ゴールデンウィークだったのでゴールドカードの赤紫ステイタスを調べてみたよ

わーい!久しぶりに旅行 Tips になるような内容を調査したので備忘録がてら書いておきます。

去年転職してからは、外資系OLという仕事になかなか慣れておらず、たまに海外出張があるだけで旅行らしい旅行も行っていなかったのでなんだかフラストレーションでいっぱいでした。

今年は1年経ったし、外資的に狙い目の時期で有名な年度替わりで旅行にでかけようかと思っていたのですが、現在やっているお仕事の先が見えていなくてそんなに容易に休みがとれるのか暗雲が立ちこめてきたので現在のところ、旅行の予定はたてていません。

仕方が無いので、録画したアナザースカイを見て次の旅行の候補地を決めつつ、楽しい国内線往復つきのストップオーバーが出来る日を夢見てJALさんの時刻表眺めている次第です。

 

さておき。

タイトルの話題に戻ります。

私は、過去の修行のおかげで紅組=JALさんを含めるワンワールドのサファイアステータス(JGC)と青組=ANAさんを含めるスターアライアンスのゴールドステータス(SFC)の両方を持っている紫組です。しかも、ANAは何を血迷ったかゴールドカードを作ってしまったので半永久的に会費を払い続ける形になることが予想されます。

5月に海外出張に行くことになったのですが、これが唯一ステイタスを持っていないもうひとつの紅組=デルタさん、エールフランスさんなどを含めるスカイチームの航空会社で、どうしたものかなぁと思っていました。

スカイチームのステイタスはお金で買えるというのはかなり有名な話で、私もやんわりと知っていたのですが興味が無かったので今まで手を出さずにいました。

 

今回、ちゃんと調べてみると、ステイタスがつくのは会費が税抜き26,000円のゴールドカードのみ。ステイタスはお金で買えるとはよく言ったものです。ただ、特典をちゃんと見極めるといくつか違いがわかりました。

自分が持っているJAL(JGC CLUB-A, JCB), ANA (SFC JCB Gold) と比較してみると下記のようになります。

JALはツアープレミアム(格安航空券でも区間マイルの100%でマイレージがたまる)とショッピングマイルプレミアム(ショッピングで付与されるマイレージが2倍になる)をつけているので、実質年会費は下の表+2160円+3240円とANA SFC とほぼ同額です。(ますますANA SFC を普通カードにしておけばよかったという後悔が残ります。)

 

カード名 デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス ゴールドカード JALグローバルクラブ CLUB-Aカード ANAスーパーフライヤーズ ゴールドカード
年会費(本会員のみ。家族会員は無視。) 28,080円 10,800円 16,200円
付帯旅行保険 旅行代金をカード決済した場合のみ 旅行代金を決済しなくても適用可能だが金額に違いあり 旅行代金を決済しなくても適用可能だが金額に違いあり
手荷物宅配サービス 成田→自宅 無料 おひとり様につき1個500円(税込)※2個目以降は、1個につき通常料金より15%割引 有償?(スカイポーターがなくなってる、、、)

 

お金でステイタスが買えるということのベネフィットが他社と比較しての10000円くらいのコストというのであれば、それは理解できる内容ではないかと思いました。デルタはマイレージの有効期限が無いことや、アップグレードのポリシーも柔軟性があります。

SPG (Starwood Preferred Guest) との提携が強いこともメリットかも知れません。

ANAさんでのSFCを含めステイタス会員はプレミアムエコノミーに当日アップグレード可能ということより少し柔軟性(72 時間前に適用される)があるように感じています。
JALさんに至っては、やはり券種が効いてくるので、アップグレードされた経験は皆無ですがエコノミーの中で少しでもましな席を早い段階で予約できるという感覚です(日系の航空会社はエコノミーであっても、おもてなしがあるのでそこまで気にはならないという体感です)
いずれにせよ、最終的にアップグレードされるかどうかは運次第ですが、ステイタスを持っていることで少しだけ可能性が広がるという認識でいるので、かなり悩ましい選択肢だなという感じです。

 

参考リンク

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カード
https://www.americanexpress.com/japan/contents/benefits/product/delta_gold/

 

JALカード ツアープレミアム

https://www.jal.co.jp/jalcard/function/jtp.html

 

JALカード ショッピングマイルプレミアム

https://www.jal.co.jp/jalcard/function/jpp.html

東京の中心でカヌーでお花見をしてきた

2017 Tokyo Cherry blossum

読書は継続的にやってるのですが、今週はモンハンもやっていたので比較的インプットしている活字量少な目で。でも、献本いただいたり友人から教えてもらったホワイトペーパーなども手をつけているのでちょっとだけ積み始めてたりします。いずれ、読み終わったらダンプするのでその時まで置いておこうかと。

さておき、OL らしいアクティビティを書くと、友人に誘われてカヌー漕いでお花見してきました。

Tokyo Great Kayaking Tour というところが主催しているカヌーツアーで、この時期はお花見ができる経路をカヌーで漕いで行く形です。

出発はなんと東京の中心である、茅場町。箱崎方面へ川をくだり、墨田川を抜けて江東区側の桜が川の沿道にあるところを抜け、再度難所の墨田川を超えて戻ってくるというものです。このエリアの河川は波が比較的に高く、東京湾からの潮が少し入った塩分入りのお水です。多摩川の上流のようなのどかな河川というよりは巨大な用水という感じです。(ブラタモリあたりで勉強しておいたほうがいい内容ですね)

カヌーは初体験だったので、ガイドの Yuki さんにサポートしてもらい、タンデムタイプのカヌーで出発しました。

(Yuki さん、本当にありがとうございました。次回までに、もう少し基礎体力つけてきます。)

子供のころから地元の川でカヌーをよく見ていたのですが、ちょっと難しい。実際自分で漕ぐと本当に二の腕をよく使うし、ロジックでは理解できてる動きが自分じゃなかなかできない。天気も小雨が時折降る感じだったので、体温の管理も結構課題です。

そして初心者丸出しで、デニムにシェルを着て行ったのが本当に失敗したポイントでした。次回やるなら、ぬれてもいい服装で且つ動きやすいもの(ボトムはランタイツとか雪山のパンツとか。トップスはレイヤー1ぐらいのロングTあたりで。)でいいなと思いました。

今回のお花見コースは2時間程度のツアーで、7000円(お水、おやつ、缶ビールつき!)でした。

また参加したいなと思うそういうアクティビティでした。

 

みほの日だったので、大分で地獄を見てきた。

意味深なタイトルつけてみました。古閑美保さんのニュースで初めて知ったのですが、3月4日はみほの日だそうです。来年から、みほだけが参加できる会でも企画しようと固く決意を行った次第です。さておき、先日 IT 女性エンジニアではなく OL だということが明らかになり、どこかへマイルで出かけることにしたわけでしたが、実際の旅のレポート書いてなかったなと思い立って備忘録がてら書き散らしてみます。

 

旅程

旅程は弾丸ツアーだったのでエアの予約はこんな感じです。実質6時間ぐらいしかない!(弾丸ツアーの醍醐味ですね)

[便名] JL0661 東京(羽田) → 大分
[発着予定時刻] 08:00 ‐ 09:40

レンタカー予約 9:00- 18:30 (トヨタレンタカーの JAL さんのサイトから申し込むと最安値の割引率でしかも新車のヴィッツハイブリッドでした。)

燃費がよくて、150キロで6.7リットルでした。

[JAL/九州応援企画]20%割引きキャンペーン(ハイブリッド車・ナビ・ETC車載器標準装備)
[料金合計] ¥7,128 (安いぞ!)
[便名] JL0674 大分 → 東京(羽田)
[発着予定時刻] 19:10 ‐ 20:40

2017 Oita

2017 Oita

2017 Oita

2017 Oita

たまに、弾丸もよいなと感じたのでどこかへマイルはいい方法だと思いました。めちゃくちゃ疲れたから花粉の時期が終わったら、第2弾企画してみたいと思います。

冬の富山はいろいろ素敵です。

Toyama 2017 Jan

カメラの中に眠っていた画像をアップロードするのが遅れてしまい、順番が前後してしまいましたが。今度こそ女性エンジニア外資系OLらしい記事となります。
一筆書き乗車券で行ってきた富山について少し書きたいと思います。富山に行くのは初めてでは無かったのですが、ガチ観光めいたことは実はしたことが無くて。いつも羽咋から氷見を抜けて高岡から金沢にドライブとか、信州方面に行くときの通過点としての印象が強くお隣さんとして育ったにもかかわらずあまりよく知らないなと思いました。

Toyama 2017 Jan

富山という名前にふさわしく山に富んでます。

今回は半日強時間があったので、駅前から電車に乗って岩瀬という港町まで足を延ばしてみました。岩瀬は満寿泉で有名な増田酒造のある町で、少しレトロな街並みが続きます。

Toyama 2017 Jan

Toyama 2017 Jan

酒蔵で有名なこの町は街並み全体がすごくレトロで、金沢の東山や高山ともまた違う、強いて言うなら鶴来とかに近い感じの古き良き日本の街並みが続くそんなところでした。

最後はお約束の寒鰤と日本酒で堪能させていただきました。

Toyama 2017 Jan

旅って楽しいですね。車を使わない旅は国内ではほとんどしたことがなかったので電車旅もたまにはいいなと思いました。

どこかにマイルで弾丸ツアー

いきさつ

ことのはじまりは、とある週末に本業(外資系 OL です。この後の文章と矛盾するかもしれませんが Office Lady ですわ。)で外部団体と一緒に技術に縛られない女性エンジニアの輪を形成するイベントを開催するそうで、気づけば私以外の同僚で同じロール(女性エンジニア)の人が全員参加予定だったわけです。中には、こういうのがロール上の本務じゃない方も含まれてたりもして…なんだか超ハブられてるようで感じ悪いわって感じた始末。

そもそも論になっちゃうのですが、私は女性エンジニアって属性で括られるのあんまし好きじゃなかったなとか、多分エンジニアって名乗るにはハブられる程度には技術力や知名度が足りないんだろうな(そもそもよくも悪くも炎上したりしないから知名度はないからご指名来ないですよね…)とか、そもそも女性の集団って苦手だったなとか、30分いたイベントを終日いたように盛って見せる技術もないなとか、コーディング得意じゃないなとかいろいろぐちぐちネガティブになりつつ。そんな大人げないやり場のない気持ちから腹いせ(やーい休日なのに仕事してるー!こっちは楽しんでやるぜー!)がてら、ネガティブな気分を吹っ飛ばすために最近行ってなかった弾丸ツアーに出ようということにしました。

しかし予定していなかった旅行なため、軍資金はほとんどなく。更にマイレージを確認すると、去年台湾2回も行ってるから ANA はどこにも行けないレベル。でも、JAL はありました!(生活費をJAL カードに寄せておいてよかった。)でも、本当は7月くらいに eJAL 変換して軍資金にしてから、どこかちゃんと海外(ヨーロッパかな。それも経路とホテル考えなきゃな。)に行きたかったりもするので節約しなきゃと思い、どこかにマイルを使うことにしました。

 

どこかにマイルとは

往復6000マイルで国内のどこかに行けるというプログラム。詳細はこちら。わかりやすく書くと、日程と時間帯だけ入力するとランダムで4つ行先の候補出してくれてその中から行先が決まるというもの。行先がガチャだと思うと結構ワクワクしてくる。

私の場合、4つの候補がそこそこ気に入るものになるまで4回ほどリトライしました。寒いのが苦手なのと小さな機体が苦手だったので自分のつたない知識で飛んでる機体や気候を思い浮かべながらいろいろ候補地を見ていくとガチャを連続で回してアイテムもらう気分と同じ高揚感があります。

結局妥協できた候補地は、山口宇部 松山 広島 大分 で、それぞれに対する私の意識はこんな感じでした。山口はちょっと自信ないけど、それ以外はブラタモリで予習可能なエリア。

  • 山口宇部 行ったことが無い。友人が住んでるので名所は聞いてみたい。
  • 松山 道後温泉と城は行ったな、、、ま、2回目でもいいか。
  • 広島 まともに行ったことない。宮島とかトライしたい。
  • 大分 湯布院しか観光したことがない。別府行ったことないし、地獄とか絶景パワースポット探すか。

 

行先きまりました

私の場合は、予約してから1営業日で行先が大分に決まりました。弾丸だから日帰り扱いなので、効率的にまわるためにはやはりレンタカー必須かなと思っています。となると、燃費のいい車を早めに予約して…とブッキング結構楽しいです。ホテルが無い分、超簡単だし。

ちなみに今回はトヨタレンタカーでしたが、下のクラスだとハーツゴールドやそのほかのクレジットカードなどの割引が効かないところが、 JAL さんのサイト経由だと割引が効いて少しだけお得になりました。

最初にぐちぐちしてた、おまえ女性エンジニアじゃないからこの週末このイベントで仕事しなくてもいいよっていうことに対するネガティブな感情が結構吹っ飛びました。旅行ってやっぱりすごい!

「落ち込んだりもしたけれど私は元気です」そんな感じ。(何かが違う)

デジカメの整備をちゃんとして気分も身軽に動けるようにまずは宿題の原稿仕事早く仕上げないと…と考えていました。ご迷惑をおかけしているので、いろいろごめんなさい。

というわけで、直近まで何が起こるかわからないので、ここでは予告だけ。

 

本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

Teams の通知をメールで行う方法

いきさつ

Teams 使ってますか?Office 365 の使えるライセンスがあるのであれば、是非使ってみてください。

さて、本題。会社で、組織またがる特別編成チーム的なのでお仕事したりするときがあるのですが、その時に、チームの人がひとこと「Teams 便利なんだけど、常に起動してないから更新あるときだけメールで受け取れないかな」といったのです。そりゃそうだなぁ。業務によってはSkypeやTeamsのような常駐するタイプで随時情報が提供されるツールを使うのがちょっと難しい人もいる。

簡単だけど備忘録がてらまとめてみました。(手抜き)

 

手順

左下の設定→通知を開きます。

通知設定(デフォルトだとバナー)をバナー&電子メールに変更します。

2017-02-20_17h36_32

本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

一筆書き乗車券でラウンドトリップ

私が鉄道よりも航空機が好きなのは知り合いならほぼみなさんご存知の事実なのですが、最近知り合った方に多い会話が「出身どこ?」「北陸の金沢。」「新幹線ができて便利になったでしょう?」という一連の流れ。

飛行機でしか帰省したことが無いし、むしろ飛行機の需要が減ってしまい中型機しか飛ばなくなってしまって残念に思っているという話をすると大抵北陸新幹線に乗ったことの無いかわいそうで変わっている子を見るまなざしが返ってくる(被害妄想)ので、一度は乗っておきたいなと思っていました。

偶然先日、出張にプライベートを追加する形で帰省+αで富山に行ってきましたので、鉄分に関する情報を共有しておきます。

電車に関する知識が間違っていたら遠慮無くご指摘くださいませ。

ポイントは下記になります。

1.乗車券は限りなく長距離をひとふでがきになるように購入する

2.特急券は必要な区間を必要なだけ

3.金沢ー富山の在来線はJRではない(新幹線はJR)

では、ひとつひとつ解説しましょう。

 

1.乗車券は限りなく長距離をひとふでがきになるように購入する

いろいろな人が書いているのですが、乗車券と特急券は分けて購入が可能です。

今回出張先は大阪。大阪に2泊した後に金沢に移動。1泊して富山に行ってから帰京するという予定でした。

往路は通常であれば、東京(都区内)ー大阪(近郊区内)の切符を東京ー新大阪の特急券と一緒に購入します。エキスプレスで一括購入していました。(下図グリーンの区間)

今回は乗車券を品川駅のみどりの窓口で購入しました。特急券はエキスプレスで購入可能です。

乗車券が特殊なので、同時に改札に通すとおかしくなる可能性があると言われたので機械改札は一切通っていません。

往路の乗車券は、東京(都区内)から山科(京都の手前)を回って湖西線経由で北陸本線を通って新幹線経路で東京(都区内)になるきっぷを購入します。(下図の青い区間)

山科から大阪までを別に準備します。(下図の黄色い区間)

blank

乗車券というのはひとふでがきで長距離購入すると途中下車の有効期間が長くなります。

%e4%b9%97%e8%bb%8a%e5%88%b8%e3%81%ae%e6%9c%89%e5%8a%b9%e6%9c%9f%e9%96%93%e2%94%82%e3%81%8d%e3%81%a3%e3%81%b5%e3%82%9a%e3%81%ae%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%ab%ef%bc%9ajr%e3%81%8a%e3%81%a6%e3%82%99%e3%81%8b

https://www.jr-odekake.net/railroad/ticket/guide/02a.html

今回は7日間有効な切符となりました。

残念ながら、JR東海のみどりの窓口ではこの乗車券が山科ではなく京都ー大阪だけ購入すればいい解釈になっていることがありました。確かに、新幹線は途中下車できないためこの理屈通じそうなのですが、、、大阪駅の改札で説明され、切符途中で買い足すという複雑なことになったのでせめてみどりの窓口はちゃんとしてほしいなと思いました。

 

2.特急券は必要な区間を必要なだけ

今回の特急券は新幹線に乗る東京ー新大阪(上記グリーン区間)及び、大阪ー金沢(上記オレンジ区間)、富山ー東京(上記赤区間)となります。

3.金沢ー富山の在来線はJRではない(新幹線はJR)

今回最大の誤算は金沢ー富山の在来線はJRではないため、在来線でこの区間を移動することは途中下車の乗車券ではできないというものでした。

この短い区間に新幹線特急券を購入すると結構高価なので、車で移動することにしました。(ありがとう。お母さん。そして朝から車運転することになるとは予想してなかったよ。)

 

弊社の旅費精算のガイドラインとして、私用区間は差額を自己負担ということだったのもあってこのような出張を起点としたラウンドトリップが数千円の自己負担可能でした。

それでもルール(ラウンドトリップ、オープンジョー、トランジット、サイドトリップなど)のわかりやすい飛行機のほうが好きだなとしみじみ思う結果となりました。

 

本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。