そういえば、vExpert の6年目いただいていましたよ

26463455195_6e4e782c65_z

こじらせ女性エンジニア外資系OL的に。3月3日は桃の節句です。

まだ私がいろいろ拗らせる遙か昔、幼少の頃、姉と共有で17段の立派なひな人形を飾ってもらっていました。3歳くらいの頃には父親のFM7で遊ばせてもらっていたので、既に拗らせる前兆はあったのですが、それはまた別の話。別の時にでもご紹介しましょう。

さておき、タイトルの件ですが、去年もう申し込まないって書いていたのですが、自分の予想が的中しているのかを知りたくて懲りずに申し込んだところ通ってしまいましたわーい!すごーい!せっかくだから有効活用したいので、それに併せて VMTNJ や myLearn のアカウント復活を依頼しています。まだ、メールアドレス変更できない状況でログインできない状態にされていますが、未だに一番のポイントゲッターというところにもう少しでいいからコミュニティが盛り上がっても良いのでは無いかと部外者ながら考える次第です。わーい!すごーい!

いくつかのスレッドに対しては、答えが即答できそうなのに回答もできなくて、ちょっと歯がゆかったです。

community__japan___vmware_communities

未だに元中の人でその後他社でご活躍されていらっしゃる方がランキング上位にいらっしゃるのも少し寂しい限りです。

gowatana さんは相変わらずご活躍されていらっしゃるので、人ごとながら少し安心しています。そろそろこちらではなく TechNet forum あたりでもご活躍いただいてもよいのですよ?とわがままを思っていたりいなかったりして。

そうそう、現職の職場で大々的に報告しないのは、このようなこともありますが VMware から来た人呼ばわりされるのも、仮想化に強い人呼ばわりされるのも本質的に居心地が悪いことからだったりします。まだおまえはよその人だよぐらいな聞こえ方しますよね。

 

 

わたし、そろそろ現職での特徴出した方がいいのですかね。ゴリ押しニックネーム、まだ募集してますのでご安心くださいませ。

元々ひけらかす性格じゃ無いのは知り合いの皆さんならご存知だと思いますが、流石に今回のような自分はほとんど何もやっていないのに過去の自分の貢献の貯金で今年も受賞しちゃったことをひけらかすことはできないなと素直にとらえております。

いずれにしても、アワードプログラム内で AWS の資格とりましょうとかきているので、どこを目指しているのか老婆心ながら少し心配ではあります。

 

とにかく、去年ブログ数回程度でしか貢献できていないので、来年こそだめだろうなと決め台詞を書いておきます。

本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

広告

クラウド女子会に参加してきた

JAWS

JAWSさん主催ののクラウド女子会に参加してきました。

女子力をあげるために何ができるかをクラウド(とりわけAWS)に結び付けて、テクニカルだったりそうでなかったりダンボーだったりいろいろするセッションを楽しむというイベント。

一応、インフラエンジニアの端くれなので、参加してきました。

会場全体が女子会なので、IT系の勉強会にしては珍しい感じの妙な華やかさがありました。

とりわけ、着物姿の@ayakomurさんをはじめにしたおしゃれな美人さんも多数。

反して、眉毛ぼーぼーの黒髪メガネっこという萌え属性で個性的な方も。

会場見ているだけで楽しかったです。

途中、宅麺さんのラーメンサービスや、おしゃれなサンドウィッチ、ドリンク等の支給物資があって至れり尽くせり。

JAWS

さて、肝心のセッションですが。

JAWSの田名辺さんのセッションスライドが、ダンボー多数登場でとってもかわいかったです。

っていうかダンボーがほしくなりました。(元ネタしらんくせに)

AWSの玉川さんのセッションは、本当にためになりました。

進め方、内容、ウケの狙い方どれをとっても。

だけど、S3にサインインするときにRedeem入れていてもクレカ情報入力しなきゃいけないっていうのは資料になかったのでひどいなーと思いました。

私がクレカ情報入れてしまったら、クラウド貧乏確定フラグな気がします。

あ、でも、ここでAWSが使えるようになったらMSDNでAzureが使えるようにできることだし、クラウドな人になれますね…

帰りにお土産までいただきました。

物資とクーポン(宅麺、AWS)をいただいて、かなりのボリューム。

さっそくAWSのアカウントをサインアップしてみたので、使ってみたいと思います。

実は、何が一番ウケたかというと、HRさんから同梱されたカードに連絡先が記載されてなかったことです。

”ヘッドアカウントはあるけどあなたたちには用はないわよ”という意味でしょうか?謎でした。

JAWS

KindleケースをGetした

Kindle

Kindle購入時にPCケースとしていつもお世話になっているBUILTのケースを注文したのだけど。

Kindleから1日遅れで届きました。

Kindle

すごく簡素な梱包ですが、過剰包装よりは断然よいと思う。

BUILTはウェットスーツ素材でできていて、その薄さ、軽さとデザインのPOPさが素敵です。

このKindleケースも例外じゃなく、ウレタンっぽい素材で内側がショッキングピンクの起毛になっています。

PCケースも同じ柄をつかっているのですが、こちらは内側は短めのパイルみたいな感じでした。

大きさも専用ケースだからあたりまえなんだけど、Kindleにピッタリなところもさすがっていう感じ。

もっと日本国内でも手に入りやすいといいんですけどね。

ちなみに、Kindle使って思ったのですが。

スクリーンセーバーの絵画がコワイ!

ハックしないと変えられないらしい…(´・ω・`)

ヨシダプロの線画みたいな感じの絵が延々と続くんだ。

Kindle、ここを変えれば最高のツールなのにね。

 

今更ですが、Kindleを買ってみた

円高や、@paradisemakerさんに、先日見せてもらったのも手伝って。

今更ですがKindleを購入しました。

タダで無限インターネット(!)がついているFree 3G+Wi-Fiモデルの白です。

購入後の発送が結構速い。さすが花形商品だからでしょうか?

お値段は、¥18614(送料、関税込)と、無難な感じ。

Item Subtotal $189.00
Shipping  and handling $20.98
Import Fees Deposit $10.50
Total $220.48 (JPY 18,614)
Paid by Visa $220.48 (JPY 18,614)

発送はUPSさんでしたが、都内ではなかったので業務提携しているクロネコさんでした。

何より素敵だったのが、荷物のトレーサビリティが完璧なところ。

どこの空港にあるのかとか税関抜けたのかとかいろいろ気になるところがすぐわかったので安心でした。

image

そして自宅で開封!

この表示もシールとかじゃなくてKindleに表示されてるだけという素晴らしさ。付属ケーブルでPCに接続すると表示が変わります。

Kindle

入っていたのはこれだけとシンプル。

Kindle

これからは、通勤・移動時間に転職前のお勉強PDFを読みまくろうと思います。

Kindle for Androidを試してみたよ。

今ならたったの$189ですよとかなんとかメールを送ってきていた、AmazonさんのKindleがついにAndroidに対応したアプリをリリースしたということで、さっそく試してみました。

マーケットプレイスで、「kindle」と打てば見つけられます。

初回だけ、Amazon.comのメールアドレスとパスワードの認証が必要ですが、それさえ終われば準備OK。

購入済みのアイテムが見ることができます。

タップすると、本当に読んでた途中になります。

これで、PC、Mac、iPhone、Xperiaで同じ本を眺めることができそうですね。

Xperiaがまたひとつ便利になった♪