モニターしていたEP-803Aをお買い上げしました。

昨年からAMNさんのイベントでモニターをしていたEPSONの複合プリンタEP-803Aですが、とうとうお買い上げすることに決めました。

年明け早々、Amazonさんでは値崩れしていますがw

今年はこれを使って年賀状を印刷したのですが…正直なレビューをすると。

カラリオ年賀状って使いにくい!

UIが、学生がアルバイトで作ったのか見まがうようなUIで使いづらいです。

具体的いうと…起動画面の↓これ。

image

これって、なんでしょう?

宛名と賀状面なのですが、フレキシブルに行き来できないんですか???

こいつつかって両面印刷とかどうやっていいんだかわけわかんないです。

 

これまで、商用の年賀状ソフトいくつか使ってきたのですが、無償版のこれはひどいと思いました。

キヤノンさんのソフトのがまだUIは使いやすい。

それから、宛名のリストを作成し、保存してから利用するのですが…

CSVで保存すると、利用時にデータマッピングの処理が手動で必要となります。

image

えーっと、これってどうにもこうにもUIとして親切じゃないですよね。

住所項目もマンション名まである人とない人がいるので、マッピング時に消えたりするし。

プリンタとしては気に入っていたので、年に数回やるだけのグリーティング作成用ソフトがもう少しだけまともだったらもっといいのですが…

広告

EP803AでDVDの版面印刷してみた

姪っ子に美女と野獣の昔のDVDをプレゼントする約束をしていたのだけど、どうにも長期保存による劣化のせいか、普通のプレーヤーでは再生できなくて、PCでならなんとか読めたのでバックアップメディアを作成することにしました。

左が昔の限定版のDVD。2枚組で特典映像も多かったのだが…

右が今発売中のDVD。ジャケットも違うし、1枚だけらしい…

※著作権法の観点から、所持しているもののバックアップ用途のコピーは違法コピーにあたらないという解釈で行っています。

データのコピー方法はさておき、姪っ子に怪しまれないように版面も印刷します。

EP-803Aで昔の版面を、まっさらなDVDにコピーします。

EP-803Aで直接版面に印刷するときは、隠されたCD/DVDトレイを使います。

うにょーんと出てきて何やらかっこいいw

EP803A

 

あとは簡単。スキャナ面にコピー元DVDをセットし、液晶のメニューからコピーを選んで版面にコピーするだけ。

この時、利用するDVDに合わせて細かい内径、外径を修正するといいです。(デフォルトはかなり内径があいていて、外径も小さ目になっています。)

左がコピー、右がオリジナルです。

EP803AEP803A

姪っ子に恨まれずにすみそうですw

衣替えにEP-803Aを使ってみた

もう十月ですね。

十月といえば、衣替え。

現在モニター中のEP803Aをつかって、工夫してみました。

alt

この時期、サンダルやオープントゥな靴をしまうのはいいのですが、翌年何をどの箱にいれたかわからなくなることがよくあります。

そこで、しまう前に写真をとって、それをEP803Aでプリントアウトして箱にテープで貼ってしまいます。

こんな感じでうまくできました♪

shoes

EP803AにはSDカードのスロットがあるので、デジカメで撮影したらすぐにカードをプリンタに差して印刷することができます。

EP-803Aの競合ことMG6130を触ってきた

モニター中のEP8-3Aの競合製品であるCANONさんの複合機プリンタピクサス キヤノンインクジェット複合機MG6130BLACK PIXUS MG6130BKalt を触ってきました。

まず、キヤノンさんの最近のプリンタに継承されてるにょきっと立ち上がる小型ディスプレイは健在です。

↑クリックするとAmazonさんで購入できますw

↑クリックするとAmazonさんで購入できますw 都内の量販店の価格よりやや安かったです。

操作パネルの操作しやすさは角度も変えられるのでEPSONさんのほうがいいと感じました。

CANONさんの操作パネルは上面についているため、配置場所を目線よりしたの位置にする必要があると思いました。

 

中をあけると、CANONさんのインクは6色タンクでよく使う黒が大きくなっています。インクカートリッジも全体的に半透明で残量がわかりやすい状態になっています。

シアン、マゼンダ、イエロー+黒2本、灰色一本の構成みたいです。

昔からの印刷ヘッドとインクタンクは交換可能な仕組みは健在みたいで、プリンタを開くと左右にタンクが動いて交換しやすい位置で止まる仕様になっています。

PIXUS MG6130

 

一方EPSONさんのインクカートリッジは固定。長いホースがヘッダにつながっている様子です。

ここが詰まったらどうなるんだろうとか思ったのは内緒ですw

インクタンクも半透明ではないので残量は目視するのは無理でプリンタのインベントリ情報からしか知ることができません。

インクタンクの構成は同じ6本ですが、シアン、マゼンダ、イエロー、ライトシアン、ライトマゼンダ、ブラックという赤と青に濃淡2本使う仕様になっています。

EP-803A EP-803A

EPSONプリンタは今回初めてなので、正直いろいろ冷たいこと書いちゃうと思いますが。

インクタンクは半透明で、印刷ヘッダは取り外せるほうが消費者に優しいなぁとか思いました。

EP-803Aをセットアップしてみた

先日のブロガーイベントでモニターすることになったColorio EP-803Aですが、本日届いたのでさっそくレポートします。

まず、第一印象ですが、意外と重い

宅配便で受け取ってから持ち込むまでがちょっと一苦労でした。

プリンタは設置してから動かすことがほとんどないので、重くてもよいと思います。

気を取り直してセットアップ。

EPSON EP-803A

インクヘッドとタンクが離れていて、チューブでつながっている構造のため、インクタンクをセットしチューブに充填します。

大体5分くらいブーンブーンとうなっていました。

 

EP-803AはWiFiで直接印刷することができるそうなので、さっそくネットワーク設定を行いしました。

プリンタのホーム→セットアップ→ネットワークの設定→無線LANの設定→シンプル設定ウィザードでAPを選択する画面になり、APを選択するとパスワードを聞かれます。

そこで、WiFiのパスワードを上下左右の矢印キーでせんたくしつつOKを押して確定していくのですが。

パスワードが複雑なあたしの環境では何度も入力ミスして戻るボタンが勝手に押されたりとかイライラ☆しちゃった。

せっかくのタッチボタンなんだから、ディスプレーそのものをタッチパネルにしたらよかったんじゃないのかなぁと思いました。

 

続いてPC側のセットアップ。

メインのMBでセットアップしました。

1.付属のCDROMを入れて、Install Naviを起動します。

Screen shot 2010-09-15 at 10.19.32 PM

 

2.Easy Install を選んでNextをクリック

Snow Leopard環境だったので、ブラウザが勝手に開いて「Mac OS 10.6はサポートしてないんじゃないの?ここから最新のドライバ落としてよ」的なページが開かれました。

それから、いろいろインストールされてる画面がでたり消えたり。

Screen shot 2010-09-15 at 10.19.44 PM

 

3.ネットワークプリンタなのでWi-Fi or Ethenetを選択してNextをクリックする。

Screen shot 2010-09-15 at 10.45.22 PM

 

4.Firewall(OS側)の警告がでたのでNextをクリック

Screen shot 2010-09-15 at 10.56.03 PM

 

5.EP-803Aのスロットのメモリーカードのデータシェア方法の設定を。

特に書き換える必要がなければRead OnlyでNextを。

Screen shot 2010-09-15 at 10.56.35 PM

 

6.インストール完了のメッセージが表示される。

Screen shot 2010-09-15 at 10.56.51 PM

 

7.OS側のプリンタ設定画面が表示されるので、Defaultタブ内に表示されるEP-803Aを選択して追加します。

Screen shot 2010-09-15 at 10.58.43 PM

 

8.プリンタが無事ついかされる

Screen shot 2010-09-15 at 10.58.59 PM

 

9.インストール完了メッセージがでたのでFinishをクリックして終わります。

Screen shot 2010-09-15 at 10.59.19 PM

 

以上で準備OKです。

昔のプリンタは必ず直結してドライバいれて…ってやっていたのを思うと、恐ろしいくらい簡単です。

今度は印刷してレポートしたいと思います。