The Social Networkを買ってみた

なんだか映画の公開直前にiTunes Storeをのぞいたら、HDで売り出していたので衝動買いしました。

Screen shot 2011-01-25 at 11.44.23 PM

もちろん、字幕などありません。

冒頭にNERDと罵られるマークの超早口は何度も聞かないと聞き取れませんでした。

ストーリーは、Facebookの話なのですが、TVでの紹介VTRひどいですねw

少し前に日本のアーリーイノベーターなのかおたくなのかよくわかんない層が、「Facebookまつり」で盛り上がっていたりしたのですが、そんなことに触れるような報道は一切見ませんでした。

原作はどうやらマークと喧嘩別れした人らしく、随所にマークの人格に否定的なところもあったりなんかして。

ストーリーはとても面白かったです。

アメリカのアイビーリーグの文化らしい場面が随所に出ていて、アメリカのドラマ好きな私にはかなりわくわくするようなところもありました。

だけど、少しやりすぎ感もあって。

まだ現役のCEOのマークの伝記にしてはかなりグレーだなぁとか。

広告

バイラルループとは

AMNさん経由で献本(実際の本ではなく、非売品の書評を書く専用の本)をいただいたので、さっそく読み終えました。

いわゆるWeb系サービスが設立されてから、あっという間に広まった理由には、マーケティング学からいうバイラルループという理由があるという内容。

詳細は読んでもらうとして…

サービスごとに短編になって特徴的な内容を抽出してまとめてあるような感じで、通勤時間の「細切れ」時間に読むのにとってもいい内容でした。

日本では、こういうバイラルループとは別に「祭り」という現象もあるので広まった後のリピーターの獲得まで含めてのマーケティングが必要なのだと思います。

「twitterってさぁー」とか「Facebookってさぁー」とか「Hotmailってさー」とかサービスをユーザー視点で語る前にその成り立ちや広まりとして読んでおくといい本だと思います。