docomoをmicroSIMに変更してきた

docomo micro SIM

旅行のついでにSIMアンロック版のiPhoneをゲットできたので、これまで持っていたガラケーの機種変更としてmicroSIMへの交換を申し出てみました。

近所のドコモショップでは、「microSIM」を「micro SD」と混同されてしまう程度の周知度。

どうなることかかなり不安だったのですが、時間こそかかりましたが手続きはスムーズに行われました。

技適マークの確認も特にどの機種とかいうのはノータッチな感じでした。

ただ、moperaの契約を行ったにもかかわらず、AP情報を提供してくれない。

iPhoneに刺した時にSMSがドコモから届きます。

そこにあるリンクをクリックすると設定情報のあるページへ遷移できます。

いろんな方がBlogに書かれているので、おさらいになりますが。

DocomoでのmicroSIMを利用してSIMフリー端末を利用する場合の契約例は下記のとおり。

1 基本料金
(タイプSSバリュー)
使い方に合わせて通話ゼロのプランもあります。

980

*必須
2 パケホーダイフラット
(or フル/ダブル)
 

5,460

*必須
3 mopera U ライト
(or スタンダード)
 

315

*必須
4 i-mode i-modeのメールアドレスを捨てないために

315

 
5 ISPセット割 #3,#4を同時契約で自動的に適用

-315

 
6 i-mode.net i-modeのメールアドレスを捨てないために

210

 
広告

LUMIX Phoneに触ってきた(撮影写真編)

LUMIX Phone

先日のイベントレポートの続きです。

食べ物はお皿の円形を認識して食べ物モードになります。

ブログ用写真を撮影したりするのにはとてもいいと思います。

残念ながら、丸くないお皿は認識しません。

LUMIX Phone

植物のマクロはかなりいい感じ。

緑色の発色にこだわっただけあって、緑色がすごくきれいです。

LUMIX Phone

ぬいぐるみとの撮影。

質感がうまく出ていますし、電話とは思えない本気デザインです。

LUMIX Phone

ローライトの代表ともいえるシャンデリアもフラッシュなしできれいに撮影できています。

手振れもしにくいです。

 

いくつか残念なところも少しあって。

フリックでブログへメール投稿できるのですが、そのタイミングで画像修正できる機能があります。

そこでは手書きでしか文字入力できないのです。

携帯百景みたいに、手書き風フォントの合成とかできたら最高だったんですけどね。

メニューからデフォルトフォントでの合成はできるのですが、残念な感じは否めない。

LUMIX Phone

発売後にモニターできるそうなので、モニターしてみてまた感想を書きたいと思います。

Xperiaの通信費節約方法

以前、iPhone4が待ちきれなくてXperiaを購入し、iPhone3GSはWiFi+SMS+通話という状態にしてしまった私ですが。

今度はiPhone4に向けてdocomoを制限しようかと思いました。

使うのはAPNDroidです。

も一つ同じシリーズのウィジットがあるので合わせて使うのがおすすめです。

画面はこんなかんじ。

ウィジットは3Gがオンラインの時は

オフラインの時は

かなりわかりやすいですね。

これで、iPhone 4でバリュープラン(毎月定額パケット料金)に入っても安心ですね!