【ドラマ評】わたしを離さないで

書評という名の読書感想文シリーズに続いてドラマ評という名の感想文。
ドラマは海外派の私ですが、前のクールの時だったかな。正直覚えていないのですが連続ドラマで1話も見ずに録画していた作品。
1部目だけを見ようと見始めたら、つい終わりまで一気に見てしまいました。なんて現実逃避なんだろうとか考えたのは別の話。

この作品、臓器提供のためだけに存在するクローン人間の生い立ちから青春、そして終焉までを描いている。

連続ドラマだから伏線を見逃しがちだけど、1度に見るとふりかえっていろいろなシーンの交錯、どれが誰なのかがよくわかると思う。(1話目は少し伏線としては矛盾していた気がしますが)

臓器提供クローンと言えば、映画アイランドが有名だけどそこにあった希望や勧善懲悪的なスッキリするような気分は全く無い。もうひとつ、臓器提供のための子供を飼育(決して保育とか養育と言えない)している話と言えばウロボロスもそうだけど、ウロボロスにあったコメディ部分や恋愛的なものも無い。全体的に暗い感じでそして「希望の無い終わり」でした。

主人公をとりまく女性特有の友情に見せかけたマウンティングだとか、見栄だけのために好きでも無い男に媚びる女だの(同一人物)いろいろなニュアンスが入っている。

原作にあったのかわからないが、すべてに達観している友人やマウンティングに耐えるタイプの友人とかいろいろ女性社会をよく描いていらっしゃる。

ドラマ全体の演出だろうが、幼少期育った環境には色が少ない。衣類はグレーやベージュ・茶色であるところが、学校の教育として芸術に力を入れている割に無性に気持ちが悪い。

ストーリー展開はとても引き込まれる内容で、胸が締め付けられる苦しさがあった。

現実逃避にはもってこいのSFでした。

 

原作や映画とは異なるように日本風味に味付けされているらしいということを後で知った。
原作の小説も読んでみたいが、きっとこれも原文がいいだろう。

 

  

U know love me, xoxo…

image

USのiTunesでダウンロードランキング1位を取りまくった海外ドラマのGossip GirlのSeason2altのDVDがついに登場します。

あらすじはNYのセレブな高校生がくっついたり離れたりいろんなことをする感じですが、Gossip Girlという謎のカリスマブロガーのサイトに、主人公のセレブ高校生達のゴシップやスキャンダル、時々嘘が投稿され、それが原因でいろんな誤解や事件が起こるというもの。

The OCとよく比較されるのですが、舞台がNYなのと、ファッションにこだわっているのでより華やかな感じです。

国内ではSuper Drama TVというCS局で放映しています。

 

ちなみにUSではSeason4の放送が第4話くらいまで進んでいますが目が離せません!

観ればわかるのですが、 U know love me, xoxo.とGossip Girlが必ず語ります。

xoxoはキスハグキスハグの意味です。

IRISは最終回を見るべきではない。(ネタバレ?)

image

韓流初の地上波ゴールデン枠でやっているIRIS.

CSのTBSチャンネルでは一足早くやっていて、先日最終回の第20話を見ました。

そもそも、ブタペストからいきなり秋田に行ったりして、秋田の民家が謎の韓国人を娘が一目ぼれだからという理由で囲うとかなんとかするという突っ込みどころは最初からあるのですが。

19話で、いきなりショッピングモールを占拠したIRIS…謎すぎる。

しかも、最初の話にあった核弾頭の話はどこへ?

IRISのメンバーとなってしまったサウは急にいい人になって、ハチの巣にされて死んでしまう。

けれど、それすらも罠???

大統領の会談をなんとか乗り切って、主役の2人(と、行っても↑写真の女性ではないです。キムテヒのほう)は引退して、済州島へ旅行に。

そこでプロポーズをするものの、やり直しを言われて灯台?で約束してたのかな?に指輪を持って向かう途中に狙撃される。

 

えっと…

ここの展開謎すぎてわからない。

時間の割き方も謎で、キムテヒのプロモーションかと見まがうような歌が流れてきれいな画像が延々と続くのだ。

 

韓流はよく主役までも殺すけど、そういうことなんだー。

飛行機事故で死なない人があっさり死ぬのかーとか不思議。

最終回は、銃撃、回想、銃撃、回想、死亡、そんな感じ。

前半は面白いけど、終わらせ方がやっぱりいまいちなんだなぁ。

これから見る人は、最終回を見ないほうがいいドラマとして受け止められますよ。

RAZOR

バトルスターギャラクティカというSFの海外TV番組がある。

その番外編のGALACTICA:スピンオフTVムービー【RAZOR/ペガサスの黙示録】 [DVD]
というドラマ長編をみたのだけど。

これが、凄すぎる。
日本のドラマのクオリティとリアリティの低さに辟易するような内容です。
まず、話は本編を知る必要があるのでSeason1.2まで見てから見るとよいと思います。
USと日本とでDVDのセットが微妙にことなるので、Season2.5というのが日本ではどこにはいるのか微妙なんですけど。

ヤマトとガンダムとエヴァンゲリオンとセイントセイヤあたりが好きだと感じる外人が作ったような内容です。
SFですが、人物(および人型の機械)描写がすごくリアル。
機材やセットもかなりリアルです。

是非一度見てください!
SuperDramaTVでやってましたが、日テレでも深夜枠でやってたらしいです。