【書評】ひと目でわかる Azure Active Directory 

書評という名の読書感想文シリーズです。実は技術書についてこのシリーズ書くのはじめてかも。ちゃんと技術書も読んでますよってことで。

職場の大先輩の安納さんがこちらのサイン本を持っていたので、発売前の貴重な書籍をお借りして読んでみました。

Azure Active Directory って、前職時代触ることもなかったので、どう勉強したらいいものかなぁと悩みあぐねていました。

認証をしないクラウドサービスのアプリケーションなんて存在しませんし、よりよい実装を提案するためには仕組みをきちんと理解したうえで提案していかなければいけなかったのでこのタイミングでこの書籍はとても助かりました

今年はビットリオさんの著書も翻訳されて出版されているのですが、数ページ読んでレベルが高いせいかちょっと進みが悪く、もっと基本的なこととか実践的なことがぱっとみてわかる書籍をさがしていました。

本書では、Azure Active Directory の概念やできること、できないこと。オンプレのActive Directory との違い、B2Bコラボレーション、B2Cコラボレーションと基礎の基礎からよく使いそうな機能まで図解で優しく説明されています。

なので、基礎から順を追って、実環境で試してみたいというひとにはぴったりです。

結論としては、リファレンスとして自分でも購入が必要だなと思う一冊です。

↓ご購入はこちらのリンクからどうぞ。

Windows Azure コンテナのペーパークラフトをつくってみました

先日イベントに行った際にいただいたWindows Azureのペーパークラフトをさっそくつくってみました。
聞いていたように、タイヤを丸めるのはボールペン等でしごくとうまくいきます。
私が作成して困ったところは、パーツどうしを結合させるときに印刷されている面がはがれて2枚になってしまうところです。
これはどうしようもないので、シャープペンの先で押し込むとかやっていました。
ほかには、パーツの結合がゆるくなってしまう箇所がいくつかあったので、ぐらぐらするところは テープのりを使いました。

これが、Rootsについてくる不二子ちゃん(ルパンでもとっつぁんでも五右衛門でも次元でもいいのですけど)といい縮尺。
フロントガラスを加工してのせようかと思いました。
強度がなくなるのでやめましたが。

たまにはこんな、楽しい宣材もいいですね。
もちろんAzure、「あじゅーる」もしくは「あじゅあー」って発音するんだよって布教しましたよw
技術的なことは、興味のある人が会社に転がってるドキュメントを読み漁ればある程度わかるので放置。