WSL の bash コンソールのカスタマイズあれこれ①

Windows Subsystem for Linux (WSL) の bash コンソールも、通常の Linux のコンソール同様にカスタマイズすることが可能です。

カスタマイズするにあたっていろいろとお作法を勉強したので、備忘録がてら書き留めておきます。

まずは、設定変更の前にエディタを使いやすくしてみました。これ、いろいろやり方考えたんですが結局 wget  で元ファイルだけ持ってきてもエラーになるので git clone  したほうが一番早かったです。

余分な git が入っちゃうというポイントがあるのですが…ま、やりたいことと本質的にずれてはいないからありかなと。

 

vim のフォントカラーの変更

たまたま使っていた端末のディスプレイのせいだと思うのですが、正直なところコマンドプロンプトから起動したばかりの bash は色の組み合わせが悪く、設定ファイルも見づらかったので、標準エディタの vim の色設定を変更しました。

テーマの代表的なものに、Twilight, badwolf, Molokai などがありますが、今回はこの Molokai にしてみました。

デフォルトのフォントカラー …読みづらい(´・ω・`)

2016-09-06_14h28_01

カラーテーマをダウンロードして配置します。

sudo mkdir ~/.vim
sudo mkdir ~/.vim/colors


sudo apt-get install git
git clone https://github.com/tomasr/molokai
cd ~/.vim/colors
mv molokai/colors/molokai.vim ~/.vim/colors/

.vimrc ファイル(設定ファイル)を編集します。

vi ~/.vimrc

syntax on
colorscheme molokai
set t_Co=256

2016-09-06_14h31_55

カラフルで見やすくなりました!

本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

広告

Windows Subsystem for Linux 概要

先日から自由研究テーマで何度かこのブログでも取り上げさせていただいた Bash on Ubuntu on Windows は Windows Subsystem for Linux (以下WSLと記載します。)の一機能として提供されている distro agnostic (うまい訳語がないのですが、システムに対してリスクや競合がない状態でインストール可能という感じの意味です)なLinux 互換のサブシステムです。

 

WSLの仕組み

WSL は Windows カーネルの新機能で、Anniversary Update でもプレビュー扱いの機能です。インパクトの強さからか、Bash on Ubuntu on Windows ばかりがフォーカスされがちですが、WSL のインターフェイスとして Bash on Ubuntu on Windows  が利用できるというイメージのほうが適切です。

WSL の仕組みは下図のように Linux 互換のシステムコールがユーザーモードで動作している Ubuntu 上の Bash や GC++、Ruby などのエンドポイントからアクセスできるというものです。fork() をはじめとする多数のLinux のシステムコールをサポートしています。(ここでいうサポートは機能としてついているというもので、製品機能としてはプレビューです。ややこしくてすみません。)

2016-08-20_08h59_27

 

 

できることとできないこと

まず、最初にご理解いただきたいのは、この機能はあくまでベータの機能なので、商用環境での使用はご遠慮ください。できることは多数ありますが、実際に動かしてみたものとしては Bash apt-get git Ruby node GNU C/C++, CoreCLR などです。apt-get もあまりにも大きなバイナリだと失敗することもあります。すべてのシナリオに対してテストを行うのは困難なので、一般的な機能に限られています。

 

お願い事項

機能追加やバグ、要望があれば、下記リンクから開発チームへフィードバックもしくはすでにある意見に対してVote してください。

 UserVoice (機能追加、改善要望)

https://wpdev.uservoice.com/forums/266908-command-prompt-console-bash-on-ubuntu-on-windo

 GitHub (課題)

https://aka.ms/winbashgithub

 

参考リンク

Windows Subsystem for Linux Overview

https://blogs.msdn.microsoft.com/wsl/2016/04/22/windows-subsystem-for-linux-overview/

 

Console & Command-line

https://blogs.msdn.Microsoft.com/commandline

 

本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

Bash Shell on Windows 10 再インストール方法

お恥ずかしい話。うっかりものの私はインストール時に設定したパスワードを失念しちゃいました。

自分の手が覚えてそうなパスワードをランダムで実行するというクラックを何度か試みたのですが、自分って思ってたよりもセキュアらしくて結局パスワードを当てることはできませんでした(´・ω・`)

いろいろなドキュメント探したのですが、ユーザーを追加しようにも、パスワード再設定しようにも管理者権限が無いと操作不能だったので、Windows Subsystem for Linux を再インストールすることぐらいしかできません。

今回は、Windows Subsystem for Linux の再インストールの手順について書いてみます。

 

1.コマンドプロンプトを起動します。

Windows Subsystem for Linux を削除します。

lxrun /uninstall

 

Windows Subsystem for Linuxをインストールします。

lxrun /install

初回インストール時同様に、既定のUNIXユーザー名とパスワードをプロンプト画面で入力します。

image

 

本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

Bash Shell on Windows 10 Anniversary Update インストール

以前、Bash on Ubuntu on Windows を早速触ってみました。というブログエントリを書いたのですが、その時はまだ Insider Preview の環境でした。

先日 Anniversary Update が出て、なぜだか降ってこなかった私の環境にも(原因がわかり)無事アップデートすることができたので、大手を振ってAnniversary Update での設定方法について説明したいと思います。

個人的には、Bash Shell が使える ⇒ SSH クライアントがコマンドプロンプトから使える ⇒ Linux の環境が容易に触れる (*’▽’) というメリットの図式しか無いので、もう設定しない理由は無いという感じです。

 

前提環境:

Windows 10 Anniversary Update – build 14393 (2016年8月2日に利用可能、Insider Preview の 14316 以降でも可。)

x64 ベースのプロセッサ ( AMD / Intel x64 互換CPU )

 

確認方法(一例)

スタート → 設定 → システム → バージョン情報 もしくは、Windows + R → cmd → systeminfo で確認できます。

image

 

image

インストールの作業流れ (たった2ステップです

  1. 開発者モード をオンにします
  2. “Windows Subsystem for Linux (beta)” を有効化する

開発者モードをオンにします

1.設定 → 更新とセキュリティ を開きます。

image

 

2.開発者向け を選択し、 開発者モード にチェックを入れます。

image

“Windows Subsystem for Linux (beta)” を有効化する

1. Windows 機能の有効化または無効化 を起動します。コントロールパネルからも起動可能ですが、検索で Windows 機能 等で検索すると早いです。

image

2.Windows Subsystem for Linux (Beta) にチェックを入れて、OK をクリックします

image

インストールが終わったら再起動します。

image

 

3.リブート後にコマンドプロンプトから bash と入力します。

プロンプトで入力を求められるので、”y” を入力します。

image

 

インストールの後半で、ユーザー名パスワードを入力します。

image

 

参考にしたマニュアル:
Installation Guide
https://msdn.microsoft.com/ja-jp/commandline/wsl/install_guide

Windows Subsystem for Linux Blog
https://blogs.msdn.microsoft.com/wsl/

 

本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

Bash on Ubuntu on Windows を早速触ってみました。

今年の //build で発表され、かなりの方がご興味を持っているであろうBash on Ubuntu on Windows ですが、漸く私の手元の環境にも対応しているWindows insider preview である14316 が落ちてきたので早速さわってみました。

これから触るひとのために、手順を簡単にまとめましたのご参考にどうぞ。

このビルドをお試しいただく場合は、「国または地域」を「United States」「言語」を「English (United States)」が最上位にしておくことをおすすめします。

 

1.「Start」→「Settings」→「Update & security」を開きます。

image

 

2.左側のメニューで一番下の「For developers」をクリックして、「Developer mode」にチェックが入っていることを確認します。

image

 

3.スタートメニューで「Turn Windows Features on or off」をクリックします。

image

 

4.「Windows Subsystem for Linux (Beta)」にチェックを入れて「OK」をクリックします。

image

 

5.再起動を要求されますので、必ず再起動してください。

image

 

6.再起動後にコマンドプロンプトもしくはPowerShellのプロンプトで「Bash」を実行します。

※ベータの機能であること、Ubuntu on Windows をインストールする旨の確認が入るので「y」と入力します。

入力すると、Windows store からのダウンロードおよびインストールが開始されます。(ネットワークの回線速度および、PCのスペックによって数分~かかります)Installation successful!と表示されれば成功です。

稀に失敗することがありますが、原因等は不明です。試される場合はクリーンインストール可能な環境や仮想マシンで実施されることをおすすめします。

image

 

7.インストールが終わると、スタートメニューから「Bash on Ubuntu on Windows」を実行することができるようになります。

image

 

 

番外:cowsayを使って「Hello Bash on Ubuntu on Windows 」したい場合

インターネットに接続した環境で下記を実行します。

root@localhost:~# apt-get install cosway

root@localhost:~# echo “Hello Bash on Ubuntu on Windows” | /usr/games/cowsay

 

image

 

PythonやSSHがデフォルトで入っていたので、これでSSHをPowerShellに組み込んだりしなくてよくなりそうです。メインマシンでやらなかったから当分組み込んだものを使いますっ(強がり)

 

参考リンク:

https://blogs.windows.com/windowsexperience/2016/04/06/announcing-windows-10-insider-preview-build-14316/

https://blogs.msdn.microsoft.com/commandline/2016/04/06/bash-on-ubuntu-on-windows-download-now-3/

https://blogs.windows.com/buildingapps/2016/03/30/run-bash-on-ubuntu-on-windows/