか考えていたのだけど、そう簡単に思惑通りにコトが進むこともなかったが、ひょんなことからシアトル出張に行く機会をいただいたので、その直前にストップオーバーを付けて過ごすことにしました。

 

行先は、ハワイ。

浮かれた観光地そのものである。

拗らせた私はオアフだけでは物足りないと思い、ハワイ島2日、オアフ島2日という欲張り構成に出た。

 

実は、今回のハワイでのストップオーバーは実は復讐だったりする。

5月にシアトル出張に行く機会があったのだけど、NEXのトラブルにより3時間NEXに閉じ込められた結果、普段であれば成田から直行便で行けるシアトルに経由便で行くことになったのだ。

経由地は、3時間も遅れていれば選べるような良い場所ではなく、ホノルルである。

臨時で決まったトランジットに関して、ストップオーバーのような余裕のある時間などなく。イノウエになる直前のホノルル空港で浮かれた観光客を横目にまだ寒さの残るシアトルにむけた服装を恥じながら数時間過ごすというプレイに甘んじた。(まさに、光のお父さんにあるキャラが気候と違う服装をしていて恥ずかしい!を地で行く感じです。)

今回のストップオーバーはその復讐なのである。5月の時点で、いつか復讐を果たす。近いうちに果たして見せると誓ったそのチャンスが思っていたより早かったということなのである。更に言うと、出張目的は自分がメンターをしているチームが決勝に出るImagine Cupのアテンドだったので、カメラ機材完備で臨むつもりだったので観光をいれて機材の有効活用をするということはいいことに思えた。

そして貧乏性のあたしが懸念するのは宿泊費である。幸い、SPGがマリオットからの移行、グリーンチョイスのかさまし、Uber連携ボーナスなど諸々の小細工によりたまっていたので何泊分かを捻出することができた。

かくてあたしは数年ぶりに、浮かれた観光地でのバケーションを送ることとなった。

 

当然あたしのことだからスムーズに進むこともなく。バケーション直前に仕事で金沢に帰省する機会をいただいたところ、愛用中のOM-D EM5 mk2 のボディがまさかの故障をおこしてしまった。

新宿のオリンパスサービスステーションで、修理依頼を出した時点で出国まで1日もなく。あきらめるべきかと悩んでいたが、オリンパスさんの神対応により出国に間に合うように修理していただくことができた。(おかげでアイキャッチの画像撮れたよ!)

その時のサービスステーションの窓口の方のセリフ「早く修理するからといって手は抜きません。メーカー保証つけられるレベルで完璧な仕上げをします。」というのは紛れもなくものづくりをしているメーカーのプライドを垣間見た瞬間だった。

余談ですが、修理納期を信用していなかったわけではなくバックアップが必要と思ってPL8を購入してしまい、EM5mk2を買った店員さんとまったく同じ人にオリンパスさんの製品梱包の丁寧さを語られたのは楽しい余談である。

PCを買ってきた話

気が付けば、5月が終わりかけています。気候だけ考えればもう梅雨というか夏というかジメジメ蒸し暑くて体調管理がなかなかうまくいかない、そんな時期だなという体感でした。

今月、そこそこ急に決まった出張でアメリカに行っていたのだけど、その時は下調べが甘くて、先日発表された Surface Laptop でもほしいなと思っていたのですが、6月発売だったのでその夢もかなわず。実機に少し触れてみる程度で、Microsoft Store に足を運んだのでした。

その時点では、愛用中のXPS13(日本未発売スペックの16GB RAM/ i7/1TB SSD/US Keyboard/Touch Display)に特別な不満はなく、強いてコメントするとType-Cのドングル(DA200)が使えないことが多いことぐらいで、ドライバのリリースタイミングが私の利用状況と合わないだけなのかなぐらいにとらえていて、そのほかはディスプレイが「ミー」って鳴くことぐらいでしょうか。

そのほかに買ったものの最近ほとんど持ち歩いてすらいないYOGA Bookという子もいたのですが、手放そうかなぐらいに思っていたので持っているうちにはらない状況でした。

 

毎回思うのですが、同一スペックでもアメリカの方がPCが安いのはどうしてなのだろうか。

 

特に Microsoft Store で販売されている Signature Edition っていうシリーズは余計なソフトが一切入っていないうえにタイミングが良ければセールに巡り合える。今回衝動買いしちゃった子も同じ状況でした。

XPS13 はなんだかんだいって税込み$2200ぐらいかかったのですが、それでも日本で買うのよりははるかに安くはあがっていたし、日本で販売している限界スペックよりも高スペックだったのですが今回見つけた子がやばいくらい安くて、Portege のX20Wというモデルで内側のカメラがHello対応かつ、トラックパッドに指紋センサーがついており、タッチパネルのゴリラガラスでWacom製のペンつき。キーピッチはXPS13よりも小さいけど、慣れれば大丈夫なレベルでお値段も$1499 のところを15%割引してもらい、税込みで$1400ドルぐらいというお値段。忘れてた。2 in 1 というカテゴリの商品なので、イナバウアーができます。

セットアップ時はかなりファンが鳴く子という印象でしたが、日常使いではそこまでまわらないなという印象です。

充電はType-Cになります。そのほかにUSB3.1が1ポートあるのでDellのマルチドングルであるDA100は使うことができました。(DA100が最強という説は健在。)

現時点での残念なところは充電器がでかく、ケーブルがごついため取り回しが悪くかさばる点です。本体がコンパクトなだけにかなり残念。XPS13でさえ、充電のユニット邪魔だなと思って持ち歩きは互換であるFinsix DARTを使っているというのに、DART C, DART C Cable Onlyは品薄なためすぐに入手することはできない状況です。互換性のあるコンパクトなものを探している最中で、見つかったらまた書こうと思います。

(念のため書いておくと、充電系はスペックが合わないと火災の危険性があるため、持ち歩きのものに限ってスペックをもとに探しているという次第です。)

また、今回、拡張スロットが大幅に少なくなったため、Type-Cで充電しつつ周辺機器とつなぐことができるデバイスを探しています。いくつか友達に教えてもらったのですが、なかなかコストとスペックの両方が合うものが見つからないなぁという印象です。

 

かばんちゃんが気になったのでかばんを個人輸入してみたよ

はじめに

わーい!昨日の夜、#TechGIRL の飛び入りLTさせていただいたコンテンツですが、懇親会での評判がとてもよかったのでこちらにも補足参考情報書いておきますね。

同業の方は男女問わず同じ問題に常に悩まされてきたってことで。かばんに関する悩みは思ったより深刻です。

 

かばんちゃん

コンテンツの導入に使わせてもらいました。けものフレンズの主人公です。とっさに放ったかばんという単語からかばんちゃん呼ばわりされることに。でも、彼女がかばんと呼んでるものはあきらかにかばんの一種であるリュックだったわけです。

リュックといえば、長年の重い荷物をもって普段から通勤しているという労働環境のせいか、私の身体は歪んでます。大学時代のラケットバック(当時はプロが使うガチサイズの大きなものしか存在しなかった)のせいかもしれませんが、不明です。数年前から、なるべくリュック通勤を増やしていた次第です。

それでも若い時は頑張って、軽量のバッグ使ってみたりいろいろ工夫してみたのですが、清水から飛び降りる感じで免税店で購入した gucci のバッグがあまりにも荷物の重さで 取っ手が壊れて修理に困ったこともありました。

 

 

私がリュックに求める要件

スライドにもあるけど、軽量で機能性の高いリュックはスポーティなものが多く、スーツに合わない。内勤でカジュアルな職種ならそれでいいのでしょうが、顧客訪問もある OL としてはそんなみっともないことはできない。更に、丈夫な素材のものは頑丈すぎて服を傷めます(特にジャケットとか。高い衣服傷められても困る。)とどれをとってもいいことがない。

大前提に人とかぶらないというのもあると思います。

最初のリュックは adidas by Stella McCartney でした。ちょっとサイズと使い勝手が自分に合わなかったです。

次のリュックは Patagonia でした。鮮やかなグリーンがかわいらしかったのですが、カジュアルすぎて使い場所に困りました。それから、厚みも会ってでぶちーんに見えるってのもありました。

lululemon のリュックを試したこともあります。荷物がたくさん入る反面、ヨガマットをくっつける機能が余計でこまってしまいました。

Tumi のリュック第1弾は Sinclair Harlow のファブリックを皮っぽく樹脂でコートして型押ししているものでした。個人輸入で国内販売モデルと色違いなだけで 1/3 の価格で ebay で購入できたため愛用しています。すぐに色違いも買ってしまった経緯があります。これは優れもので平日の荷物量ならカバーできるうえに、大きく見えない。

次に買ったのはアメリカのアウトレットで定番のメンズの小さめの形を。国内アウトレットの1/3の価格で。とても大量に入るので気に入っています。15インチまで対応可能なので今後の利用幅も多いかもしれません。でも、ごついので TPO を選んでしまうのが悩みでした。

個人輸入ノウハウ

さて、口頭でもお伝えしたのですが検索と交渉が重要。検索のコツは慣れかと。フロリダから出国するまでにほぼ1週間かかってます。国内は1日くらい。なので、時間がかかることは許容できる必要があります。交渉はこの配送方法を変えてもらう等の工夫ができるかどうかです。

Delivered

Apr-02-17, 23:43 PM,

In Transit with Destination Carrier

Apr-02-17, 10:45 AM, TOKYO-KOTO-KU 13600

Customs Cleared

Apr-02-17, 07:35 AM, TOKYO-KOTO-KU 13600

In Transit with Destination Carrier

Apr-02-17, 07:07 AM, TOKYO-KOTO-KU 13600

In Transit with Destination Carrier

Apr-02-17, 03:46 AM, NARITA-SHI 28200

In Transit with Destination Carrier

Apr-01-17, 20:46 PM, ANCHORAGE, AK 99502

In Transit with Destination Carrier

Apr-01-17, 14:16 PM, ANCHORAGE, AK 99502

In Transit with Destination Carrier

Apr-01-17, 10:03 AM, OAKLAND, CA 94621

In Transit with Destination Carrier

Apr-01-17, 01:53 AM, OAKLAND, CA 94621

In Transit with Destination Carrier

Mar-31-17, 22:06 PM, MEMPHIS, TN 38118

In Transit with Destination Carrier

Mar-31-17, 12:17 PM, MEMPHIS, TN 38118

In Transit with Destination Carrier

Mar-30-17, 22:59 PM, HEBRON, KY 41048

Shipped from the Global Shipping Center to International Destination

Mar-30-17, 21:22 PM, Erlanger, Kentucky 41025-2501

Customs Documentation and Labeling

Mar-30-17, 00:49 AM, Erlanger, Kentucky 41025-2501

Processing at Global Shipping Center

Mar-29-17, 18:53 PM, Erlanger, Kentucky 41025-2501

Arrived at Global Shipping Center

Mar-29-17, 07:16 AM, ERLANGER, KY 41025

In Transit-In transit – In transit to local Post Office – Allow two to three additional days for delivery

Mar-28-17, 17:11 PM, CINCINNATI, OH 45235

In Transit-In transit – In transit to local Post Office – Allow two to three additional days for delivery

Mar-26-17, 12:28 PM, JACKSONVILLE, FL 32099

よくある質問

Q. どうして個人輸入 ?国内ブランドはだめなの?

A. 国内ブランドでいいのが無いから国内販売していないモデルとなったのです。例えば、カジュアル女子に大人気の a 社のリュックは機能性、耐久性不足なので選択肢に入りませんでした。

 

Q. 化粧品の個人輸入とかしたいんですが。

A. 薬事法があって個人輸入できるものとできないものがあるので、よく見て買えばいいと思います。そんなことしなくても、大手の製品だったら免税で買ったものを売ってくれるネットショップありますよ。

 

Q. 偽物とか怖くないの?

A. 需要がそれほど多くないものに関しての偽物をつくるコストのほうがかかると思います。粗悪な品質のものを販売する人は評価が悪いでしょうから、それを見極められればそこまで怖くないと思います。

 

Q. 個人輸入したものが壊れたらどうするの?

A. 正直なところ、どうなるかはわかりませんが、登録しておくと TUMI は世界中のショップでアフターサポートを受けることができます。なので、オークションサイト等の中古はシリアルを塗りつぶしているケースもあります。

 

【書評】オトナ女子のための食べ方図鑑 – 食事10割で体脂肪を燃やす – (美人開花シリーズ)

書評という名の読書感想文シリーズです。私は人より少しカーヴィなので、痩せたら美人なのにとかもっとかわいいのに的なことをかれこれ10年以上言われ続けています。更に、現職では写真に写る機会もかなり増え、コレジャナイっていう酷い写真が出回って残念な気分になることもよくあります。男女平等とかいう割に外見で人を判断する文化が蔓延っていて面倒くさいなとか思う反面、健康を考えるともう少し体脂肪は落としたいとも考えています。

実際のところ筋肉もあるし、骨太で骨密度も平均以上あるので、痩せてて体脂肪率が実は…っていう女性よりは遥かに健康的だったりしますが、前述のとおり見かけ上のサイズってある程度重要なのかなとも思っています。

それでこの本を手に取ったわけですが、こちら有名なトレーナーの森拓郎さんの著書です。どこかで、この本の図鑑に出てくる〇〇女子(間違ったヘルシーを心棒するちょっと滑稽で、よくいる感じの女性)を取り上げているのを見て全体的に見たいな~と思ったのがきっかけです。

内容は、代謝をあげるための食べ物の選び方と、間違いだらけの食べ物の選び方に鋭いメスが入っておりするすると内容が入ってきます。そして、挿絵に登場する間違いだらけの〇〇女子を見ながら、「いるよねーこういう女」と思って知識を入れていくのが楽しい本です。

Tarzan とか普段読んでる私でも、ちょっと違うなっていう認識があったのでこの内容に従ってしばらく食べ方変えてみようと思いました。実は、1週間くらいやってみたら、落ちなかった体重が1.7kg ほど減ってまして。水分かもしれないけど効果あるかも?!と思い始めてます。

 

オトナ女子のための食べ方図鑑 – 食事10割で体脂肪を燃やす – (美人開花シリーズ) おすすめの1冊です。

引き続き健康維持をがんばっていこうと思います。

東京の中心でカヌーでお花見をしてきた

2017 Tokyo Cherry blossum

読書は継続的にやってるのですが、今週はモンハンもやっていたので比較的インプットしている活字量少な目で。でも、献本いただいたり友人から教えてもらったホワイトペーパーなども手をつけているのでちょっとだけ積み始めてたりします。いずれ、読み終わったらダンプするのでその時まで置いておこうかと。

さておき、OL らしいアクティビティを書くと、友人に誘われてカヌー漕いでお花見してきました。

Tokyo Great Kayaking Tour というところが主催しているカヌーツアーで、この時期はお花見ができる経路をカヌーで漕いで行く形です。

出発はなんと東京の中心である、茅場町。箱崎方面へ川をくだり、墨田川を抜けて江東区側の桜が川の沿道にあるところを抜け、再度難所の墨田川を超えて戻ってくるというものです。このエリアの河川は波が比較的に高く、東京湾からの潮が少し入った塩分入りのお水です。多摩川の上流のようなのどかな河川というよりは巨大な用水という感じです。(ブラタモリあたりで勉強しておいたほうがいい内容ですね)

カヌーは初体験だったので、ガイドの Yuki さんにサポートしてもらい、タンデムタイプのカヌーで出発しました。

(Yuki さん、本当にありがとうございました。次回までに、もう少し基礎体力つけてきます。)

子供のころから地元の川でカヌーをよく見ていたのですが、ちょっと難しい。実際自分で漕ぐと本当に二の腕をよく使うし、ロジックでは理解できてる動きが自分じゃなかなかできない。天気も小雨が時折降る感じだったので、体温の管理も結構課題です。

そして初心者丸出しで、デニムにシェルを着て行ったのが本当に失敗したポイントでした。次回やるなら、ぬれてもいい服装で且つ動きやすいもの(ボトムはランタイツとか雪山のパンツとか。トップスはレイヤー1ぐらいのロングTあたりで。)でいいなと思いました。

今回のお花見コースは2時間程度のツアーで、7000円(お水、おやつ、缶ビールつき!)でした。

また参加したいなと思うそういうアクティビティでした。