川崎みらいトンネルを歩いてきました!

首都高体感ウォーキング 川崎みらいトンネル

開通直前の首都高川崎線(殿町~大師JCT)ですが、今日はウォーキングイベントと題して自分の足であるくことができたのでさっそく行ってきました。

開通してしまったら、車でしか通ることができない場所なので、歩いて通ることができる機会は建設中の今だけです。

高速道路では、普段使わないけど「万が一」の時の設備がすごく充実しています。

なんだかかわいい、火災報知機とか。

首都高体感ウォーキング 川崎みらいトンネル

非常電話とか。免許取るときの高速道路教習で習った時に写真やビデオで見た以来です!

首都高体感ウォーキング 川崎みらいトンネル 

普段通ることのない避難経路を一部ですが通ることもできました。

首都高体感ウォーキング 川崎みらいトンネル

首都高体感ウォーキング 川崎みらいトンネル

幻想的なキャンドルライティング 首都高体感ウォーキング 川崎みらいトンネル

アート的なものも!首都高体感ウォーキング 川崎みらいトンネル

このほかにもたくさん写真をとってきました。

こちらからご覧ください。

 

今回、暗かったり明るかったりといろいろだったのですが、IXY 30Sをオートモードで撮影しただけでこんなにきれいに撮影できました!!!

←Amazonからどうぞ。18000代になっています!

EP-803Aの競合ことMG6130を触ってきた

モニター中のEP8-3Aの競合製品であるCANONさんの複合機プリンタピクサス キヤノンインクジェット複合機MG6130BLACK PIXUS MG6130BKalt を触ってきました。

まず、キヤノンさんの最近のプリンタに継承されてるにょきっと立ち上がる小型ディスプレイは健在です。

↑クリックするとAmazonさんで購入できますw

↑クリックするとAmazonさんで購入できますw 都内の量販店の価格よりやや安かったです。

操作パネルの操作しやすさは角度も変えられるのでEPSONさんのほうがいいと感じました。

CANONさんの操作パネルは上面についているため、配置場所を目線よりしたの位置にする必要があると思いました。

 

中をあけると、CANONさんのインクは6色タンクでよく使う黒が大きくなっています。インクカートリッジも全体的に半透明で残量がわかりやすい状態になっています。

シアン、マゼンダ、イエロー+黒2本、灰色一本の構成みたいです。

昔からの印刷ヘッドとインクタンクは交換可能な仕組みは健在みたいで、プリンタを開くと左右にタンクが動いて交換しやすい位置で止まる仕様になっています。

PIXUS MG6130

 

一方EPSONさんのインクカートリッジは固定。長いホースがヘッダにつながっている様子です。

ここが詰まったらどうなるんだろうとか思ったのは内緒ですw

インクタンクも半透明ではないので残量は目視するのは無理でプリンタのインベントリ情報からしか知ることができません。

インクタンクの構成は同じ6本ですが、シアン、マゼンダ、イエロー、ライトシアン、ライトマゼンダ、ブラックという赤と青に濃淡2本使う仕様になっています。

EP-803A EP-803A

EPSONプリンタは今回初めてなので、正直いろいろ冷たいこと書いちゃうと思いますが。

インクタンクは半透明で、印刷ヘッダは取り外せるほうが消費者に優しいなぁとか思いました。

モニターしていたIXY30Sを思わず買ってしまった

なんとなく、想定できる展開だったのですが。

先日AMNさんのモニターで使用していたIXY30Sがあまりにも使いやすかったのと、本革製ケースもいただいていたとかいろいろあって。

思わず購入してしまいました。

なぜか、Amazonでの価格がヨドバシより安いので。

GRD2は「写真を無邪気に楽しむ」端末として、こちらは「Blogや日常を手軽に切り取る」端末として、大切に使い倒したいと思います。

 

ついでに、今更ながらEye-Fiカードを購入したので、近いうちに使用感とセットアップ方法をレポートしたいと思います。

デル株式会社

自炊するならDR-150もありな気がする

自炊=自分で紙書籍から電子書籍を作ることなんですが。

言葉の由来はよくわかりません。

あたしにとって自炊とは夜ご飯とかお弁当といった元の意味での自炊を想像するんですけどね。

さて、タイトルの件。

Canon imageFORMULA DR-150のモニターやってスキャナをいただいたのを急に思い出して。

今日受けてきたセミナーの資料の電子化をやってみた。

今更でもうしわけないのですが。

 

これ、すごい。

超小さく折りたためるのに、両面同時にスキャンできる(すげー今更)。

まさに、キンコーズとかで裁断機借りて自炊したい人にはうってつけなのです。

こうやって紙の資料をどんどんスキャンしてEvernoteとかにPDF突っ込んでいけば便利だろうなぁ。

ふとそう思いました。

 

注意すべきは、一度に大量に突っ込むとスキャンが歪んじゃうので、きっちりまっすぐスキャンするなら枚数少な目が一番だと思います。

IXY30Sの魚眼風フィルタを試してみた♪



はんなりや, originally uploaded by mihochannel.extend.

現在モニター中のIXY30Sですが。
魚眼モードがあるので試してみましたよ。
ランチに行ったお店の楊枝を差してある紙袋。

ノーマルなほうはこちら↓
はんなりや

印象が全く変わるので面白いですね。

IXY30SとGRD2で半額中のドミノピザを撮影してみました

ドミノピザが50周年記念で半額キャンペーンをやっていたので。

オンラインからしか注文できないブルックリンピザを注文してみました。

◆GRD2◆
Domino Pizza

◆IXY 30S◆
Domino Pizza

今回もお約束のとおり、モニター中のデジカメで比較撮影しました。
ブルックリンピザ、おいしゅうございました。

IXY 30SとGR DIGITAL2で比較撮影してみました。(食べ物編)

現在モニター中のIXY30Sですが、手持ちのGRD2と撮影比較してみました。

◆GRD2◆

http://www.ricoh.co.jp/dc/gr/digital2/spec.html

項目 仕様
撮像素子 有効画素1001万画素(総画素数1030万画素)、1/1.75型原色CCD
レンズ
焦点距離 5.9mm(35mm換算値28mm)
F値 F2.4~F11(オート撮影モード時F7.1以上は、NDフィルター併用)
撮影距離範囲 レンズ先端から 約30cm ~ ∞
レンズ先端から 約1.5cm ~ ∞(マクロ撮影時)
レンズ構成 5群6枚(非球面レンズ3面2枚)

IXY30S

http://cweb.canon.jp/cgi-bin/camera/dcam/spec.cgi?p=ixy30s



IXYとPowershotの違いがオートでの撮影に特化した機能の有無だったので、オートでどこまでできるかといったことをいろいろ見てみたくて…

ですが解像度が違う撮影だったので、単純に比較するとおかしくなるのでFlickrにUploadしたサムネイルでの比較になります。

◆GRD2◆
Anago

IXY30S

Anago

◆GRD2◆

Anago

IXY30S
Anago

好みはあると思うのですが、IXY30Sのオート撮影の接写はかなりいけると思います。